« 年末の不運 | トップページ | 母ネコの子供たち »

2009年12月31日 (木)

今年の写真機材投資

毎年年末に同じことを書いているが、多少はこうして振り返らないと、無駄遣いに歯止めがかからないので。

まずは D300 用のバッテリーグリップ MB-D10。D300 は D200 ほどバッテリーの消耗が激しくないので、バッテリー容量増大という意味では、D200 用の MB-D200 ほどの効果はないのだが、なんと言っても D300 は、このバッテリーグリップを装着することにより、カメラそのもののレスポンスが大幅に向上する。どう考えても、カメラとグリップを両方買わせるニコンの販売戦略だとしか思えないが、最初から D300 の値段を、バッテリーグリップ込みで納得して買えば、問題ないだろう。

そして次に AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR。焦点距離域がほとんど重なる 16-85mm があるのだから、これは無駄かというと、全くそんなことはなく、16-85mm と並んで非常に稼働率が高いのだ。D300 には 16-85mm、D200 には 18-105mm を常時装着しておいて臨戦状態にあるので、例えばどちらかのカメラを手にとって、バッテリーが消耗していたとしても、すぐにもう一方で代用ができるというわけである。そういう意味では、標準ズームというのは、カメラの数だけ持っていてもいいのかもしれない。

最後にコンパクトカメラの COOLPIX S620。これが一番面白い買い物だった。それまで使っていた、COOLPIX P50 と COOLPIX 5600 をリプレイスするのが目的だったのだが、実際に使ってみると、それら2台の数倍の働きをしてくれる。やはりこのテのものは、「よいものを長く使う」などいという発想ではダメなのだ。カメラのレスポンス、ズーム域、画質、どれをとっても古い2台とは、明らかに次元の違う性能である。そして、当初危惧していた専用リチウムイオン電池であるが、これこそが最大の驚きだった。今までのカメラとは、ケタ違いの省電力なのだ。私はいつもの心配性のおかげで、予備電池を2本買ってしまったが、電池1本だけでも、電池の寿命より先に、カメラの寿命が来そうな気配である。

カメラ本体やアクセサリは上記3点だけだが、これに加え一番費用対効果の高かったものは、やはりパソコンだろう。

ネットブック Lenovo ideaPad S9e のおかげで、宿泊を伴う外出時は、ホテルでその日のうちに写真の選別(RAW 現像までは積極的にやらないが、構図、露出、ピントの確認は可能)、リサイズして友人にメールで送ったり、写真入りでこのブログを書いたりできるようになった。

それから偶然の事故とはいえ、メインのパソコンを Pentium 4 から Pentium Dual Core ベースに変えたこと。これで RAW 現像の処理速度が2倍以上に向上し、大量に写真を撮った後の、精神的負担が随分軽減された。

2009123101というわけで、一番新しいカメラ、COOLPIX S620 で撮った、大晦日の風景を。

この地方では毎年大晦日は穏やかな天気の日が多いのだが、今日は朝から台風のような強風で、散歩写真もままならない。一見穏やかそうに見える公園の写真だが、カメラを構えるのも辛いほど風が吹いているのである。

2009123102早々に退散し、家に戻る途中、近所の神社で。いよいよ初詣の準備である。今年は歳が明けてすぐに、奥さんと夜中に初詣に来たのだが、あまりにも人出が多く、並ぶだけで1時間も待たされたので、明日は朝遅くに出かける予定である。

|

« 年末の不運 | トップページ | 母ネコの子供たち »

コメント

すみません、難しいことが分からないので

写真は、大晦日の風景ですか

やっぱりそちらはお天気がいいのですね

こちらは午後から雪に変わり、20cm以上の積雪です

カメラのこと、もっと勉強して、こういウ内藤さんの

文章を理解できるようになりたいです

投稿: ☆ジーナ☆ | 2010年1月 1日 (金) 00時54分

☆ジーナ☆さん

愛知県内でも、あちこちで雪が降っているようです。

カメラをデジタルにすると、写真の出来は半分くらいパソコンと、画像処理ソフトに依存してしまいます。
フィルム時代は、「現像」という化学反応で、写真の出来が大きく変化しましたが、これは一般の人には、なかなか手が出せないものでした。
パソコンなら誰でも扱うことが出来ますから、今の時代こそ、写真を楽しむチャンスだと思ういますよ。

投稿: 内藤敦司 | 2010年1月 1日 (金) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年末の不運 | トップページ | 母ネコの子供たち »