« ideaPad 互換電池 | トップページ | 子ネコうじゃうじゃ »

2009年5月11日 (月)

真夏日のお墓ネコ

5月中旬なのに、いきなり30度を大幅に超える真夏日。日照時間も長くなり、明るいうちに帰路に着いたので、久しぶりにお墓ネコを観察してきた。

2009051101急に暑くなったので、日陰でノビているだろうと思ったが、最初に見かけたのは、新顔の丸々としたネコ。カメラを持って近づくと逃げてしまったが、この距離を保って、「何かおいしいものをくれ」とねだって、鳴きまくっている。慣れればもっと人間に近づいてくるだろう。

2009051102 そしていつものように、私を見つけると、後ろから大きな声で呼ぶクッキー柄ネコ。雌で身体は小さいが、とにかく人懐っこい。私は食べ物を与えたこともないし、3か月も会っていなかったのに、いきなり擦り寄ってきて離れないのだ。きっと今日は体調もいいのだろう。

2009051103全身をもふってやると、この調子である。これでも野良ネコだろうか。あまりに警戒心がないのは困るが、それでもこうして人間とうまく付き合っている野良が、一番長生きしているのだ。

今日は、普段持ち歩いている COOLPIX が電池切れだったので、仕方なく携帯電話のカメラで撮影したが、所詮オマケ機能だ。画素数がどれだけ上がろうが、極少センサから得られる画像は、ダイナミックレンジが狭いために、いくらマイナス補正しても、すぐに白トビしてしまうし、暗部を持ち上げても、階調が出てこない。その上センサの基本感度が低いので、夕方になるとシャッター速度が落ちて、のんびりとしたネコの動きも止められない。やはりカメラの電池チェックを欠かさないことが大切だ。

|

« ideaPad 互換電池 | トップページ | 子ネコうじゃうじゃ »

コメント

そうそう、人懐っこい猫の方が長生きするというのは、近所の猫たまり場に餌やりに来てるおばさんも言ってた。給餌機会が増えるんで当然かも知れないけど。

投稿: 竹本昌之 | 2009年5月11日 (月) 19時53分

野良ネコというのが野生動物ではなく、人間社会との共生動物である限り、いかに人間とうまく付き合っていくかが、ネコにとっての生存競争なわけだね。
かわいがってくれそうな人間を見分ける能力が、野良ネコには一番必要かも。

投稿: 内藤敦司 | 2009年5月11日 (月) 20時30分

ははは、人懐っこい猫とは
うちの家猫になった「ちびちゃん」が
まさにそれだわ。

>かわいがってくれそうな人間を見分ける能力が、野良ネコには一番必要かも。

うちのちびちゃんの場合は、
→家に入れてくれそうな人間
→だっこしてくれそうな人間
・・・
と、エスカレートしていったわ

投稿: ゆうゆう | 2009年5月11日 (月) 22時27分

家族の中でも、ご飯をくれるお母さんと、一番甘やかしてくれるお父さんを、実にうまく使い分けてますね。
あの知恵はいったどこから来るのでしょうか。

投稿: 内藤敦司 | 2009年5月11日 (月) 22時39分

2匹の猫
新顔とベテランの対比が面白いですね
新顔くんも、だんだんいろんな人間と
触れ合って、生きる知恵をつけて行くのでしょうね
ちょっと楽しみです

投稿: ゆりあ | 2009年5月13日 (水) 23時06分

ゆりあさん

ここには、人間を見ると大声で呼んで、「もふもふしてくれ~」というネコもいれば、人を見るだけで逃げていくネコもいます。
でも、人を呼んでおいて、近づいたら逃げたくせに、ちょっと離れてまた何か言っているネコは初めて見ました。
本当はもっと遊んで欲しかったのでしょうか。
この新顔ネコはこれからどうなるか楽しみなので、時々様子を見に行きます。

投稿: 内藤敦司 | 2009年5月13日 (水) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ideaPad 互換電池 | トップページ | 子ネコうじゃうじゃ »