« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月30日 (月)

いよいよ春ですか

2009033001完全に春の陽気だったので、今月最後のデンパーク(明日は休園日のため)。平日だというのに、結構な人出だった。

園内はチューリップだらけ。前回(18日)行ったときには、温室内に新芽の香りが充満している感じだったが、今日は園内全体が花の香りでむせ返るようだった。

2009033002薄墨桜も満開である。

| | コメント (2)

2009年3月29日 (日)

オキシライド大暴落

2009032901パナソニックの乾電池「オキシライド」の在庫が暴落しているらしい。店頭でワゴンセールしているところもあるらしいが、私はネット通販でまとめ買いした。1本あたり50円以下である。

理由はハッキリしている。パナソニックが最近売り出した、新しいアルカリマンガン乾電池「エボルタ」が好評で、オキシライドの売れ行きが落ち込んでいるからだろう。近所の大手電気店でも、オキシライドはすっかり見なくなってしまった。

しかしエボルタとオキシライドは、形状は同じでも、全く違う電池なのだ。場合によっては互換性がないことに注意して欲しい。それぞれの単3電池の JIS 型番を見れば、一目瞭然だが、エボルタはその他のアルカリ電池と同じ「LR6」である。これに対しオキシライドは「ZR6」だ。

LR6 というのは、アルカリマンガン電池。正極に二酸化マンガンと黒鉛の粉末、負極に亜鉛を用いて、電解液を封印したものである。ZR6 というのは、ニッケルマンガン電池。正極にオキシ水酸化ニッケルを用いることによって、内部抵抗が少なく、電圧降下の起こりにくい性質を持っている。ただし初期電圧が 1.7V と高いため、電圧制御しない電気機器には使えない場合が多い。たとえば懐中電灯に用いると、電球が焼き切れてしまうし、シェーバーに用いると、モータが高速回転しすぎて危険である。

ただし、デジタルカメラや PDA のような電子機器では、通常は電源にやや高めの電圧を要求し、内部で必要な電圧に下げて利用している。こういう電子機器では、電源電圧はできるだけ長時間高電圧を維持できるものがいい。ところがアルカリマンガン電池では、徐々に電圧降下が起きるため、電池の容量としては十分残っていても、電圧が不足して使えなくなってしまうのだ。だからデジタルカメラで使えなくなってしまった電池でも、時計や懐中電灯に入れれば、まだ十分動き続ける。

しかし高電圧を、容量ギリギリまで維持できるニッケルマンガン電池の場合、同じ容量であっても、はるかに長時間デジタルカメラを駆動させることができるのだ。

確かに電池の汎用性という意味では、オキシライドよりエボルタの方が上だろう。誤って懐中電灯に入れてしまっても、電球が切れることはないし、デジタルカメラも、従来のアルカリマンガン電池より、いくらか長時間使えるようである。しかし私は懐中電灯など、ダイソーで4本100円で売っている電池で十分だと思っているし、オキシライドを誤って懐中電灯に入れることなど、絶対にあり得ない。

私が必要としているのは、電池の汎用性などではなく、デジタルカメラの長時間駆動に特化した電池なのである。もちろん普段使っている COOLPIX P50 は、充電式のニッケル水素電池を入れている。しかし充電式の電池であれば、電池が切れたら絶対に充電が完了するまで使えない。撮影中に電池が切れてしまったらおしまいである。だから私は、このカメラのケースの中に、必ず緊急用のオキシライドを入れているのだ。

これ以外に、通勤カバンの中に入れっぱなしで、常に持ち歩いているカメラもオキシライド。奥さんに持たせて、ネコたちの普段のスナップを撮ってもらっているカメラもオキシライドである。使う頻度の少ないカメラほど、充電式の電池は役に立たないのだ。

| | コメント (2)

2009年3月27日 (金)

