« 天空に昇る階段 | トップページ | 色々な色 »

2008年5月26日 (月)

タカラダニ

2008052601数年前から我が家の玄関のコンクリート手すりに大量発生している、赤い小さな虫。しかし非常に短い期間しか活動していないらしく、じっくり観察しようと思っていても、次に気になったときにはもうどこにも見当たらないので、ついそのまま忘れてしまっていた。

今回はなんとか写真を撮ることができたので、「赤い小さな虫」で検索をかけてみると、これは6本足に見えるが昆虫ではなく、タカラダニというダニの一種らしいとわかった。

初夏の日中にだけ活動するという以外、ほとんど詳しい生態もわかっていないらしい。なるほど、注意して観察しないと、すぐにいなくなってしまうわけだ。

もともとは昆虫に寄生していたのだが、近年なぜかコンクリートの表面を歩き回っているのだという。何を食べて、どうやって繁殖しているのか、夜はどこに隠れているのか、そういうこともまだわかっていないということだ。ただし毒性はまったくなく、アレルギーを起こすには大きすぎるということで、人間やペットには無害らしい。それになぜかコンクリートの表面だけしか歩かないので、部屋の中にはまず入ってこないのだ。

捕まえてみようと指を差し出すと、てんとう虫のように登って来ることはなく、逃げてしまうし、つまもうとすると簡単につぶれて、赤い液体になってしまうので、プレパラート標本が作れない。動きはかなり早いので、写真に撮るときも、あらかじめピントを固定して、画面に入ってきたところですかさずシャッターを切らないといけない。

さて、コイツらはいったいこの灼熱のコンクリート上で、何を忙しそうに走り回っているのだろうか。

|

« 天空に昇る階段 | トップページ | 色々な色 »

コメント

大変珍しい虫を観察してるんですね^_^;

内藤さんの、追求心には脱帽ですよ!

これからも珍しいもの発見の旅は続く?

(*^_^*)

投稿: りんり | 2008年5月27日 (火) 16時07分

ムシはダメです!
ここまで小さくなると(2mmくらい)恐怖心もなくなりますが、蝶々も触れません。
美人を探求するのは好きですけどね、りんりんさん。

投稿: 内藤敦司 | 2008年5月27日 (火) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天空に昇る階段 | トップページ | 色々な色 »