« お墓ネコその後 | トップページ | お墓の黒ネコ »

2008年4月11日 (金)

中判への挑戦

ブローニー判には手を出さないつもりだったのだが、フィルム市場の壊滅的な状況を見るに、35mm判の方が先に消滅する可能性も十分考えられるので、予防措置として、とりあえずスキャナだけを手に入れてしまった。

というほど真剣に考えたわけではなく、40年以上前に父親がヤシカの二眼レフで撮ったフィルムを、できるだけお金をかけずに、高画質でデジタル化しておきたかったからである。

ブローニー対応のフィルムスキャナと言えば、現行製品では実質ニコンの COOLSCAN 9000ED しかないが、カメラも持っていないのに、スキャナに30万円は払えない。当然現実的な選択は、フィルムスキャン可能なフラットベッドスキャナということになる。しかしブローニー判がスキャンできる機種となると、キヤノンかエプソンの最上級クラスとなり、これも新品なら3万円程度はする。だから狙いはもちろんオークションである。

2008041101結果的にキヤノンの2世代前の製品である CanoScan 8400F を、送料込み1万円以下で手に入れることができた。今使っているフラットベッドスキャナがキヤノンの製品なので、ソフトウェアの使い勝手が同じものにしたかったのだ。

2008041102これが驚きのスキャン結果である。写っている無邪気で可愛い男の子は、もちろん45年前の私である。45年前のネガにこれほどの情報が保存されていたのだ。この場所は我が家の玄関前。現在周りの家は全部建て直され、この道路はきれいに舗装され、地下に下水道ができて、ちょうど私が立っているあたりにマンホールがある。こうして時代を超えて情報を正確に伝えられることこそ、写真の価値であろう。

このスキャナの読み取り解像度は 3200dpi であるが、6×6判だと 1600dpi でも1千万画素を超えてしまうので、私は 1600dpi でスキャンし、3072pixel×3072pixel で保存することにした。古い35mmフィルムを 3072pixel×2048pixel で保存しているので、長辺サイズをあわせたのである。

|

« お墓ネコその後 | トップページ | お墓の黒ネコ »

コメント

ワ~~~かわいい(*^_^*)

二歳の内藤王子なんだ!

ご幼少の頃より槍投げの練習ですか!

投稿: りん | 2008年4月13日 (日) 17時57分

何を持っていたんでしょうねぇ?
昆虫は大嫌いなので、虫取り網ってことはないと思うのですが。

投稿: 内藤敦司 | 2008年4月13日 (日) 19時44分

あれれ、影を見るとやっぱり虫取り網のようですね。
捕まえた虫を触ることなんてできなかったと思うのですが。それともこの頃はまだ虫が怖くなかったのでしょうか。

投稿: 内藤敦司 | 2008年4月13日 (日) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お墓ネコその後 | トップページ | お墓の黒ネコ »