« 金魚が胡瓜に? | トップページ | 雅子初盆 »

2009年8月14日 (金)

Nikon COOLPIX S620

2009081401すみません。つい出来心で、またコンパクトカメラを買っちゃいました。

仕事かばんの中に入っているカメラは COOLPIX 5600。オークションで中古品を5000円以下で買ったものであるが、1か月に数枚しか写真を撮らなくても、待機電力が少ないので、単三電池2本で半年くらい使えるのだ。あまりに使用頻度が少ないので、ニッケル水素電池では、自己放電の方が大きいくらいである。

休日カバンの中に入っているのが、COOLPIX P50。2年前に発売されて間もない頃、キタムラで2万円弱で買ったものだ。広角端が28mm相当で、単三電池が使える、貴重なカメラである。ただし大きなグリップが邪魔で、仕事カバンに入れるには、ちょっと邪魔になるので、休日専用となっているのだ。

どちらも単三電池が使えるところがポイントである。私の場合、コンパクトカメラは普段持ち歩いていて、記録に残しておきたいものを撮るのが目的なので、持っていても全く使わないことも多い。そんな使い方だと、専用充電池式の場合、知らぬ間に放電してしまっていて、外出先で使い物にならない危険性がある。

しかし、どちらのカメラも、いわゆるエントリーモデルで、特に手ぶれ補正がないのが辛い。メモ撮りなのだから、三脚は持ち歩いていないし、平日の仕事帰りなら、夕方薄暗くなっている場合がほとんどである。そこで、この2台を1本化して、使用頻度を上げ、せめて2日に1回くらい、カメラの電源を入れるようになれば、充電式電池の機種でも、電池が空になったのを気付かないでいる危険性はないだろうと考えた。

ということで、手ぶれ補正が付いて、COOLPIX 5600 程度の大きさで、広角端が 28mm 相当からの機種を、以前から物色していたのだ。この条件で単三電池のモデルは、残念ながら存在しない。

現行機種では Canon の IXY510 IS と、Nikon COOLPIX S620 が候補に挙がったが、COOLPIX の方は、すでに生産完了しているらしく、今月に入って、急に実売価格が下がった。前回と同じく、近所のキタムラで実物を確認して、迷わずこちらを買うことにした。

本日はまだテスト撮影もほとんどしていないので、インプレッションはまた後日。

|

« 金魚が胡瓜に? | トップページ | 雅子初盆 »

コメント

手ぶれ補正は必須です
しかし、単三電池なのと、28mmは魅力ですね

私も、先日大好きな友達にもらって
大事にしているカメラがありますが
これも、偶然単三電池で、ほんとに重宝していますよ

いつか、全部がそろったカメラが出来るでしょうね
そうなったら、内藤さん
すぐに買うんでしょう?
教えてくださいね

投稿: ゆりあ | 2009年8月23日 (日) 08時29分

今回は、単三電池をあきらめましたが、そのおかげで、今までのカメラの半分以下の大きさが得られました。
でもたとえ少々大きくても、同じスペックで単三電池仕様であれば、そちらを選ぶでしょうね。

単三電池のカメラは充電器もないから安くできる。もっと安くするために、高価なレンズや手ぶれ補正は入れられない。という悪循環で、なかなか高機能なカメラが発売されないのでしょう。

投稿: 内藤敦司 | 2009年8月23日 (日) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金魚が胡瓜に? | トップページ | 雅子初盆 »