« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

今年の写真機材投資

毎年年末に同じことを書いているが、多少はこうして振り返らないと、無駄遣いに歯止めがかからないので。

まずは D300 用のバッテリーグリップ MB-D10。D300 は D200 ほどバッテリーの消耗が激しくないので、バッテリー容量増大という意味では、D200 用の MB-D200 ほどの効果はないのだが、なんと言っても D300 は、このバッテリーグリップを装着することにより、カメラそのもののレスポンスが大幅に向上する。どう考えても、カメラとグリップを両方買わせるニコンの販売戦略だとしか思えないが、最初から D300 の値段を、バッテリーグリップ込みで納得して買えば、問題ないだろう。

そして次に AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR。焦点距離域がほとんど重なる 16-85mm があるのだから、これは無駄かというと、全くそんなことはなく、16-85mm と並んで非常に稼働率が高いのだ。D300 には 16-85mm、D200 には 18-105mm を常時装着しておいて臨戦状態にあるので、例えばどちらかのカメラを手にとって、バッテリーが消耗していたとしても、すぐにもう一方で代用ができるというわけである。そういう意味では、標準ズームというのは、カメラの数だけ持っていてもいいのかもしれない。

最後にコンパクトカメラの COOLPIX S620。これが一番面白い買い物だった。それまで使っていた、COOLPIX P50 と COOLPIX 5600 をリプレイスするのが目的だったのだが、実際に使ってみると、それら2台の数倍の働きをしてくれる。やはりこのテのものは、「よいものを長く使う」などいという発想ではダメなのだ。カメラのレスポンス、ズーム域、画質、どれをとっても古い2台とは、明らかに次元の違う性能である。そして、当初危惧していた専用リチウムイオン電池であるが、これこそが最大の驚きだった。今までのカメラとは、ケタ違いの省電力なのだ。私はいつもの心配性のおかげで、予備電池を2本買ってしまったが、電池1本だけでも、電池の寿命より先に、カメラの寿命が来そうな気配である。

カメラ本体やアクセサリは上記3点だけだが、これに加え一番費用対効果の高かったものは、やはりパソコンだろう。

ネットブック Lenovo ideaPad S9e のおかげで、宿泊を伴う外出時は、ホテルでその日のうちに写真の選別(RAW 現像までは積極的にやらないが、構図、露出、ピントの確認は可能)、リサイズして友人にメールで送ったり、写真入りでこのブログを書いたりできるようになった。

それから偶然の事故とはいえ、メインのパソコンを Pentium 4 から Pentium Dual Core ベースに変えたこと。これで RAW 現像の処理速度が2倍以上に向上し、大量に写真を撮った後の、精神的負担が随分軽減された。

2009123101というわけで、一番新しいカメラ、COOLPIX S620 で撮った、大晦日の風景を。

この地方では毎年大晦日は穏やかな天気の日が多いのだが、今日は朝から台風のような強風で、散歩写真もままならない。一見穏やかそうに見える公園の写真だが、カメラを構えるのも辛いほど風が吹いているのである。

2009123102早々に退散し、家に戻る途中、近所の神社で。いよいよ初詣の準備である。今年は歳が明けてすぐに、奥さんと夜中に初詣に来たのだが、あまりにも人出が多く、並ぶだけで1時間も待たされたので、明日は朝遅くに出かける予定である。

| | コメント (2)

2009年12月27日 (日)

年末の不運

2009122701ここ数日ポカポカ陽気が続いているが、いつまた寒くなるかわからないので、今日思い切って今年最後の洗車とコーティングをすることにした。

ところが洗車の準備をして、車を車庫から出そうとすると、なんと左前輪がパンクしているではないか。これはすぐに修理しなければ、とは思っても、すでに洗剤をバケツに入れてしまっているし、実に中途半端な状態だ。よく見ると、まだ完全に空気が抜けているわけではないし、少なくとも昨日の夕方から車を運転していないので、パンクしてから半日以上過ぎていることになる。ならばあと数時間で抜けきることもなかろうと判断して、急いで洗車することにした。

コーティングの後、昼食を食べて乾燥を待ち、乾いたコーティング材をふき取って、そのまま徒歩で近所のガソリンスタンドへ。今日は年末の日曜だし、そのスタンドですぐにパンク修理をしてもらえるかどうか、確認しなければならないからだ。もしそこが無理なら、テンパータイヤに履き替えて、別のスタンドかオートバックスにでも持っていかなければならない。

幸い徒歩5分のところにあるスタンドはいつもどおり営業しており、すぐに修理できるということだったので、家に帰って車をゆっくり運転してスタンドへ。車を降りて、もう一度左前輪を確認してみると、なんと大きな木ネジが垂直に根元まで刺さっていた。こんなに太いものが垂直に刺さるには、まっすぐタイヤで踏まなければならないだろう。パンク自体避けられない不運であるが、こうも見事なパンクも珍しい。10分ほどで修理を終え、代金2650円を支払って帰ってきた。

