« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月25日 (日)

訳あって話せません

200910250125年来の外道な友人 w-mute 氏に、15年ぶりに会いに行ってきた。

おやじどうしのむさ苦しい再会なので、記念撮影などあるはずもないのだが、横浜の彼の生息地に向かう途中、東名高速道路の浜名湖サービスエリアで、珍妙なる白蛇に遭遇したので、証拠写真を撮っておいた。

奇妙なエアロパーツを取り付けた、光岡自動車の大蛇である。しかもボディカラーは見る角度によって色が違って見える、蛇のウロコのような白。後ろに写っているミニバンとしてはかなりヘンな形の、メルセデス B クラスが、まったく普通の車に見えてしまう。この大蛇の周りで、外国人旅行者がたくさん集まって、写真を撮り合っていた。さすがに、フェラーリだってここまで人だかりはできない。そういう意味では、光岡はいい車を作ったと言えるだろう。

ところで、15年ぶりに再会した w-mute 氏とは、夕食を食べながら、最近話に花が咲いたのだが(われわれ技術者は昔話などしないのだ)、その内容については、相当ヤバイものもあるので、ここでは割愛する。

| | コメント (2)

2009年10月22日 (木)

Pentium Dual Core E6300

2009102201現在メインで使っている方の、Pentium4 のパソコンが、先週末に入手した Radeon 4350 のカードを挿したり抜いたりしているうちに、起動不能になってしまった。Radeon 4350 のカードは、別の Core2 Duo のパソコンで使う予定だったのだが、ちょっと無駄な遊びをしすぎたようだ。

よく見ると、マザーボード上のコンデンサと、グラフィックカードのヒートシンクが干渉して、PCI-Express スロットに、まっすぐカードが入らないのだ。それが直接の原因かどうかはわからないが、とにかくメインのパソコンが使えないのは困る。トラブルは明らかにマザーボードなので、これを入れ替えるしかないが、このマザーボードは DDR-SDRAM タイプのもので、現在主流の DDR2-SDRAM のマザーボードを買っても、メモリが流用できない。だから、マザーボードとメモリをあわせて買うしかないのだが、同じ LGA775 とはいえ、最近のマザーボードで、Pentium4 が動くかどうかも不明だ。というわけで、思い切って CPU、メモリ、マザーボードを総入れ替えすることにした。実はこのパソコンは、Windows7 を導入する前に、中身をもうちょっと高性能なものに入れ替えようと思っていたところなので、導入時期が予定より半年ほど早くなってしまったわけである。半年後に予定していたとはいえ、緊急の出費で、あまり贅沢はできないし、CPU 負荷の高い処理は、Core2 Duo E8400 のパソコンに任せればいいので、今回はコストパフォーマンス重視で行くことにした。

CPU は Windows7 の XP 仮想モードを動作させることを前提に、VT に対応したもの。マザーボードはグラフィック内蔵でデジタル出力のあるもの。メモリは DDR2-SDRAM 2GB 2枚というのが、私の設定した条件。この条件でできるだけ安くしようと思うと、まず CPU に最新の Celeron E3200 あたりを思い浮かべるが、残念ながら近所のショップに在庫なし。それにここまで CPU をケチるのもどうかと思ったので、今一番バランスがよいと思われる、Pentium Dual Core E6300 で行くことにした。これは Core2 Duo E7400 とほぼ同じスペックで、2次キャッシュの容量だけが 3MB から 2MB に減らされているが、値段が5,000円以上も安いのだ。

マザーボードは最新のチップセットでない限り、もはやどのメーカのものを買っても、安定動作に支障の出るものはないと思われるので、ショップで見つけた MSI の G41 チップセットのものにした。G45 と G41 は、グラフィックコントローラは共通なのだが、ICH が異なる。G41 は、古い ICH7 が組み合わせられるのだが、極限の性能や、PCI-Express カードを複数枚使うというのでない限り、体感上の違いがあるとは思えない。それでいて、マザーボードの値段は5,000円ほど違う。今回は安くて枯れたテクノロジーを選ぶことにした。

以上の構成に加えてメモリは 2GB 2枚組のパッケージ品を買い、さらに今回は、パソコン内部からパラレル IDE のフラットケーブルを排除すべく、手持ちの DVD ドライブを、S-TA に変換するコネクタも買うことにした。

帰って早速中身の総入れ替えである。一旦全部のパーツをバラし、きれいに掃除をして、元通りに組み直し、電源を入れると、やはり WindowsXP が起動しない。そこでセットアップ CD から起動して、Windows の修復を行い、さらに G41 用のチップ背とドライバをインストールして、なんとかその日のうちに復旧することができた。

2.8GHz の Pentium4 から、2.8GHz の Pentium Dual Core だから、性能は恐ろしく向上しているはずであるが、まだ今までのアプリケーションが動くかどうかのテストだけで、性能を体感できるほどは使っていない。

| | コメント (4)

2009年10月17日 (土)

デジタル出力が欲しかった

2009101701今年5月に、液晶ディスプレイを買い換えたのだが、この機種はアナログ RGB の他に、DVI 入力と HDMI がある。ところが私が持っているパソコンには、一切デジタル出力がないのだ。もちろんアナログ RGB で困ることはないのだが、液晶ディスプレイの持てる性能を出しきっていないというのは、なんとも歯痒い。そうなると、目を凝らしてようやく見えるような、文字やコントラストの強い部分に、微妙なにじみがあるのが気になって仕方ない。

というわけで、デジタル出力のあるビデオカードが欲しくて我慢できなくなってしまったのだ。パソコンでゲームは一切やらない私にとっては、3Dグラフィックコントローラの性能などどうでもいいことなので、ここ10年ほどは、ずっとマザーボード組み込みのグラフィックコントローラを使ってきた。無駄にスロットを使って、消費電力の増加や動作の安定性を損なうことを避けたかったのだ。だから最近のグラフィックカードのことは全く知らなかった。PCI-Express という、グラフィック用のスロットが、バスではなくチャネル接続であると知ったのも、グラフィックカードを物色し始めてからである。

そうやって、消費電力が少なく、安定して動作するカードを、なるべく安く買いたいという基準で、グラフィックカードを探してみると、最終的に nVIDIA GeForce 9400/9300 を使用したものか、ATI Radeon 4350 を使用したカードに絞られた。どちらもローエンドのグラフックコントローラで、むしろマザーボードのオンボードコントローラ用に開発されたものらしい。おかげで冷却ファンのないカードが中心のようである。

何日もかけて、これらのグラフィックコントローラチップを搭載したカードを比較検討していると、Radeon 4350 搭載のカードのほうが、微妙に安いのだ。こちらのほうがカタログスペックがややおとなしいからだろう。しかし Radeon 4350 は、コントローラチップに HDMI 出力回路を内蔵しているようで、すべてのカードが HDMI 対応になっている。ところが、GeForce 9300/9400 を搭載したカードは、HDMI を内蔵したものとそうでないものがあり、内蔵しているものはさらに1,000円ほど高い。

ネットで性能評価の記事を探してみると、どうやら実測性能ではこれら2種類のコントローラは、ほぼ同等な性能のようで、そういうことであれば、迷わず Radeon 4350 の HDMI 付きカードを選べばいいだろう。

2009101702こうして今朝、久しぶりに私の元にグラフィックカードが届いた。早速パソコンに取り付けで、動作確認である。しかしスロットにカードを差したことにより、パソコンの中がふたつに区切られることになってしまった。こんな状態で、CPU やグラフィックコントローラの熱がうまく排気できるのだろうか。結局もうひとつファンを増設することになるかもしれない。

ところで、DVI ケーブルは液晶ディスプレイに同梱されていたので、それに繋ぎ替えて初めてデジタル画面出力を経験したわけであるが、HDMI ケーブルは手持ちのものがないので、こちらもいずれ試してみたい。しかし家電量販店の AV コーナーを覗いてみると、ソニーやパナソニックの HDMI ケーブルは、なんと4,000円もするではないか。グラフィックカードより高いなんて、まったくふざけた話だ。こんなもの、どう考えても製造原価は100円だろ。

| | コメント (4)

2009年10月11日 (日)

秋色観察

2009101101この季節の街の風景が好きだ。とくにショッピングモールの中。これから年末に向けて、一番色彩豊かになる。

秋物のファッション、それに続いてクリスマス。クリスマスが終わるとあっという間に正月モードに切り替わり、それらと冬のボーナスシーズンが重なるので、毎日が大売出しである。

ウィンドウショッピングというより、私は売り物でない、ディスプレイの色彩を見るのが楽しみなのである。

2009101102一歩外に出て、駐車場から空を眺めると、自然も今が一番鮮やかである。

| | コメント (2)

2009年10月 5日 (月)

デンパークはかぼちゃ祭り

200910050110月のデンパークは、「秋穫祭」と題し、園内はハロウィンムード満載である。

休日にはさまざまなイベントが開催されるようだが、今日は平日で、1日中雨模様だったこともあり、主に大温室内で撮影。真夏に比べると、この季節は彩り豊かで、いい絵になる。11月にはいると、そろそろクリスマスムードが漂ってくるので、しばらくはネタに事欠かない。

2009100502園内のショップもかぼちゃだらけで、写真を撮るには、とても暖かい、いい色合いだ。

この後ベーカリーで、パンやケーキを買って帰った。

| | コメント (2)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »