« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月30日 (金)

それでもやめられない

2009013001写真では分からないが、またロドリゲスの右目の下に傷跡を発見。ロドリゲスに怪我をさせる相手はちろしかいないので、戯れ合いが喧嘩にエスカレートして、本気になったちろが反撃に出たのである。それでもロドリゲスがちろに怪我をさせることだけは、絶対にないのは感心だが。

普段はこんなに仲がいいのだから、怪我をするような喧嘩はするなよと思うのだが、まあそこは人間の兄妹と同じで、妹が本気で怒ると、初めてお兄ちゃんがやりすぎに気付く、というパターンだろうか。

| | コメント (0)

2009年1月17日 (土)

うる星やつら 激辛コーンスナック

2009011701セブン・イレブンの、半額ワゴンに大量に積まれていた、フリトレーのコーンスナック。パッケージに惹かれて、思わず全部買ってしまった。

買ってから車の中でパッケージをもう一度良く見ると、「激辛」ってなに?

そういえば、コミックの中でも、ラムちゃんが星型のスナックをポリポリ食べてたなぁ。それを地球人が食べると、すごく辛いんだった。当時はまだ「激~」なんて表現はなかったけど。

まあお菓子だし、カラムーチョみたいなものでしょう、と思って、家に帰った。

そして夕食の後、1個食べた途端に、ラムちゃんの電撃が走ったぞ。こりゃ売れ残るわけだ。お菓子の辛さじゃない。

しかし考えてみれば、ラムちゃんのパッケージに惹かれて、これを買うようなやつは、30代後半以上の男ばかりだろうから、企画としてはそういう意図だったのかも。ただし、誤って子供に食べさせたら大変だ。

| | コメント (4)

2009年1月12日 (月)

冷え込む成人の日

午前中の雨が嘘のように晴れ渡り(成人式は大変だったと思うが)、3連休の最終日に部屋の中でゴロゴロしていたくなかったので、今にも雪が降りそうな寒さの中、公園を散歩してきた。

2009011201普段寒さや暑さを感じないのだろうかと思っていたが、鴨の胴体と首が一体化しているので、やはり寒いのだろう。みんな同じ場所にかたまっていて、さすがに気持ちよさそうに泳ぎ回っている、お気楽な鴨はいなかった。

2009011202その後車を走らせ、のんびり食事をして、夕方になって帰る途中に遭遇した、見事な夕陽。これぞこの地方の、真冬の風景である。

東海地方の明日の天気予報は、さらに寒さを増し、一部では降雪もありだとか。

| | コメント (0)

2009年1月 7日 (水)

12年ぶりの携帯電話

2009010701今日、携帯電話を契約した。機種は SoftBank の 922SH である。1年前の機種ということで、最近いわゆる「0円携帯」になったようだ。

私が初めて携帯電話を持ったのが14年前。その後 PHS が発売されて、すぐにそちらに乗り換えてしまったので、携帯電話を手にするのは、実に12年ぶりである。

14年前に初めて使ったキャリアは、当時の東海デジタルフォン。その後デジタルフォングループが統合され J-Phone となり、それが Vodafone に買収され、さらに SoftBank に買収されて現在に至る。つまりもとのキャリアに戻ったというわけだ。もっとも今回は機種変更ではない。日常的に使うのは、あくまで PHS の WILLCOM W-ZERO3[es] である。

実は今回携帯電話を契約した目的は、Yahoo!BB の IP 電話との同時利用で、IP 電話と SoftBank の携帯電話との通話が、24時間無料になることを知ったからである。(ホワイトコール24)

携帯電話同士の場合、無料通話は時間が限定されており、当然一番通話量の多い時間帯は、無料ではない。しかし、このホワイトコール24なら、夜家から知人に電話をするという、一番通話時間が長くなりそうな時間帯に、有効利用できるのだ。

IP 電話が安いのは、相手が固定電話の場合だけで、携帯電話だと結構な料金になる。しかし調べてみると、我が家からの主な通話先は、何人かが SoftBank の携帯電話を持っているので、ホワイトコール24を使うと、そういう相手には携帯電話にかけたほうが、トータルの通話料が安くなる計算なのだ。

というわけで、電話会社にとっては、おいしくない客であるが、今回の契約では、パケット定額などのオプションは、一切組み込んでいない。これを読んだ私の知人が、もし今後私に電話するとしたら、SoftBank ユーザでない限りは、今までどおり PHS にお願いします。

| | コメント (0)

2009年1月 2日 (金)

銀嶺

2009010201奥さんの実家に行ってきた。

さすがに岐阜県美濃地方は、愛知県よりはるかに寒く、遠く伊吹山には厚い雪雲がかかり、見事な銀嶺となっていた。

大垣市内からの眺め。

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »