« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月29日 (日)

新しいαとか、24時間テレビ

2010082901前回のブログで書きそびれてしまったが、ニコンやキヤノンの新製品よりずっと話題性のあるのが、ソニーの新製品、α55 とα33。もっともこの2機種は一眼レフではないので、デジタル一眼レフ(DSLR)と題した前回の日記の趣旨とは外れるのだが。

ミラーレス一眼だのマイクロ一眼だのと騒がしい、最近流行のレンズ交換式コンパクトデジタル(私はそういう呼び方しか思い浮かばない)。海外での話題はそれほどでもないようだが、とにかく日本国内での売り上げがすごいらしい。しかも、ずっと以前のブログにも書いた通り、一眼レフの中から、一番金のかかる、ミラーとファインダーと位相差 AF と、シャッター機構を省いて、なお一眼レフより高い値段で売られているのだから、メーカも笑いが止まらないだろう。もっとも、それによってオリンパスは事実上一眼レフの開発を凍結してしまったようだから、オリンパスユーザはたまったものではないが。

2010082902そしてこのソニーの新しいαは、一眼レフではないのに、極めて一眼レフに近い、まったく新しいジャンルの「ミラー付きレンズ交換式カメラ」である。ミラーは付いているのに、クイックリーターンではなく固定式のハーフミラー。しかもそこで反射した光束は、ファインダーではなく位相差 AF センサーにのみ振り分けられる。つまり、従来のミラーレス機の最大の弱点であった、コントラスト AF による、行ったり来たりの激遅 AF ではなく、一眼レフと同等の、高速位相差 AF を可能にしているのである。だからレンズも当然一眼レフと同じαマウント。ただし、ミラーやシャッターの動作がないので(読み出し用の遮光板としてのシャッターはあるだろう)、構造上は一眼レフよりも高速動作が可能であるということだ。

実際に触れてみた感じとしては、極めて一眼レフライクな操作性とレスポンスである。そして EVF も実に見やすい。ほぼ一眼レフとして使えるだろう。ただし、最大の欠点は、片目を閉じて EVF を覗いて撮影していると、実際の被写体の明るさが、まったく掴めないということだ。常に最適露出に調整された、「撮影後」画像を見ているのだから当然であるが、暗いところ、明るいところの雰囲気を、ファインダーから感じ取ることができないのである。かといって、背面液晶を見ながらの撮影では、巨大なコンパクトカメラと化してしまい、使いにくいことこの上ない。そのあたりを、今後カメラとしてどうまとめあげていくかがメーカの課題だろう。

2010082903ソニーストア名古屋から出ると、今日は24時間テレビの真っ最中。大津通は封鎖され、セントラルパーク一帯は、炎天下にもかかわらず、気絶しそうなにぎわいである。これでは全く身動きが取れないので、栄中心街を早々に退散し、ゆっくり名古屋駅まで歩いて帰った。

2010082904ちょうどいい具合に日が暮れてきて、暑さにもかかわらず、空の色に秋を感じる季節となった。

| | コメント (2)

2010年8月26日 (木)

DSLR が、また面白くなってきそうな気配

先週の Nikon D3100 の発表に続いて、今日は Canon EOS 60D が発表された。どちらも私の購入対象ではないが、久しぶりにデジタル一眼レフの市場が面白くなりそうだと、予感させる新機種である。

D3100 は D3000 とほぼ同じボディに、最新の 1400万画素 CMOS センサーと、画像処理システム EXPEED2 を搭載してきた。どちらもニコンのデジタル一眼レフとしては、最新のデバイスである。つまり、今後発表される新機種は、すべてこれと同等か、これ以上のデバイスを、さらにチューニングさせて搭載されるということだ。なぜなら、D3100 はニコンのローエンド機。従来のニコンのローエンド機は、1世代前のセンサーと画像処理回路を十分熟成させて(開発コストをペイさせて、とも言える)、枯れた技術として搭載してきた。しかし、今回はローエンドが最新デバイスである。上級機が、これより枯れたデバイスを載せてくるはずがない。

噂によると、D90 の後継機は、D3100 と同じ1400万画素の CMOS ではなく、新開発の1600万画素の CMOS を載せてくるという。もちろん D3100 に搭載された、フルHD動画は、当然対応するだろう。となれば D300s の後継機は、その D90 後継機のセンサーや画像処理回路に加えて、さらに高速な AF や、強力な防塵防滴ボディを採用するに違いない。D90 後継機にしても、D300s 後継機にしても、発売は早くて年末だろうから、私が買うかどうか悩む時間は十分にあるというわけだ。