そういえば、昔はパンクというと、タイヤを外し、内側からゴムを貼り付けたものだが(さらにそれ以前のチューブタイヤの時代を私は知らない)、いつ頃から外側から簡単に修理できるようになったのだろう。

| | コメント (2)

2009年12月20日 (日)

連れて帰れないけど

2009122001果たして我が家のネコたちは幸せなのかと、そういう疑問はイヌやネコの飼い主なら誰でも自問自答したことがあるだろう。もちろん彼らは言葉を発しないし、他のイヌやネコたちと比較しようがないので、答えが出るはずもないのだが。

ただ、こうしてホームセンターのペットコーナーで、商品として買い手が付く(あるいは付かなければやがて処分される)ことを待っているだけの、動物たちは不憫でならない。この子たちの運命は、この子たちがいかに努力しようとも、変わることがないのだ。まだ厳しい環境を生き抜いている野良たちの方が幸せなのかもしれない。

| | コメント (12)

2009年12月14日 (月)

宇宙戦艦ヤマト復活しない方がよかった編

前評判の酷評は散々聞かされていたが、あれほどひどい映画も珍しい。近年稀に見る駄作だ。作れば作るほど酷くなる。私は駄作でもとりあえず観ようと決めていたので、躊躇せず観に行ったが、迷っている人は観ないことをお勧めする。しかも今回エンディングに「宇宙戦艦ヤマト 復活編 第1話 完」と出ていた。西崎義展は、まだこれ以上このネタで儲ける気なのだろう。

松本零士のマンガを原作とする、オリジナルテレビアニメの宇宙戦艦ヤマトは、視聴率が低く、途中で放送打ち切りが決定したため、1年かけてイスカンダルまで旅をしたのに、1日で帰還しなければならなくなった。しかしその後、劇場版に再構成されて全国で上映されたときには、相当な観客動員数で利益を生んだ。これがきっかけになり、ヤマトを上映すれば儲かると踏んだ、監督の西崎義展は、その後4作の劇場版を製作したのである。

だが後の4作はいずれもオリジナルとはかけ離れた「特攻精神」の映画だ。しかも敵とみなせば躊躇なく大量殺戮を繰り返し、戦場でのたった一言の相手のセリフで、国家ごと敵に寝返るという、荒唐無稽な展開。それが今回もそのまま引き継がれ、さらにスケールを大きくして、繰り返されているのだ。こんな映画なら、破壊シーンだけで構成し、いっそ「銀河特攻伝説 イデオロギーなき戦い」とでもした方がいいのではないだろうか。

しかし、今日劇場で映画を観ていて、ふと気が付いたことがある。私は後ろの方の席に座っていたのだが、前に見えるのは、白髪とハゲの頭ばかり。完全に老人向け映画だ。おじいちゃんたちは、おしっこが近いのか、途中何度も席を立ってトイレに行く。

前作の劇場版が公開されてから26年。そしてテレビ版の初放映から実に35年である。もしかしたら、この映画を本当に観たい客層は、特攻精神で最後に勝利できる小国の夢と、終戦翌日から敵国の駐留軍に手を振ってチョコレートをもらう変わり身の早さを持った、戦前戦中派の人たちなのかもしれない。

| | コメント (10)

2009年12月 7日 (月)

今年もデンパークのイルミネーション

2009120701 今日も陽が落ちてからは結構寒かったが、これからさらに寒くなる一方なので、まだあまり客のいないうちにデンパークのイルミネーションを撮りに行ってきた。まずは正面ステージの巨大ツリーとトナカイ。

2009120702そして大温室の中。ここも省エネのためか、LED のイルミネーションが増えてきたが、最近流行の白や青の LED ではなく、電球色が中心なのがありがたい。やはりこの時期に青いイルミネーションはないだろう。

2009120703圧巻なのは園内ではなく、正面ゲート前の道路に植えられた、セコイヤ並木のクリスマスツリーである。高さ10メートル以上のツリーが、数百メートルにわたって輝いている。これは都市型のイルミネーションではまず無理なこと。高所恐怖症の私としては、設置作業のことは、あまり考えたくない。

| | コメント (6)

2009年12月 6日 (日)

今年の紅葉の写真はこれで最後かな

2009120601近所の公園で撮った紅葉の写真。ポケットの中に入っていた COOLPIX で撮ったのだが、さすがにこういうシーンは、コンパクトデジタルでは無理がある。背景の青空が完全に色飽和してしまっているので、レタッチで輝度を落としても、シアンのかぶった嘘っぽい色合いになってしまう。

2009120602できれば一眼レフを持って、再挑戦したいのだが、そろそろ紅葉のシーズンも終わり。次の機会まで、葉が落ちずに残っているかどうか。

| | コメント (6)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »