« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月24日 (火)

サンキューセットふたたび

2009022401マクドナルドで今月9日から、平日のランチタイムに限り、チーズバーガー/ハンバーガーにドリンクとフライドポテトをセットにしたメニューが390円で販売されている(チーズバーガー/ハンバーガー以外のバーガー類のセットは490円)。

バブル崩壊以降、日本経済の乱高下を象徴するかのように、マクドナルドは1990年頃から商品価格を頻繁に変更しているが、これほど明確な値下げは久しぶりである。しかし私にとって印象深いのは、マクドナルドの株価でもなければ、売り上げでもない。この390円という価格そのものなのだ。

1987年、戦後緩やかに成長し続けてきた日本経済が、急激に膨張する、いわゆる平成バブルに突入する直前、マクドナルドは日本進出以来、初めての商品値下げを行った。それがサンキューセットと呼ばれる、ハンバーガーにフライドポテトとドリンクをセットにした、390円の商品である。この企画は現在のように、売り上げの低下を食い止めるためのものではなく、利益率を下げても、販売数を圧倒的に伸ばそうという、マクドナルドの経営方針の完全な転換だったと思う。

サンキューセットが発売される直前のマクドナルドは、私の記憶する限り、ハンバーガーが210円、ドリンクのSサイズが180円。これにフライドポテトを加えると、600円以上のランチとなる。決して安い食べ物ではなかったのだ。それに比べると、当時の吉野家の牛丼は一杯400円。ランチとしてはこちらの方が圧倒的にボリュームがある上に、はるかに安い。

ところがサンキューセットの登場によって、牛丼とハンバーガーの価格バランスが完全に崩壊してしまった。その後の日本の外食産業の混迷は知っての通り。吉野家は最終的に牛丼一杯290円にまで値下げした挙句に破綻した。吉野家だけではない。ラーメン屋、弁当屋、街の定食屋、そういう庶民の昼食を支えていた日本の外食産業が、すべてマクドナルドの価格戦略に歩調をあわせざるを得なくなってしまったのだ。

バブル経済が崩壊し、外食産業はどんどん整理統合され、20年かけてようやく安定した価格になってきた。日本人はもう20年も景気が悪いと言い続けているが、ここでちょっと振り返ってみて欲しい。マクドナルドがサンキューセットを発売する前の、日本の物価(外食に限らず)と、平均的な家庭の収入、これらを比較してみると、明らかに現在の方が、暮らしやすいことが分かるだろう。

バブル経済そのものがなかったと考えれば、日本人の生活は、この20年で随分裕福になったはずなのだ。

| | コメント (4)

2009年2月21日 (土)

バカボン家の秘密

バカボン一家の名前に関する考察。

バカボンというのは、ご存知故赤塚不二夫の、4回もアニメ化されたギャグ漫画のタイトルであり、サブキャラの名前である。メインキャラはもちろんバカボンのオヤジ。

で、多くの読者や視聴者が疑問に感じているのは、息子の名前がバカボンなのに、オヤジには名前がないということ。作中ではオヤジはバカボンのパパ。母親はバカボンのママ。弟には名前があって、ハジメちゃん。

この疑問に対する回答として、私を含め大多数が、バカボンのパパというのは、「〇〇君のお父さん」というのと同じ表現であり、この場合、「バカボン」と言う名前の息子からの一人称視点で、バカボンのパパはその父親であると考えるわけである。当然ハジメちゃんはバカボンの弟。

しかしここでひとつの大きな問題がある。バカボンの家の表札には「バカボン」と記されているのだ。表札には普通苗字を書くものであるし、もし名前を書くとしたら、一家の主の名であろう。ところがバカボンはまだ小学生だし、一流の植木職人であるオヤジが、この一家を支えているのだ。

この疑問に答えつつ、上記の設定に矛盾しない回答は、ひとつしかない。つまり「バカボン」というのは、この一家の苗字なのである。だからバカボンのパパというのは、「〇〇君のお父さん」ではなく、「バカボン家のご主人」という意味なのである。バカボンのママは、「バカボン家の奥様」。ハジメちゃんの名前は「バカボン・ハジメ」。これですべては解決する。残された矛盾点はただひとつ。「バカボン本人の名前」だけである。

バカボンのオヤジは、息子のことを「バカボン」と呼んでいるではないか。息子を苗字で呼ぶ親はいるまい。そうなると導き出される答はただひとつ。

バカボン家の長男の名前は「バカボン」である。彼のフルネームは「バカボン・バカボン」なのだ。これでいいのだ。||:3ミ

| | コメント (4)

2009年2月17日 (火)

上から見下ろす

2009021701そうやって、箪笥の上からベッドを見下ろすと、寝ぼけた飼い主のバカ面がよく見えるだろうな。

ネコっていうのは、ご飯をねだるときには、思いっきり下から目線で、スリスリしながら甘えるくせに、お腹がいっぱいになると、なんでこうも偉そうに、上から目線になるのか。

| | コメント (2)

2009年2月13日 (金)

カラカルの赤ちゃんその後

2009021301近所の獣医科で生まれたカラカルの赤ちゃん。3匹とも元気に成長して、もうイエネコの生猫くらいの大きさになった。相変わらずやんちゃで、仲良し。いつもこうして3匹で遊んでいるし、その姿を両親がやさしく見守っている。

先生の話では、引き取り先の動物園が決まったので、もうすぐもらわれていくのだそうだ。ちょっと寂しいが、出身地が愛知県というカラカルが、これからどこかの動物園で、来客たちにかわいがられることになるだろう。

2009021302両親はいつもラブラブ。雄の生猫は、大きな個体では20kgくらいになるらしいが、こうして見ると、猛獣というより、優しいパパとママ。ライオン以外のネコ科は、家族を持たないはずなのだが、やはりこういう環境では自然に家族の愛情というものが生まれるのだろう。

2009021303ただし、野生のヤマネコには違いなく、先生の話では、子供たちはすっかり人間に懐いているが、親は完全には人間に懐くことがなく、先生自身もよく噛み付かれるらしい。大型犬並の牙を持ちながら、イヌより数倍も早く動き、柔軟な身体はネコそのものである。ネコが好きと言うだけでは、とても世話ができる相手ではなさそうだ。

| | コメント (2)

2009年2月10日 (火)

オロチを見た!

20090210901光岡自動車のショールームで「大蛇(オロチ)」を見た。

本家富山のショールーム以外では、名古屋と東京、大阪にしか展示されていないらしい。総生産台数も、まだ100台程度のはずである。だからショールーム以外ではまず見られないだろう。

「買うお金はありません」としっかり断って店に入ったのに、丁寧に説明をしてくれるし、自社製品の欠点や過去のクレームまで正直に話してくれる店員さんに、パンフレットまでいただいた。実に気持ちのいい接客である。

実物のオロチを見た感想は、手作りの少量生産車ながら、実に丁寧に作られており、パネルのチリ合わせや、凹曲面の塗装などの目に見えるところから、シャシーの整流パネルの組み付け(レーシングカー並にシャシー全面がフラットになっていた)まで、量産車に遜色がないくらい、きれいに組み立てられていた。少なくとも、3倍以上の値段のランボルギーニより、はるかに高品質である。

この車を1,000万円で売るというのは、どう考えても割の合わない商売だろう。これからも光岡には、世界中の多くのメーカが忘れてしまった、面白い車作りを続けてほしいものである。

| | コメント (2)

2009年2月 7日 (土)

チーズ&トマトクリーム

普段カップめんはほとんど食べない。子供の頃、初めて食べた初期のカップヌードルが、とてもまずかったせいもあるが、カロリーや味の濃さの割りに、食べた後の満足感がないのである(最近は低カロリー化しているが)。

それでも学生時代から贔屓にしている銘柄がひとつだけある。日清の「チリトマトヌードル」だ。なぜかスーパーでは滅多に売られていないし、コンビニで1.5倍もの値段で買う気も起きないので、贔屓にしているとはいても、1年に数回食べる程度であるが。

2009020701ところが、そんな私の20年来の嗜好にピリオドを打つときが来たかもしれない。先日コンビニで見つけて、今日初めて食べてみた、同じく日清の「チーズ&トマトクリームヌードル」である。むしろヌードルはいらないから、スープと野菜の具だけにして欲しい、と思うくらい絶妙な風味のスープだった。これはうまい!

ところで、カップヌードルの包装セロファンて、どうしてこんなに開けにくいんだろう。底にシールが付いてから、それでも随分開けやすくはなったが、シールを引っ張ってはがす途中で、セロファンが破れてしまうともういけない。手も足も出なくなるのだ。

そういうときには、その辺にいるネコを無理矢理捕まえて、指をつまんで爪を引き出し、セロファンにプツッと刺して、そのままスーッと引く。これで見事に開けられるのだ。こういうのを昔から「ネコの手も借りたい」と言う。

| | コメント (0)

2009年2月 4日 (水)

お墓ネコたちの幸せな時間

仕事の都合で明るいうちに帰ってくることができたので、久しぶりにお墓ネコたちの様子を見に行った。私が誠心な仏教徒なら、雅子の四十九日の法要も兼ねて、ということになる。

2009020401墓地の植え込みの中にいた、新顔の白ネコ。ずっと前に見ているかもしれないが、この1年くらいここで白いネコは見ていない。シャンプーしたら真っ白な高級ネコになるのだが、このネコたちは、そんな暮らしを求めていないのかもしれない。

2009020402相変わらず人懐っこいクッキー柄ネコ。誰かが作ってくれたダンボールマンションでお昼寝中だったが、私がダンボールのドアを開けると、驚きもせず、何度か鳴いた後、ゴロゴロいい始めた。やはり私の顔を覚えていて、安心して甘えてきたようだ。

2月とはいえ、上着を着ていられないくらい暖かい日だったので、ネコたちは昼寝を邪魔されたくなさそうだった。今日は他のネコは見当たらなかったが、きっとあちこちでゴロゴロ寝ているのだろう。

最後に、雅子のお墓(ペットの共同墓地)と、我が家のお墓に寄って帰ってきた。

| | コメント (2)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »