« 連休ネコなど | トップページ | 観覧車からの眺めを想像する »

2010年5月12日 (水)

初夏のお墓ネコ

2010051201ずいぶん陽が長くなったから、まだ明るさの残っている仕事帰りに、墓地に寄ってネコたちの様子を見てきた。3日連続で雨が降ったせいもあるが、とにかく肌寒い。あと1か月ちょっとで夏至だなんて信じられない。案の定風邪をひいていて、いつもは高貴な美人なのに、今日は目鼻が汚れている。

2010051202この子の舌は、以前ひどい病気になって以来、引っ込まなくなってしまった。一時は全く動けないくらい衰弱していたのだが、今はそんな心配はないようだ。しかしこっちも今日は顔がボロボロ。やはりくしゃみばかりしている。

2010051203しかし2匹はとても仲がいい。というか、世代交代の激しい野良の世界で、かなり長生きしているので、こうして寄り添うようになったのだろう。白い方が多分1年くらいお姉さんだ(両方とも女の子)。仲がいいうえに、2匹とも人懐っこいから、近所の人が世話をしに来た時も、おそらく最初においしいものをもらっているのだろう。この後、私はこの子たちに取り囲まれて、しばらくスリスリ攻撃を受けた。

2010051204私が帰ろうとすると、この子は追いかけてくる。でも必ずここで立ち止まって見送ってくれる。連れて帰りたい衝動に駆られるが、この墓地がこの子たちの世界なのだ。早く暖かくなってくれるといいね。

|

« 連休ネコなど | トップページ | 観覧車からの眺めを想像する »

コメント

猫の可愛さもさることながら
内藤さんの温かさが伝わってくる日記ですね
連れて帰りたい衝動、犬派の私もわかります
最近は内藤さんの影響で、猫が欲しい~!

投稿: ☆ジーナ☆ | 2010年5月13日 (木) 08時54分

☆ジーナ☆ さん

ここにいる子たちは、きっとペットのお墓参りに来た人たちに可愛がられて、ペットのお墓を守ってくれているのでしょう。
生活環境は苛酷だけれども、人間との微妙な距離が、この子たちの生きる糧になっているんだと思います。
☆ジーナ☆の家も、子ネコの頃から飼えば、エリーがいいお母さんになってくれるかもしれませんね。

投稿: 内藤敦司 | 2010年5月13日 (木) 12時12分

そうなんです!!ジーナさんが言われるように
私も犬派、ところが不思議なことに最近猫にも目がいくのです、
内藤さんの猫にかける愛情が伝わってきてるのですね
公園に行くと捨て猫の多いこと、でもみーんなふくよかなんですよね
そしてエサを上げに来ている人たちが名前までつけて、呼ぶと集まってきています
でも、連れてかえる・・まではチョット

投稿: アンポンタンのママ | 2010年5月13日 (木) 17時14分

アンポンタンのママ さん

名古屋の名城公園に行くと、ホームレスのおっちゃんたちが野良ネコの世話をしていて、もちろん名前も付いているし、健康状態まで把握しているので、びっくりします。
ホームレスも野良ネコも、人間社会から追い出されて生きていながら、人間社会の余剰生産がないと生きていけないという、ジレンマを抱えているのですね。

投稿: 内藤敦司 | 2010年5月13日 (木) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連休ネコなど | トップページ | 観覧車からの眺めを想像する »