« 宇宙戦艦ヤマト復活しない方がよかった編 | トップページ | 年末の不運 »

2009年12月20日 (日)

連れて帰れないけど

2009122001果たして我が家のネコたちは幸せなのかと、そういう疑問はイヌやネコの飼い主なら誰でも自問自答したことがあるだろう。もちろん彼らは言葉を発しないし、他のイヌやネコたちと比較しようがないので、答えが出るはずもないのだが。

ただ、こうしてホームセンターのペットコーナーで、商品として買い手が付く(あるいは付かなければやがて処分される)ことを待っているだけの、動物たちは不憫でならない。この子たちの運命は、この子たちがいかに努力しようとも、変わることがないのだ。まだ厳しい環境を生き抜いている野良たちの方が幸せなのかもしれない。

|

« 宇宙戦艦ヤマト復活しない方がよかった編 | トップページ | 年末の不運 »

コメント

同じ思いです。
大好きな犬猫ですが
最近はペットコーナーも
避けて通るようになりました。

投稿: 夢女 | 2009年12月21日 (月) 16時13分

ペットショップで買い手を待っている犬猫
この子達も哀れですが、
保健所に保護された子達、人間の勝手で捨てられて
里親が見つからなければ、処分される
人間不信に陥っているそうなのですよね
私の年齢になると引き取ることも出来ない
ペットショップではいろいろなコスチュウムが売られ着飾ったペットたちを見ると
考えさせられます
何かおかしいんじゃーないの

投稿: アンポンタンのママ | 2009年12月21日 (月) 18時30分

夢女さん、はじめまして。もしかして、あちらでよくお見かけする夢女さんですか?

本当に、イヌやネコを、ペット用品と同じ商品として売るのはやめて欲しいですね。
赤ちゃん用品のコーナで赤ちゃんを売るようなものだと思うのですが。せめてこんなところでペットを買わないようにしたいものです。

投稿: 内藤敦司 | 2009年12月21日 (月) 20時51分

アンポンタンのママさん

犬猫は日本全国で毎日1000匹ほど殺処分されているそうです。
ペットショップの動物たちは、買い手が付くか、そのまま大人になってしまって処分されるか、二つに一つの運命。ショウケースの中の子ネコは、そんなことを理解しておらず、こうして客に笑顔を振りまいてくれています。
流行の品種を大量に繁殖させるなどという愚行は、絶対にして欲しくないですね。そのためには、まず高い金を払って買う客がいなくなることだと思います。

投稿: 内藤敦司 | 2009年12月21日 (月) 20時56分

はい、そうです。
あちらから、時々こちらにも
お邪魔させていただいています。
どうぞよろしく^^。

投稿: 夢女 | 2009年12月22日 (火) 09時02分

夢女さん

ありがとうございます。
あちらは仮の住まい。こちらは私自身のホームページ内のコンテンツで、名前も写真も公開していますので、こちらを覗いていただけると、とてもうれしいです。
これからもよろしくお願いします。

投稿: 内藤敦司 | 2009年12月22日 (火) 12時06分

赤ちゃん用品のところで赤ちゃんを売るようなもの
いい例えですね
命を、物、それも商品としてしか見ていない
そんな人間がいることを悲しく思います
また安さと手軽さで、買う人間も後をたたないんですよね
困ったものですね
犠牲になるのはいつも動物・・・

投稿: ☆ジーナ☆ | 2009年12月23日 (水) 23時10分

☆ジーナ☆さん

牛や豚は食べるために飼育されている。でもペットショップの子たちは、売れなければ店の不良在庫として計上されるだけのために生まれてきたことになるんです。
いくらなんでも理不尽すぎますよ。生まれてくる運命だけは、人間もイヌやネコも、自分で選べないんですから。

投稿: 内藤敦司 | 2009年12月24日 (木) 01時38分

今は野良となって必死で生きている
「みーちゃん」が幸せに思えました
ありがとうございました

投稿: ゆうゆう | 2009年12月28日 (月) 01時11分

ゆうゆうさん

みーちゃん、まだ帰ってこないのですね。
ふっといなくなった飼い猫が、何年もたって戻ってきたという話もよく聞きます。
野良になるのも、新しい家に招き入れてもらうのも、元の家に帰ってくるのも、全部そのネコの選択ですから。

投稿: 内藤敦司 | 2009年12月28日 (月) 01時36分

売れ残って、大きくなっちゃったら処分されるって
ほんとに、なんて恐ろしいことが出来るんでしょう・・・
切ないですね・・・

投稿: ゆりあ | 2010年1月 1日 (金) 08時08分

ゆりあさん

お久しぶりです。
ペットショップのイヌやネコって、赤ちゃんの頃は結構な値段が付いているのに、成長するに従って、だんだん安くなっていき、最後は何の値打ちもないものにされてしまいます。
いったいその子たちは、何のために生まれてきたんだろうって。しかも生まれてくることさえ、人間の意志で決められたこと。

クローン技術が神の領域を侵すことだ、なんていってる人がいますが、そんなことを言う前に、こうやって命を玩ぶことを禁ずるべきだと思います。

投稿: 内藤敦司 | 2010年1月 1日 (金) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇宙戦艦ヤマト復活しない方がよかった編 | トップページ | 年末の不運 »