« 駅前はゴーストタウン | トップページ | 黒幕が来た »

2010年8月16日 (月)

新型プレマシー... う~ん

東海マツダから、毎週末新車発表会のチラシが届くので、一応試乗してきた。まあ私が7人乗りのワゴンを買うことは絶対にないと思うが。

いろんな意味で、悪くない。スタイルも乗り心地も操縦性も、わずかに試乗した限りでは、この値段で買える車としては、決して悪くないと思う。しかし決定的に問題がある。これではいくらなんでも車重が重すぎる。言い換えれば、車重に見合ったエンジンを載せていない。私はこの車で、日常の渋滞した道路で通勤したいと思わない。

試乗が終わって、カタログを見てみると、車重が1.5tもあるではないか。私の愛車、旧型アテンザよりも、100kgも重いのに、排気量はわずか2000ccである。プレマシーのベースとなるアクセラよりも200kgも重いのに、同じエンジン、同じタイヤである。アクセラの軽快な走りは、車重に見合った、エンジンや足回りのバランスであろう。そのアクセラをベースにしたとしても、これではベースにしたアクセラの良さを、まったく活かせない。

この車重にこの非力なエンジンでは、通常の市街地走行では、頻繁にスロットル全開を要求されるだろう。交差点で停車中に1分ほどアイドリングを自動停止したとしても、とてもまともな燃費が得られるとは思えない。省燃費を謳うなら、とにかくもう一回り大きなエンジン載せるか、過給すべきである。

と、試乗を終えて、ディーラーの担当のお姉ちゃんに言ったら、先代プレマシーには2.3リッターモデルがあったが、全く売れなかったのだという。アクセラもモデルチェンジ後は2.3リッターはマツダスピードモデルだけ。むしろ販売の主力は1.5リッターが中心。アテンザも前回のマイナーチェンジで2.5リッターモデルを大幅整理して、2リッター中心になったようだ。

マツダに限らず、最近どうも小さなエンジンがエコだという認識が広くまかり通っていて、本当にこれで低燃費が実現するだろうかと不安になるような車が多い気がする。たいていそれは、7人乗りクラスのワンボックスである。そしてそういう車が、非力さのフラストレーションを吹き飛ばさんばかりに、スロットル全開で高速道路を爆走している姿をよく見かけるのだ。エンジンの排気量が多少大きくなったとしても、車の製造コストがそれほど跳ね上がるものでもないのだから、本当に環境問題や、安全性を考えたら、もう少し余裕のある車を作ってもいいのではないだろうか。もちろんそれは、ユーザーが要求すれば、自然にそうなるのだ。

ちなみにプレマシーのようなワンボックス(1.5ボックス)車を、ミニバンとは言わない。バンというのは商用貨物車である。荷室よりも後部座席の大きい車は、ワゴンという。もちろんプレマシーもオデッセイやエルグランドも、車検証にはワゴンと記されている。

|

« 駅前はゴーストタウン | トップページ | 黒幕が来た »

コメント

ご無沙汰してます (;^ω^A
車は好きなのに、とんとわかりません
うちのモビリオはミニバンだと思ってるけど
違うのかな・・・

投稿: ☆ジーナ☆ | 2010年8月22日 (日) 00時13分

☆ジーナ☆さん

5ナンバーのモビリオはまぎれもなくワゴンです。ミニバンではありません。車検証を確認してみてください。
日本ではバンというのは貨物車のことなので、4ナンバーか1ナンバーになります。

本来アメリカで生まれたミニバンというのは、小型トラック(5000ccくらい)のシャシーに、荷室を架装したもので、日本人的感覚で言うと、軽トラに屋根を付けて、キャンプにでも行けるようにしよう、という発想です。
当然それ以前にはフルバンというものがあって、こちらは大型トラック(8000ccくらい)のシャシーに、荷室を架装したものです。
だから、日本には、ミニバンとかフルバンとかは、存在しないんですよね。なぜか言葉だけが独り歩きしています。

投稿: 内藤敦司 | 2010年8月22日 (日) 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駅前はゴーストタウン | トップページ | 黒幕が来た »