« それでもやめられない | トップページ | チーズ&トマトクリーム »

2009年2月 4日 (水)

お墓ネコたちの幸せな時間

仕事の都合で明るいうちに帰ってくることができたので、久しぶりにお墓ネコたちの様子を見に行った。私が誠心な仏教徒なら、雅子の四十九日の法要も兼ねて、ということになる。

2009020401墓地の植え込みの中にいた、新顔の白ネコ。ずっと前に見ているかもしれないが、この1年くらいここで白いネコは見ていない。シャンプーしたら真っ白な高級ネコになるのだが、このネコたちは、そんな暮らしを求めていないのかもしれない。

2009020402相変わらず人懐っこいクッキー柄ネコ。誰かが作ってくれたダンボールマンションでお昼寝中だったが、私がダンボールのドアを開けると、驚きもせず、何度か鳴いた後、ゴロゴロいい始めた。やはり私の顔を覚えていて、安心して甘えてきたようだ。

2月とはいえ、上着を着ていられないくらい暖かい日だったので、ネコたちは昼寝を邪魔されたくなさそうだった。今日は他のネコは見当たらなかったが、きっとあちこちでゴロゴロ寝ているのだろう。

最後に、雅子のお墓(ペットの共同墓地)と、我が家のお墓に寄って帰ってきた。

|

« それでもやめられない | トップページ | チーズ&トマトクリーム »

コメント

お墓ネコちゃん達、幸せそうですね。
猫にとって、家猫よりこっちの生活に慣れれば
自由気ままで幸せなのかもしれませんね。

投稿: ゆうゆう | 2009年2月 5日 (木) 19時37分

こういうところで長生きしているネコは、何年も元気な姿を見るのですが、新顔はどんどん入れ替わっているので、やはり厳しい世界でしょうね。
でもどんな世界でもそれぞれのネコたちが一生懸命生きている姿は頼もしいです。

投稿: 内藤敦司 | 2009年2月 5日 (木) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それでもやめられない | トップページ | チーズ&トマトクリーム »