« 黒幕が来た | トップページ | 新しいαとか、24時間テレビ »

2010年8月26日 (木)

DSLR が、また面白くなってきそうな気配

先週の Nikon D3100 の発表に続いて、今日は Canon EOS 60D が発表された。どちらも私の購入対象ではないが、久しぶりにデジタル一眼レフの市場が面白くなりそうだと、予感させる新機種である。

D3100 は D3000 とほぼ同じボディに、最新の 1400万画素 CMOS センサーと、画像処理システム EXPEED2 を搭載してきた。どちらもニコンのデジタル一眼レフとしては、最新のデバイスである。つまり、今後発表される新機種は、すべてこれと同等か、これ以上のデバイスを、さらにチューニングさせて搭載されるということだ。なぜなら、D3100 はニコンのローエンド機。従来のニコンのローエンド機は、1世代前のセンサーと画像処理回路を十分熟成させて(開発コストをペイさせて、とも言える)、枯れた技術として搭載してきた。しかし、今回はローエンドが最新デバイスである。上級機が、これより枯れたデバイスを載せてくるはずがない。

噂によると、D90 の後継機は、D3100 と同じ1400万画素の CMOS ではなく、新開発の1600万画素の CMOS を載せてくるという。もちろん D3100 に搭載された、フルHD動画は、当然対応するだろう。となれば D300s の後継機は、その D90 後継機のセンサーや画像処理回路に加えて、さらに高速な AF や、強力な防塵防滴ボディを採用するに違いない。D90 後継機にしても、D300s 後継機にしても、発売は早くて年末だろうから、私が買うかどうか悩む時間は十分にあるというわけだ。

そして、ニコン以上に驚いたのは、本日発表された EOS 60D。型番から言えば、明らかにEOS 50D の後継機なのだが、今回掟破りの「微妙なスペックダウン」をしているということだ。たとえば、キャノンが常にクラストップを走ってきた「連写速度」。これが EOS 50D から大幅ダウンの毎秒5.3コマ。そして寸法が変わらないのに、ボディ重量が100g近く軽くなっているのは、外装素材に大幅にエンジニアリングプラスチックを採用したり、防塵防滴性能を落としたりしているのだろう。そしてなんといっても、発売想定価格が12万円と、従来のこのクラスから大幅に値下げされている。

価格については、上級機の EOS 7D の実売価格が12万円程度にまで落ちてしまっているので、それを上回ることはできないという、内部事情があるにしろ、今回の EOS 60D は、どう考えても、Nikon D90 後継機を、明確なターゲットにしているということだ。これまでニコンとキヤノンは、すべてのクラスのカメラで、微妙に価格と性能を、競合させないようにしてきた。しかし Nikon D80 と、Nikon D90 の大ヒットは、明らかに上級スペックの EOD 40D や 50D が、実売価格を同じレベルにまで下げても、販売数で勝てなかったという事実がある。つまりマグネシウム外装のボディや、超高速連写は、このクラスのカメラでは売り物にならない、と判断したのだろう。ならば、売り出し価格を同等レベルにまで下げ、圧倒的な高画素(なんといってもキヤノンには無敵の1800万画素センサーがある)で勝負すべき、と判断したに違いない。

さて、そうなると、未だ発表されていない Nikon D90 後継機の、売り出し価格がいったいいくらになるのか、画素数でキヤノンを上回ることはまずないだろうから、それ以外のスペックで EOS 60D に対抗する、なにか秘密兵器があるのか。そして当然それらをすべて搭載した Nikon D300s 後継機は、いったいどんなカメラになるのか。これから1年ほどは、デジタル一眼レフの新製品から目が離せない。

|

« 黒幕が来た | トップページ | 新しいαとか、24時間テレビ »

コメント

うわ!
またまたコメントに困る日記ですね
カメラは大好きなのに、内藤さんの
日記を読むと、あまりに無知な私がいて
悲しくなってしまいます
しかし、知らないと言うことは
これから知ることができるということでもあり
内藤先生、いろいろ教えてくださいね

投稿: ☆ジーナ☆ | 2010年8月27日 (金) 09時28分

☆ジーナ☆ さん

今回発表された Canon EOS 60D には、Nikon D5000 と同様の、バリアングル液晶モニタが搭載されています。今後はこれがデジタル一眼レフのキーデバイスになるのでしょうね。
ここ数年、デジタル一眼レフが熟成期に入っていて、あまり大きな変化がなかったのですが、またしばらく面白い新技術が投入されるでしょう。

投稿: 内藤敦司 | 2010年8月27日 (金) 12時28分

こんにちは
カメラも手軽派から本格派まで
メーカーも、消費者のニーズに
いかに応えるかで売り上げがずいぶん
違って来るわけだから必死ですよね
それだけ買う側もちゃんと勉強して
おかないとな、って思います
(買いっぱなしの私は痛く反省・・・)

投稿: ゆりあ | 2010年8月31日 (火) 08時42分

ゆりあさん

もうカメラは日本中に溢れてしまっているので、メーカは古いカメラを陳腐化させて、新しいカメラを買ってもらう方法を試行錯誤しているのでしょうね。
もちろんそれに乗せられて、撮れる写真に違いはないのに、新しいカメラを買いたくなってしまう消費者がワンサカいるわけですが。

もうここまで来ると、基本的にはどれを買っても同じなので、てんこ盛りのスペックの中から、自分を満足させる何か一つを見つける目が必要なんだと思います。

投稿: 内藤敦司 | 2010年9月 1日 (水) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒幕が来た | トップページ | 新しいαとか、24時間テレビ »