« 今日のお墓ネコ | トップページ | 心境の変化 »

2008年5月11日 (日)

母ネコの気持ち

2008051101神社の母ネコ、エサを食べには来ているようだが、最近ここで日向ぼっこをすることがほとんどなくなってしまい、1週間に一度くらいしか会っていないので、休日に私がカメラを持って来た時に、こうして遭遇できたのは1か月ぶりである。

2008051102隣のおばさんも出てきて「あんた、ひさしぶりだねぇ」と言いながらツナ缶を与えていたので、やはりここにはあまりいないようだ。亡くなった子ネコに譲った場所ではあるけれども、もうあの子はいないので、またこの母ネコがここに住み着いてもいいと思うのだが。

2008051103それにしても、いつ見ても美しいネコである。ただ、私はこの母ネコを見るたびに、あの子ネコを思い出し、自分がどうにもできなかったことが歯痒くてならない。

母ネコは私が子ネコを可愛がっているとき、「私の可愛い娘を連れて行かないで」と訴えていたのか、それとも「この子を飼ってあげて」と訴えていたのか、どうしてもわからないのである。そして、もし母ネコがまだ子ネコの事故死を知らないのだとしたら、もしかして、私が連れて帰ってしまったと思っていて、それを恨んでいるのか、安心しているのか、次々と疑問が湧いてきて、ついこの母ネコに問いかけてしまうのである。

そんな私の姿を、見知らぬ通行人が見たら、絶対にあやしいおっさんだと思われ、警察に通報されかねないのだが。

|

« 今日のお墓ネコ | トップページ | 心境の変化 »

コメント

心優しい内藤さんだからこそ、お母さんネコは

話かたのではないでしょうか?

私の悩みを解って・・・(T_T)

私の悲しみをわかって・・・と

母ネコを勇気づけてあげて下さいね


投稿: りんりん | 2008年5月14日 (水) 19時45分

他の野良ネコは、人間と目が合うと逃げるのに、この母ネコは、私をじっと見るんですよ。
でも飼いネコと違って、野良は言葉を発しませんから、どうしても彼女の気持ちが読み取れません。
以前、おなかがすいて鳴いていたときに、「今食べるものを持ってくるから、ちょっと待っててね」と言ったら、キャットフードを取りに行ってくるまで待っていてくれたので、こちらの話はある程度通じているようなのですが。

投稿: 内藤敦司 | 2008年5月14日 (水) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日のお墓ネコ | トップページ | 心境の変化 »