« D300 ファームウェア Ver1.10 | トップページ | ETC 初体験 »

2008年11月12日 (水)

まだマイクロフォーサーズには手を出せない

マイクロフォーサーズが結構売れているらしい。とはいっても、現時点でカメラは実質1機種しかないので、マイクロフォーサーズだから売れているのか、パナソニックの商品企画が成功したのかは判断できないが。

私はフォーサーズには非常に興味はあるが、今のところ、これ(Panasonic LUMIX DMC-G1)に手を出すつもりはない。理由をいくつか上げると、

・値段が高い。ダブルズームキットが EOS Kiss X2 や Nikon D60 よりも高いのに、カメラのポジションが不明。

・大きさが中途半端。レンズ交換式である限り、いくらフランジバックを短縮しても、コンパクトデジタルのようにはならないし、G1 に関して言えば、必要以上にコンサバティブなデザインにこだわりすぎ。

・現時点では、EVF は総合的に、光学ファインダを超えられない。もちろんピントあわせはしやすいだろうが。

さらに心情的に使いたくない理由があり、実はこれが一番の問題。パナソニックはこのカメラを一眼「レフ」ではないから、「デジタル一眼」だと主張しているが、そういうリクツから言えば、光学ファインダーのないほとんどのコンパクトデジタルカメラは、すべて「デジタル一眼」になってしまうではないか。

富士フイルムが、一眼レフのようなカタチをしたコンパクトカメラを「ネオ一眼」と銘打って、まるで普通のコンパクトカメラとは、性能が違うかのような錯覚を起こさせる手口で販売していることに対するものと同様のあざとさを感じるのだ。しかも G1 も明らかに「一眼レフ」をモチーフとしたデザインを採用しており、一眼レフの経験がない顧客が、「デジタル一眼」の定義を、この(一眼レフのような)カタチにあるのだと勘違いしてしまうことを狙っているような気がしてならない。そうなると、マイクロフォーサーズの真打となる、オリンパスのカメラ(デザインはほとんどコンパクトカメラだ)が市場に出たとき、その(ペンタプリズム風トンガリ頭のない)カタチをみて、こちらの方が下級ランクだと思い込み、結果として値下げせざるを得ないようなことにならなければいいのだが。

市場価格を維持するために、数年後に発売されるマイクロフォーサーズが、すべて G1 のような「一眼レフ」風なスタイルになってしまうのではという懸念があるのだ。

|

« D300 ファームウェア Ver1.10 | トップページ | ETC 初体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« D300 ファームウェア Ver1.10 | トップページ | ETC 初体験 »