« 初夏のお墓ネコ | トップページ | 弘法も筆を選ぶというが »

2010年5月15日 (土)

観覧車からの眺めを想像する

2010051501とにかく写真を撮らなければ、と思わせる晴天だったので(それでも例年の同じ時期に比べると、ずいぶん寒いが)、カメラを持って車に乗った。

伊勢湾岸自動車道の側道が整備されて、刈谷ハイウェイオアシスまで一直線の道路になったので、久しぶりに観覧車のある風景を撮りに行くことにした。

2010051502私のように重度の高所恐怖症となると、高いところから見下ろすだけでなく、低いところから高いものを見上げるのも辛くなるのだ。とくにやや高いところから、さらに高い建造物を見上げると、そのまま後ずさって、足を踏み外してしまいそうな気分になる。この写真のフェンスの部分は、地上2階程度の展望台なのだが、そこから観覧車を見上げると、完全に腰が抜けてしまう。

2010051503その展望台から、なるべく上を見ないように撮った写真がこれ。観覧車に一人で乗るなど言語道断と言えるが、そもそもこのハイウェイオアシスは、広大な農地の中にできたものなので、観覧車から眺めても、見えるのは田んぼだけのはず。

|

« 初夏のお墓ネコ | トップページ | 弘法も筆を選ぶというが »

コメント

ほんとに抜けるような青空ですねempty
内藤さんは高所恐怖症なんですか
私は逆かな
観覧車はやっぱり恋人と乗るのがいいですね~lovely
内藤さんは怖いから無理か・・・smile

投稿: ゆりあ | 2010年5月15日 (土) 22時31分

ゆりあ さん

観覧車は二人で乗れば大丈夫です。
それから、カメラを持っていればなお安心。写真を撮ろうという意図があると、高所恐怖症はなりをひそめるんですよ。

屋根に登って撮影してて、撮り終わったらなかなか降りられなくなった経験はありますが。

投稿: 内藤敦司 | 2010年5月15日 (土) 23時14分

さすが、内藤さんならではの切り口
大変勉強になります
ここ、一度だけ行ったことがありますが
残念ながら観覧車には乗れませんでした
今度行ったらぜひ乗ってみたいです( ̄ー+ ̄)

投稿: ☆ジーナ☆ | 2010年5月16日 (日) 11時47分

☆ジーナ☆さん

ぜひ一緒に乗りましょう。
手を握っててくれたら、多分大丈夫です。
あ、でもゴンドラが真ん中より上に来たら、絶対に動かないこと。
揺れたりしたら、うんこ漏らします。

丸いものは、どの角度から撮っても楕円にしかならないので、構図はすごく難しいですよね。

投稿: 内藤敦司 | 2010年5月17日 (月) 01時01分

富山 のミラージュランドという遊園地には、日本海側で一番大きい観覧車があります。
海のすぐそばなので、天気のいい日は、絶景です。
風の強い時は、はっきりいってびびります。

投稿: ぽてと | 2010年5月20日 (木) 07時36分

ぽてとさん

観覧車って、田んぼの真ん中とか、海が見える所よりも、都会の中に建っていた方がいいと思いませんか?
名古屋には、数年前にビルの壁面に建てられた観覧車(上半分がビルより高い)があるので、いつかそれに乗ってみたいと思います。
そしてそのすぐ近く、名古屋三越の屋上には、日本最古の観覧車が保存されているんですよ。もう乗れないけど。

投稿: 内藤敦司 | 2010年5月20日 (木) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初夏のお墓ネコ | トップページ | 弘法も筆を選ぶというが »