そして、ニコン以上に驚いたのは、本日発表された EOS 60D。型番から言えば、明らかにEOS 50D の後継機なのだが、今回掟破りの「微妙なスペックダウン」をしているということだ。たとえば、キャノンが常にクラストップを走ってきた「連写速度」。これが EOS 50D から大幅ダウンの毎秒5.3コマ。そして寸法が変わらないのに、ボディ重量が100g近く軽くなっているのは、外装素材に大幅にエンジニアリングプラスチックを採用したり、防塵防滴性能を落としたりしているのだろう。そしてなんといっても、発売想定価格が12万円と、従来のこのクラスから大幅に値下げされている。

価格については、上級機の EOS 7D の実売価格が12万円程度にまで落ちてしまっているので、それを上回ることはできないという、内部事情があるにしろ、今回の EOS 60D は、どう考えても、Nikon D90 後継機を、明確なターゲットにしているということだ。これまでニコンとキヤノンは、すべてのクラスのカメラで、微妙に価格と性能を、競合させないようにしてきた。しかし Nikon D80 と、Nikon D90 の大ヒットは、明らかに上級スペックの EOD 40D や 50D が、実売価格を同じレベルにまで下げても、販売数で勝てなかったという事実がある。つまりマグネシウム外装のボディや、超高速連写は、このクラスのカメラでは売り物にならない、と判断したのだろう。ならば、売り出し価格を同等レベルにまで下げ、圧倒的な高画素(なんといってもキヤノンには無敵の1800万画素センサーがある)で勝負すべき、と判断したに違いない。

さて、そうなると、未だ発表されていない Nikon D90 後継機の、売り出し価格がいったいいくらになるのか、画素数でキヤノンを上回ることはまずないだろうから、それ以外のスペックで EOS 60D に対抗する、なにか秘密兵器があるのか。そして当然それらをすべて搭載した Nikon D300s 後継機は、いったいどんなカメラになるのか。これから1年ほどは、デジタル一眼レフの新製品から目が離せない。

| | コメント (4)

2010年8月21日 (土)

黒幕が来た

2010082101野良ネコ界の黒幕こと、マイミクのじんざ氏が、はるばる我が家にやってきた。やってきたというより、甲子園の帰りに立ち寄ったらしい。神奈川県から甲子園まで行って、昨夜は mixi 仲間のとらにゃんさんのところで、とらおをもふって、今日は我が家。明日はどこへ行くのやら。全行程自転車ではないはずだが、1日300km走破することもあるらしいので、日本全国ネコのいる所なら、どこにでも自転車で出現する。

2010082102部屋に入ってくるなり、いきなりネコ目線。ネコ好きさん大好きなちろは、すぐさまネコ好き特有のまたたび光線を察知して、自分からすり寄っていき、さっそく可愛がられて、大満足。

2010082103お客さんに可愛がられるのが面倒でたまらないロドリゲスは、いつものように最初はめんどくさそうに逃げ回っていたのだが、みんなでお茶を飲み、お菓子を食べ、ネコたちはミルクをもらって満足すると、いきなり態度を変えて、好きなだけ可愛がれと言わんばかり。この変貌ぶりには、さすがの黒幕も驚きを隠せない様子。

ネコ成分を全身で吸収して、旅の疲れを癒した黒幕は、再び自転車にまたがって、颯爽と帰って行った。

| | コメント (8)

2010年8月16日 (月)

新型プレマシー... う~ん

東海マツダから、毎週末新車発表会のチラシが届くので、一応試乗してきた。まあ私が7人乗りのワゴンを買うことは絶対にないと思うが。

いろんな意味で、悪くない。スタイルも乗り心地も操縦性も、わずかに試乗した限りでは、この値段で買える車としては、決して悪くないと思う。しかし決定的に問題がある。これではいくらなんでも車重が重すぎる。言い換えれば、車重に見合ったエンジンを載せていない。私はこの車で、日常の渋滞した道路で通勤したいと思わない。

試乗が終わって、カタログを見てみると、車重が1.5tもあるではないか。私の愛車、旧型アテンザよりも、100kgも重いのに、排気量はわずか2000ccである。プレマシーのベースとなるアクセラよりも200kgも重いのに、同じエンジン、同じタイヤである。アクセラの軽快な走りは、車重に見合った、エンジンや足回りのバランスであろう。そのアクセラをベースにしたとしても、これではベースにしたアクセラの良さを、まったく活かせない。

この車重にこの非力なエンジンでは、通常の市街地走行では、頻繁にスロットル全開を要求されるだろう。交差点で停車中に1分ほどアイドリングを自動停止したとしても、とてもまともな燃費が得られるとは思えない。省燃費を謳うなら、とにかくもう一回り大きなエンジン載せるか、過給すべきである。

と、試乗を終えて、ディーラーの担当のお姉ちゃんに言ったら、先代プレマシーには2.3リッターモデルがあったが、全く売れなかったのだという。アクセラもモデルチェンジ後は2.3リッターはマツダスピードモデルだけ。むしろ販売の主力は1.5リッターが中心。アテンザも前回のマイナーチェンジで2.5リッターモデルを大幅整理して、2リッター中心になったようだ。