腕時計世代交代

200903270111年間愛用した腕時計を買い換えた。左側が今まで使っていた、セイコー AGS、右側が新しく購入した、シチズンエコドライブ電波時計である。

セイコー AGS は、後にキネティックと呼ばれるようになった、いわゆる自動巻き発電のクォーツ腕時計である。ゼンマイ式の自動巻き腕時計のメカニズムを応用して発電し、その電力を蓄電して、半永久的に電子時計を動かそうという発想だ。当時のセイコーの広告のコピーが洒落れていた。「世界には冬の間日が昇らない地域(北極圏)がある。そこでは太陽光発電は役に立たない。」という意味だったと記憶している。対するシチズンは、太陽光発電が主力だった。

このコピーに惚れて、高級時計に興味のない私にとっては、かなり高価な時計だったが、思い切って買ってしまった。

しかしながら、10年も愛用していると、肝心の蓄電池が劣化してくる。購入当初は十分に発電した後、まったく振らなくても1週間以上動き続けたのに、ここ数年は、金曜日に家に帰ってはずしてしまうと、月曜日の朝には止まっている有様で、オフでは腕時計をしたくない私にとっては、発電するためだけに、週末も付けっぱなしにしておかなければならない、厄介者になっていたのだ。

これに対して太陽光発電の方は、どんどん性能が向上し、夜間の蛍光灯や白熱電球の下でも、動き続けるのに十分な発電ができるようになった。これなら北欧でも1年中使えるというわけだ。セイコーもカシオもやがて主力商品を太陽光発電に移し、さらに電波時計を組み込むことによって、使っていても使わなくても正確に動き続ける腕時計を発売するに至った。

というわけでこの1年ほど、太陽光発電の電波時計で手頃なものを探していたのだが、腕時計というのは機能ばかりでは決められない。普段身に付けるものだけに、自分の好みのスタイルでないと、長年使えないのだ。

私のコダワリは、1. 文字盤にアラビア数字がない(ローマ数字なら可)、2. カレンダーは日付だけ、3. ケースの側面が弧ではなくS字カーブを描く。4. 傷が付きにくいサファイアガラス、5. 5気圧以上の強化防水、この5つに加えて、できればチタンケースで軽量なものがいい。

1, 2, 3 は単に好みの問題。4 は、ケースはともかくガラスに細かい傷が入ると、乱反射して非常に読みにくくなる。5 は夏場に時計を水洗いしたいからだ(必然的に革ベルトは不可)。薄型時計の3気圧の日常生活防水というのは、防水として機能しない。なぜなら、水道管内の静圧は4気圧以上あり、時計を水道水で洗おうとすると、蛇口付近では4気圧程度の動圧が発生するためだ。

一見簡単な条件のようだが、これらをすべて満足させる仕様のものが、なかなか見つからなかったのである。今回偶然にも買い物に行った先のショッピングモールで偶然に立ち寄った時計売り場で、1, 2, 3, 4, 5 の条件を満たすこの時計を発見した。しかもなぜかこの機種だけ特価品だったのだ。残念ながらチタンケースではないが、手に取ってみると、意外と軽い。これなら重さが苦になることはなさそうだ。

これでようやく週末は腕時計なしで過ごせるようになる。時計を買って、ようやく時計なしの生活が満喫できるとは、まったく皮肉なものであるが。

ところで、私は他にもいくつか手放せない腕時計を持っている。いずれも電池式のクォーツで、それほど高価なものではないが、同じスタイルの時計は二度と発売されないものなので、どれも数年に1回の電池交換を余儀なくされている。

2009032702そのなかでも特に大切にしているのが、このセイコーのデジタル時計である。一時はデジタル時計が腕時計の主流になりかけて、数千円のものから10万円以上のものまで、色とりどりだったのであるが、今ではデジタルと言えばダイソーの100円商品か、カシオの G-SHOCK だけになってしまった。ステンレス側の、シンプルでフォーマルなデジタル時計が全くないのである。この時計はサファイアガラスではないため、表面が傷だらけだが、代用品がないので捨てられない。

時計を機能だけで評価したら、間違いなくデジタル表示の方がいいと思う。電車の時刻表、運動会の進行プログラム、手帳のスケジュール... 時刻に関する印刷物や看板の表記はすべてデジタルなのである。当然時計もそれらに合わせてしかるべきではないか。

