« KURUTOGA | トップページ | 今年最後の秋を探しに »

2008年12月 4日 (木)

Nikon D3x

2008120401名古屋まで出かける用事があったので、新装開店したニコンのサービスセンターに足を伸ばして、今月18日に発売予定の Nikon D3x を見てきた。

D3 と全く同じ外観なので、こうして写真に撮っても意味はないし、カメラのメカニズムもほとんど共通なので、シャッターを押しても、D3 となんら変わりはない。高速連写モードに切り替えて撮影すると、このカメラのレスポンスに対して、毎秒5コマというのは、いかにも遅く感じられる。コマとコマの間に、間違いなくもう1コマ写せそうだ。D3 が毎秒9コマを実現しているので、それは当たり前なのだが。このメカニズムに2450万画素のデータ処理速度が追いついていないということである。

やはりこのボディのレスポンスは、高速モデルでこそ真価が発揮されるだろう。とは言ってもこれが D700 並のボディだったら、90万円と言う価格は納得してもらえないだろうから、やはり D3x とするしかないのか。

展示してあったサンプルを見る限り、もはや35mmから中判のフィルム一眼レフの情報量を、完全に凌駕していると言えよう(画質ということになると、好みの問題なので、あえて言及しない)。

|

« KURUTOGA | トップページ | 今年最後の秋を探しに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KURUTOGA | トップページ | 今年最後の秋を探しに »