マツダに限らず、最近どうも小さなエンジンがエコだという認識が広くまかり通っていて、本当にこれで低燃費が実現するだろうかと不安になるような車が多い気がする。たいていそれは、7人乗りクラスのワンボックスである。そしてそういう車が、非力さのフラストレーションを吹き飛ばさんばかりに、スロットル全開で高速道路を爆走している姿をよく見かけるのだ。エンジンの排気量が多少大きくなったとしても、車の製造コストがそれほど跳ね上がるものでもないのだから、本当に環境問題や、安全性を考えたら、もう少し余裕のある車を作ってもいいのではないだろうか。もちろんそれは、ユーザーが要求すれば、自然にそうなるのだ。

ちなみにプレマシーのようなワンボックス(1.5ボックス)車を、ミニバンとは言わない。バンというのは商用貨物車である。荷室よりも後部座席の大きい車は、ワゴンという。もちろんプレマシーもオデッセイやエルグランドも、車検証にはワゴンと記されている。

| | コメント (2)

2010年8月14日 (土)

駅前はゴーストタウン

2010081401お盆の真ん中で、お墓は大盛況なのに、駅前はまるでゴーストタウン。なぜみんな同じ日に同じ行動をするのだろう。高速道路大渋滞や新幹線乗車率200%が大好きな人が、日本中にいるに違いない。

2010081402公園も普段の週末と違って閑散としている。そのせいか、滅多に見られないユーラシアリスが、外に出ていた。滅多に見られないうえに、動きが速いので、今まで写真に撮ったことは一度もなかったのだが、今日はのんびりと水を飲んでいる姿を写すことができた。手のひらに乗るくらいの大きさである。

2010081403鹿はおやつをくれる客が少ないので、あまり動く気もないらしい。ここまでダラケている姿を初めて見た。

| | コメント (0)

2010年8月10日 (火)

台風前のお墓ネコ

2010081001久しぶりにお墓ネコの様子を見に行ってきた。連日の暑さで倒れていないだろうか。まずは、私のそばに寄ってきて、くつろぎ始めたクッキー柄ネコ。毛並みはきれいで顔も汚れていないし、まったく元気そうだ。全身をもふもふしてやると、喜んで仰向けになり、お腹や喉のあたりまで、触りたい放題。

2010081002続いて舌出しネコ。この子も今日は鼻水も目ヤニも出ておらず、くしゃみもしない。ベンチで寝ていたのに、私を見つけるとすり寄ってきて、全く離れないので、なかなか写真が撮れないのだ。喉をゴロゴロ鳴らし、小さな声で鳴きながら、喜んでいる様子。

2010081003そして美人ネコ。前の2匹に比べると、相変わらずやや警戒心が強いので、いきなりすり寄ってきたりはしないのだが、こちらから撫でてやると、あっちもこっちもとせがむ。目の周りが少し汚れているが、乾いた目ヤニなので、気にすることはないだろう。

やはり野良ネコは寒さよりは暑さに強いようだ。ただし、この季節は食べ物が長持ちしないので、お腹をすかせていたかもしれない。

2010081004今にも大雨になりそうな雲行きなので、3匹とも頭をぐりぐり撫でてやって、急いで帰ってきたが、ここは雨宿りできる場所はいくらでもあるので、台風は心配ないだろう。

| | コメント (0)

2010年8月 3日 (火)

ウォークマンを持って旅に出る

2010080301先月買ったウォークマン SONY NW-S745。コツコツとリッピングしたデータをコピーし、CD 30枚分を超えたので(96kbps の wmv で、ようやく1GB)、これを持って旅に出た。もっとも車での移動なので、ウォークマンで音楽を聴くのは、ホテルに着いてからということになってしまうが。

何時間聴き続けても、ストックが切れないほどの曲数を手元に、小さなネットブック PC を使って、撮影したばかりの写真を加工してブログをアップする。自宅にいてやるべきことが、バッグ一つの中に入っている荷物だけで、同じようにホテルのシングルルームで可能になった。それはそれで便利だが、あえて旅の不便さを味わいながら、訪れた先の空気を感じ取りたい人には向かない。

ところで、ただ CD をリッピングしただけでは、平均音量がバラバラになってしまう。ノーマライズしても、ピーク値が揃うだけで、平均音量はほとんど変わらない。カセット時代のように、ピーク値を気にしつつ VU メータを見ながらレベルを揃えて録音していたころに比べると、こればかりは非常に不快である。というわけで、今回はリッピングしたデータから、ピークレベルを検出して、ダイナミックレンジ圧縮をかけ、すべての CD の平均音量が、-12dB から -14dB あたりに収まるようにリマスタリングした。

それをそのまま mp3 や wma に圧縮してしまうのはもったいないので、リマスタ盤の CD を作り直しているのだ。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »