« 1週間が過ぎて | トップページ | ハイオク100円か! »

2008年12月22日 (月)

新しい命

2008122201いつもの獣医科の前を通ると、なんとカラカルに赤ちゃんが生まれていた。失われていく命もあれば、こうして新しく誕生する命もある。それにヤマネコの親子など、動物園でも滅多に見られることのない、貴重な光景である。

この病院へは、先週の火曜日、雅子が亡くなったことを先生に報告してきたが、ロドリゲスやちろがこれからもずっとお世話になるだろう。体が弱く年に一度は何かしら病院のお世話になっていた雅子と違い、ロドリゲスもちろも、今まで一度も病気になったことがない。しかしロドリゲスも来年で10歳。もうそろそろ定期的な健康診断も必要な年齢だ。

|

« 1週間が過ぎて | トップページ | ハイオク100円か! »

コメント

こんにちは。浮雲、いや、めぐみです。私も、猫科の動物が大好きです。トラ、ヒョウなどが可愛いなあ・・・と思います。
ヤマネコなんて、珍しいですね。貴重な写真を有難う。

投稿: 浮雲 | 2008年12月23日 (火) 18時16分

この獣医科には、ゾウガメやアザラシなど、動物園でしか見られないような動物が、他にもたくさんいます。

投稿: 内藤敦司 | 2008年12月24日 (水) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1週間が過ぎて | トップページ | ハイオク100円か! »