« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月30日 (火)

2008年写真機材

2008年とは言っても、今年の3月までに集中して写真機材を入れ替えてしまったので、もう1年近くも前の話になるのだが、今年はほぼ完全にデジタル移行の年だったといえる。

まずは RAW データの現像のために、パソコンを2台とも入れ替えたこと。メインマシンは NetBurst の CeleronD から、Pentium4 521 へ、ほぼ現像専用のサブマシンは、Duron から Core2Duo E8400 へ。今年から撮影は基本的に RAW だけで行うようになったので、まず何よりもパソコンのパワーアップが必要だったのだ。

それからレンズをほぼすべて、デジタル時代のズームに入れ替えたこと。単焦点の Nikkor 24mmF2.8D、35mmF2D、50mmF1.4D、85mmF1.8D、Micro60mF2.8D を手放して、標準域は、16-85mmF3.5-5.6G 1本に集約した。それほどこのレンズの解像力は高い。そして、どうしても明るさが欲しいときには、開放でやや解像度は落ちるが、Tamron 17-50mmF2.8 を。マクロ撮影はナノクリスタルの Micro NIKKOR 60mmF2.8G を補助的に使う。広角と望遠は、昨年購入した Tokina 12-24mmF4 と Nikkor VR 70-300mmF4.5-5.6G で賄う。

そして9月には Nikon D300 を入手して、D70 を手放した。つまりこの1年で、D200 を残し、常用する機材はほぼすべて入れ替えてしまったことになる。無駄遣いといえばそれまでだが、芸術性ではなく、情報量を求めるような撮影に関しては、確実に去年までより数段上の結果が得られるようになった。

フィルム撮影機材は、Nikon F80D と、標準ズームである 24-85mmF3.5-4.5G、Tokina 18-35mmF3.5-4.5 を残すのみだが(24-85mm は D100 のキットレンズなので、デジタル世代である)、もはやフィルムでは、上記の機材によるデジタル撮影の情報量を取り込むことはほぼ不可能なのである。

| | コメント (0)

2008年12月26日 (金)

ハイオク100円か!

そろそろ年末の給油でスタンドが混雑しそうなので、今日、今年最後の給油をしてきた。なんとハイオクが1リッター102円である。レギュラーは92円。

私の住む愛知県西三河地区は、全国でもガソリンの値段が安い方なのだが、今の値段は過去10年間の最安値に迫っているのではないか? 今年の夏には、確か最高値190円くらいで給油した記憶がある。あの時は、ハイオク仕様(レギュラーに対応しているが、明らかにノッキングが増える)の愛車を恨めしく思ったものだが。

それでも軽油と灯油は相変わらず高い。以前ならハイオク100円の時には、軽油は60円、灯油は18リッターで700円くらいだったが、今日は軽油が82円、灯油は1100円くらいである。流通業は相変わらず経費が苦しいだろう。

国家レベルで石油備蓄が1週間くらいしかないわが国は、燃料価格の乱高下は防ぎようがないからな。こればかりは民間では対策の立てようがない。

| | コメント (2)

2008年12月22日 (月)

新しい命

2008122201いつもの獣医科の前を通ると、なんとカラカルに赤ちゃんが生まれていた。失われていく命もあれば、こうして新しく誕生する命もある。それにヤマネコの親子など、動物園でも滅多に見られることのない、貴重な光景である。

この病院へは、先週の火曜日、雅子が亡くなったことを先生に報告してきたが、ロドリゲスやちろがこれからもずっとお世話になるだろう。体が弱く年に一度は何かしら病院のお世話になっていた雅子と違い、ロドリゲスもちろも、今まで一度も病気になったことがない。しかしロドリゲスも来年で10歳。もうそろそろ定期的な健康診断も必要な年齢だ。

| | コメント (2)

2008年12月21日 (日)

1週間が過ぎて

2008122101雅子が去って1週間が過ぎた。今日は初めてのお墓参りである。

今までに何度もこのブログに書いた、安城市の霊園にある、ペットの共同墓地。総合斎苑で火葬されたペットは、ここに納骨される。そしてここには、お供えのペットフードで生活している、生きた野良ネコたちもたくさんいる。

2008122102久しぶりに見た美人ネコ。初めて写真に撮ったのは、彼女がまだ赤ちゃんの時だ。今日は母ネコと、弟の黒ネコを見かけなかったが、元気にしているだろうか。人懐っこい母ネコや弟に比べて、この子は随分用心深いが、それでも他の見知らぬネコたちより、近づいて写真を撮ることができる。

2008122103誰かが作ってくれたダンボールの家が、つぶれてしまったようだ。初めて見るネコである。上の美人ネコは、この後この子のそばにいた。ここのネコたちは、食べ物が豊富にあるせいか、縄張り争いはせず、お互いに近い距離で暮らしている。

2008122104これも初めて見るネコ。非常に警戒心が強く、全く近寄れない。後から写真を見て気付いたのだが、鼻に怪我をしているようだ。ここのネコたちが虐待されているとは聞いていないので、ネコ同士の喧嘩によるものなら仕方ないが。

雅子は、これから代々ここの野良ネコたちに見守られて、永遠にここに眠ることになった。

| | コメント (0)

2008年12月14日 (日)

雅子逝く

我が家の長女ネコ雅子が、本日午前8時頃、息を引き取りました。

我が家のネコたちの日記はホームページに詳しく記してありますので、こちらをご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/AtsujiNaito/rodriguez/d20081214.html

| | コメント (6)

2008年12月12日 (金)

木製ブラインド

2008121201最近新規出店や改装したマクドナルドの店舗で、この木製ブラインドを取り付けた店が多い。

プラスチック製のポキポキ折れ曲がっているブラインドを見ると、どうしても直したくなる私としては、これは結構お気に入り。

| | コメント (0)

2008年12月 6日 (土)

今年最後の秋を探しに

2008120601今朝はかなり冷え込んだが、日中は抜けるような青空だったので、今年最後の秋を探しに、近所の公園を散歩した後、デンパークへ。

デンパーク正面ゲート前のセコイヤ並木が、実に見事な紅葉だった。

60mm のマイクロニッコール1本で出かけたので、園内風景を撮るには、焦点距離が長すぎるが、こういうシーンでは、ちょうどいい画角だ。

2008120602続いて園内へ。園内はすでにクリスマス一色で、大温室には何本もの巨大ツリーが飾られていた。

もう少し遅く来ればイルミネーションがきれいなのだが、それは毎年撮っているので、今回は明るいクリスマス風景を。

| | コメント (0)

2008年12月 4日 (木)

Nikon D3x

2008120401名古屋まで出かける用事があったので、新装開店したニコンのサービスセンターに足を伸ばして、今月18日に発売予定の Nikon D3x を見てきた。

D3 と全く同じ外観なので、こうして写真に撮っても意味はないし、カメラのメカニズムもほとんど共通なので、シャッターを押しても、D3 となんら変わりはない。高速連写モードに切り替えて撮影すると、このカメラのレスポンスに対して、毎秒5コマというのは、いかにも遅く感じられる。コマとコマの間に、間違いなくもう1コマ写せそうだ。D3 が毎秒9コマを実現しているので、それは当たり前なのだが。このメカニズムに2450万画素のデータ処理速度が追いついていないということである。

やはりこのボディのレスポンスは、高速モデルでこそ真価が発揮されるだろう。とは言ってもこれが D700 並のボディだったら、90万円と言う価格は納得してもらえないだろうから、やはり D3x とするしかないのか。

展示してあったサンプルを見る限り、もはや35mmから中判のフィルム一眼レフの情報量を、完全に凌駕していると言えよう(画質ということになると、好みの問題なので、あえて言及しない)。

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »