« 開花 | トップページ | オキシライド大暴落 »

2009年3月27日 (金)

腕時計世代交代

200903270111年間愛用した腕時計を買い換えた。左側が今まで使っていた、セイコー AGS、右側が新しく購入した、シチズンエコドライブ電波時計である。

セイコー AGS は、後にキネティックと呼ばれるようになった、いわゆる自動巻き発電のクォーツ腕時計である。ゼンマイ式の自動巻き腕時計のメカニズムを応用して発電し、その電力を蓄電して、半永久的に電子時計を動かそうという発想だ。当時のセイコーの広告のコピーが洒落れていた。「世界には冬の間日が昇らない地域(北極圏)がある。そこでは太陽光発電は役に立たない。」という意味だったと記憶している。対するシチズンは、太陽光発電が主力だった。

このコピーに惚れて、高級時計に興味のない私にとっては、かなり高価な時計だったが、思い切って買ってしまった。

しかしながら、10年も愛用していると、肝心の蓄電池が劣化してくる。購入当初は十分に発電した後、まったく振らなくても1週間以上動き続けたのに、ここ数年は、金曜日に家に帰ってはずしてしまうと、月曜日の朝には止まっている有様で、オフでは腕時計をしたくない私にとっては、発電するためだけに、週末も付けっぱなしにしておかなければならない、厄介者になっていたのだ。

これに対して太陽光発電の方は、どんどん性能が向上し、夜間の蛍光灯や白熱電球の下でも、動き続けるのに十分な発電ができるようになった。これなら北欧でも1年中使えるというわけだ。セイコーもカシオもやがて主力商品を太陽光発電に移し、さらに電波時計を組み込むことによって、使っていても使わなくても正確に動き続ける腕時計を発売するに至った。

というわけでこの1年ほど、太陽光発電の電波時計で手頃なものを探していたのだが、腕時計というのは機能ばかりでは決められない。普段身に付けるものだけに、自分の好みのスタイルでないと、長年使えないのだ。

私のコダワリは、1. 文字盤にアラビア数字がない(ローマ数字なら可)、2. カレンダーは日付だけ、3. ケースの側面が弧ではなくS字カーブを描く。4. 傷が付きにくいサファイアガラス、5. 5気圧以上の強化防水、この5つに加えて、できればチタンケースで軽量なものがいい。

1, 2, 3 は単に好みの問題。4 は、ケースはともかくガラスに細かい傷が入ると、乱反射して非常に読みにくくなる。5 は夏場に時計を水洗いしたいからだ(必然的に革ベルトは不可)。薄型時計の3気圧の日常生活防水というのは、防水として機能しない。なぜなら、水道管内の静圧は4気圧以上あり、時計を水道水で洗おうとすると、蛇口付近では4気圧程度の動圧が発生するためだ。

一見簡単な条件のようだが、これらをすべて満足させる仕様のものが、なかなか見つからなかったのである。今回偶然にも買い物に行った先のショッピングモールで偶然に立ち寄った時計売り場で、1, 2, 3, 4, 5 の条件を満たすこの時計を発見した。しかもなぜかこの機種だけ特価品だったのだ。残念ながらチタンケースではないが、手に取ってみると、意外と軽い。これなら重さが苦になることはなさそうだ。

これでようやく週末は腕時計なしで過ごせるようになる。時計を買って、ようやく時計なしの生活が満喫できるとは、まったく皮肉なものであるが。

ところで、私は他にもいくつか手放せない腕時計を持っている。いずれも電池式のクォーツで、それほど高価なものではないが、同じスタイルの時計は二度と発売されないものなので、どれも数年に1回の電池交換を余儀なくされている。

2009032702そのなかでも特に大切にしているのが、このセイコーのデジタル時計である。一時はデジタル時計が腕時計の主流になりかけて、数千円のものから10万円以上のものまで、色とりどりだったのであるが、今ではデジタルと言えばダイソーの100円商品か、カシオの G-SHOCK だけになってしまった。ステンレス側の、シンプルでフォーマルなデジタル時計が全くないのである。この時計はサファイアガラスではないため、表面が傷だらけだが、代用品がないので捨てられない。

時計を機能だけで評価したら、間違いなくデジタル表示の方がいいと思う。電車の時刻表、運動会の進行プログラム、手帳のスケジュール... 時刻に関する印刷物や看板の表記はすべてデジタルなのである。当然時計もそれらに合わせてしかるべきではないか。

紙に時刻をメモするとき、3針のアナログ表記をする人など、絶対にいない。なぜわざわざ時計を見て3針のアナログ表示を、数値に置き換えてメモしなければならないのか。まったくもって無駄な処理である。

|

« 開花 | トップページ | オキシライド大暴落 »

コメント

そっくりな時計!
気に入ったのがあってよかったですね happy01

時計って結構こだわりが出ますよね
私は車で移動ばかりだし、携帯の時計で
十分なので、ファッション時計しか
使いませんが・・・

投稿: ゆりあ | 2009年3月30日 (月) 09時05分

ゆりあさん

私たちが子供の頃は、腕時計って一生に1個の、高価な大人のアイテムでしたね。
それが安価な電子時計のおかげで、気軽に買えるようになりました。

以前は腕時計を集めるのが好きで、ちょっと気に入ったデザインのものがあると、片っ端から買っていたのですが、普段身に付けるものだけに、ひとつでも不満な点があると、結局また別のモノが欲しくなってしまうので、少々高くても、100%満足できるものを探すようになりました。
これでまた10年は使う予定です。

投稿: 内藤敦司 | 2009年3月30日 (月) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開花 | トップページ | オキシライド大暴落 »