« まだマイクロフォーサーズには手を出せない | トップページ | スタッドレスは必要か? »

2008年11月13日 (木)

ETC 初体験

長年の沈黙を破って、ついに ETC 導入。

通販で本体を購入、セットアップしてもらい、自分で設置したので、今日動作確認のために、伊勢湾岸道路をテスト走行した。改めて思ったのだが、あそこを減速せずに通過するヤツは、ただのバカだな。私は20km/hでも恐怖を感じた。カードが正しく認識されており、ETC 本体とゲートのアンテナが正常に通信しており、車両が正しく認識されたとしても、ゲートが絶対に開くという保証は、絶対にないのだ。なぜなら、故障しない機械というのは、絶対にあり得ないのだから。

ETC のあり方については、私は完全に反対で、それゆえ自分は導入しないと決めていたのである。そもそもインターチェンジの渋滞緩和、人員削減が目的なら、ETC 利用者を割引するのは意味がない。ETC を無料配布して、全国の料金所を一斉に無人化し、ETC を利用しなければ通行できないようにすべきなのである。ETC と現金支払いが混在するということは、ETC のみの場合だけでなく、現金支払いだけの場合よりも経費がかさむ。その上 ETC 利用者に割引を適用するくらいなら、ETC 本体を無料配布する費用など知れているではないか。

もちろんそんな正論は誰だってわかっている。ETC によって発生する、あらゆる「手数料」と言うヤツが、どこかに流れ込んでいるのだ。そして、この流れを止めるためには、ETC を使わないことしかない。

そんな私のささやかな抵抗だったのだが、ちょっとした私自身の心境の変化で、「ETC 使った方がトクじゃん」と思うようになり(そんなことはわかりきっていたのだが)、とりあえずクレジットカード会社に、先週 ETC カードの発行を申し込んだ。

そして、知り合いの20歳の女の子の「ETC 使った方がゼッタイにいいですよぉ! o(^ ^)o」のひとことで、「うん、そうだね」と、あっさり48歳の男の信念は折れてしまった。

まあ、信念なんてそんなもんですが。

|

« まだマイクロフォーサーズには手を出せない | トップページ | スタッドレスは必要か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだマイクロフォーサーズには手を出せない | トップページ | スタッドレスは必要か? »