« 正月のお墓ネコ | トップページ | ルータを交換した »

2010年1月12日 (火)

久しぶりに母ネコの写真

2010011201いつもは私が窓際に近づくだけで、部屋の奥に隠れてしまう母ネコ。野良だった頃、夜中にお腹をすかせて、私が通りかかると、鳴いて訴えてきたことも一度や二度ではないが、それでも私が家からキャットフードを持ってきてやると、少し離れないと警戒して食べなかったのだ。

もうおばさんの家の子になって1年以上になるのに、やはり性格は変わらないようで、おばさんの家で生まれた子供たちと違って、ガラス越しでも人間が近づくのが嫌らしい。

今日は珍しく私が近づいても逃げなかったので、久しぶりに写真を撮ることができた。しかしこういうときに限って、携帯電話しか持っていなかったりするのだ。

|

« 正月のお墓ネコ | トップページ | ルータを交換した »

コメント

catあけましておめでとうございます
先ずありきたりのご挨拶m(_ _)m
おばさんの家の猫。チョッとは気を許し始めたのでしょうか?
朗読の仲間で、家族中が捨てられた子猫を見つけると連れてかえって来るそうで、今では七匹だそうです。
猫ちゃん大好きな人、優しいんですね、
網戸越しの写真に写っている顔も、姿も、安心しきっているように見えます。

投稿: アンポンタンのママ | 2010年1月12日 (火) 19時12分

「ネコを1匹飼うと、際限なく増え続ける」の法則ですね。
1匹だけだと寂しそう。2匹だと喧嘩する。3匹目が来るころには、最初の1匹が年をとってきて元気がないから、もっと子ネコたちと遊ばせたい... という具合に。
イヌと違って、飼い主にお構いなしに、ネコ同士で遊んでいるので、増えても世話はそれほど大変じゃないんだろうと思います。

投稿: 内藤敦司 | 2010年1月13日 (水) 13時51分

穏かでいい顔してますね~
安住の地を見つけてよかったですね
なんにも分かっていないような顔をして
実は人間のすることがみんなわかっているのかも
って思いますね

投稿: ゆりあ | 2010年1月13日 (水) 23時30分

ゆりあさん

まるで、自分がおばさんの家の飼い猫になったことよりも、自分の子供たちが、野良猫にならずに済むことに安心しているようです。
人間の母親以上に、母親を感じますね。

投稿: 内藤敦司 | 2010年1月13日 (水) 23時42分

いい表情してますね
安住の地で安心してるのと
やはり、母の顔、かな
母性は人間より勝ってるかもしれませんね

投稿: ☆ジーナ☆ | 2010年1月20日 (水) 01時52分

☆ジーナ☆さん

この母ネコは、野良の時には1匹しか子供が育たず、その子も1年と経たずに、交通事故で亡くなってしまいました。
そしておばさんの家のネコになって、3匹の子供が産まれ、さらにその後3匹を生んで、その子たちはみんなあっという間に貰い手が見つかったそうです。
そういうことはきっと全部理解しているのでしょうね。

投稿: 内藤敦司 | 2010年1月20日 (水) 02時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正月のお墓ネコ | トップページ | ルータを交換した »