紙に時刻をメモするとき、3針のアナログ表記をする人など、絶対にいない。なぜわざわざ時計を見て3針のアナログ表示を、数値に置き換えてメモしなければならないのか。まったくもって無駄な処理である。

| | コメント (2)

2009年3月26日 (木)

開花

200903260116日の日記に書いた、近所の神社の桜が、数日前に開花した。

私は昨日発見したのだが、車で出かけるときだったので、写真を撮ることができず、今日改めて撮りに行ってきた。撮りに行くと言っても、徒歩30秒ほどだが。

2009032602まだ一分咲きという感じなので、ほとんどはつぼみの状態である、加えて今週に入ってから急に寒くなってきたので、このまま一気に満開というわけにはいかないだろう。

やはり見ごろは4月に入ってからになりそうだ。

| | コメント (2)

2009年3月18日 (水)

デンパークの薄墨桜

2009031801安城産業文化公園デンパークの薄墨桜。ソメイヨシノのように、すべての株が一斉に咲くわけではないので、満開に近い木もあれば、まだつぼみだけの木もあった。中でもこの1本は、もう一息で満開、七分咲きというところか。

ソメイヨシノに比べると、花びらが小さく、色も淡い感じである。

2009031802今日は25度近い初夏のような陽気だったが、こんな日が何日か続けば、他の木もまもなく満開となろう。こちらの都合もあるし、天気次第なので、一番いいときに撮影できるとは限らないから、撮れる時に撮っておくしかない。

2009031803園内にはすでに春の彩りにあふれており、温室内は命のにおいが充満していた。やはり春はいいものである。

現在園内全体で改装工事が行われており、私自身もあまり時間がなかったため、全体を見て廻ることはできなかったため、できれば近いうちにもう一度行ってみたいものだ。

2009031804今日は先日買ったバッテリーパック MB-D10 の実践投入テストでもあったのだが、全備重量で2kgを超えるカメラは、やはり疲れる。必要に応じて使い分けた方がよさそうだ。

| | コメント (2)

2009年3月16日 (月)

春の兆し

2009031601近所の神社で、桜のつぼみを観察。

九州ではソメイヨシノが開花したらしいが、こちらではこの大きさのつぼみを見つけると、ほぼ2週間以内に開花する。数日前からこうして膨らんでいるので、例年通り今月末には開花するだろう。

1年前、この場所で、桜を見ることなく亡くなった子ネコを思い出す。

| | コメント (4)

2009年3月10日 (火)

MB-D10

2009031001Nikon D300 用のバッテリーグリップが到着した。D300 を買ったら、やっぱりこれは欲しい。従来のバッテリーグリップが、増設バッテリーケースに縦位置シャッターをつけただけなのに対して、これはむしろパワーブースターと言えるだろう。

フィルムカメラ時代には、Nikon F4 や Canon EOS1 で、モータードライブのバッテリー部分を交換すると、高速駆動できるものはあったが、デジタル一眼レフでは、初めての試みである。

高速連写速度が毎秒8コマになるというのは、私にはあまりありがたみはないが(連写モードをすらほとんど使ったことがないので)、この MB-D10 を装着すると、レリーズタイムラグが、45ms から 40ms に短縮されるというのが泣かせる。わずか1000分の5秒の差であるが、レリーズタイムラグというのは、結構体感できるもので、5ms の差はともかく、もう一台の D200 の 50ms に比べると、10ms の差は、明らかに応答が速いのがわかる。

D200 が発売されたとき、普及型(とは言っても20万円もしたが)のカメラで、レリーズタイムラグ 50ms というのは、驚異的だった。これより速い機種と言ったら、当時の Nikon D2 の37ms と、それに続く Canon EOS1D しかなかったのである。あちらは巨大なバッテリーを搭載した、プロスペック機である。ところが D300 に MB-D10 を装着すると、もはやキヤノンの最上級機をも上回るレスポンスなのだ。

ネコのあくびの瞬間を撮るのに、実に頼もしいカメラである。(残念ながら私にはその程度しか使い道がないが)

当初、MB-D10 の縦位置レリーズのストロークが極端に短く、半押ししようとしただけで、シャッターが下りてしまうという話を、あちこちの掲示板で読んだが、私のものに関して言えば、D300 本体のレリーズよりやや軽いかなという程度で、それほど違和感はない。個体差なのか、改良されたのかはわからないが。

| | コメント (4)

2009年3月 8日 (日)

公園の梅など

2009030801昨日に続いて、天気がいい上にポカポカ陽気。午後からちょっとカメラを持って散歩に出かけた。今年に入ってから一眼レフで撮った写真と言えば、ほとんど部屋の中でネコたちの昼寝姿ばかり。そろそろカメラを外に出してやらないと。

2009030802安城市役所裏の安城公園にて。紅白の梅が見事である。

今日は久しぶりに Nikon D200 を外に持ち出した。D300 を買ってから、もっぱら室内でのネコ撮り専用になってしまった D200 だが、いくらなんでもこのカメラを家の中で眠らせておくのはもったいない。

2009030803公園には、普段滅多に出てこないアライグマもいた。アライグマが寒さに弱いのかどうか知らないが、さすがに今日は外に出たい気分だろう。しかし、見かけはかわいいが、コイツらは、実はかなり凶暴なのである。

| | コメント (4)

2009年3月 5日 (木)

Aputure のあやしげな

2009030501ワイヤレスレリーズ AP-WR1N を、オークションで買った。あやしげと言っても、Aputure の製品はインターネット通販の定番で、業者が輸入しているものもあれば、個人輸入品をオークションに出品しているものも多い。メーカ純正のケーブルレリーズやリモコンの半額以下で買えるので、使い勝手を紹介しているブログも多く見かける。まあ心配することはなかろう。

Nikon D200 を買ったときに、ケーブルレリーズ MC-30 はすぐに入手したのだが、ワイヤレスリモコンがないと、自分撮りができない。自分撮りなど、女子高生しかやらないと思ってはいけない。ちょっとした記念撮影や、恋人や奥さんと一緒に出かけたときのツーショット撮影など、使い道は結構あるのだ。

ニコンの場合、普及型の一眼レフやコンパクトカメラでは、赤外線リモコンが使えるのだが、中級機以上でワイヤレス撮影をしようと思うと、赤外線送受信機セット ML-3 を買うしかないが、これが18,000円もするのだ。しかも赤外線リモコンは、送信機を受光部に向けて操作しなければならない上に、デジタルカメラの場合、撮像素子が赤外線に反応するので、カメラ前部から撮影する場合、リモコン送信機の発光が写ってしまう。

そこで電波式のリモコンである。これなら送信機をポケットに隠して操作できるし、カメラの前からでも後ろからでも使用できる。Aputure のリモコンは、同じ筐体で各社のコネクタ仕様にあわせて、何種類も発売されているが、どれも5,000円前後で買えるのがいい。しかも16チャンネルまで周波数を選べるし、レリーズ半押しも可能だし、3秒以上押したままだとレリーズロック状態になるので、カメラ側をバルブにしておけば、タイム露出が可能という多彩ぶり。

唯一気になるのが、送信機の電池が入手困難な 23A 型 12V 電池だということ。送信機はレリーズした瞬間にしか、電力消費しないので、それほど頻繁に交換する必要はなく、容易に高電圧が取り出せる 23A にしたのだろう。これは大手の電気店などで見つけたときに、まとめて買っておくしかなさそうだ。

ところで、中国製のこの電波式リモコン、噂によると、日本の電波法に抵触するということだが、真相はいかに。これだけ売っていて、まだ摘発されたという話は聞かないので、日本の法律に適応するように調整されたか、最初からガセネタだったのだろう。

| | コメント (2)

2009年3月 2日 (月)

1匹になっちゃたけど

2009030201獣医科のカラカル。今日見たら子ネコは1匹になっていた。兄弟たちは動物園に引き取られたようだ。この子もそのうち引き取られるのか、この病院で親猫と一緒に暮らすのかは、まだわからない。

2009030202単独行動するネコの場合、子供が成長すれば、親から離した方がいいのだろうが、こんな姿を見ると、もう少しこうして親に甘えさせてやりたいような気もする。

| | コメント (2)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »