« カスタムピクチャコントロール | トップページ | Tamron A16NII SP AF17-50mm F2.8XR Di II LD ASPHERICAL (IF) »

2008年3月29日 (土)

子ネコ逝く

一番聞きたくなかったことだが、神社ネコは先週交通事故に遭って死んだらしい。

神社の前の家のおばさんが、早朝道路で死んでいる子ネコを発見し、市の葬祭センターに連れて行ってくれたようだ。

車2台がようやくすれ違える道路なので、滅多にここで事故は起きないし、子ネコも道路に出てくることはあまりなかったのだが、真夜中か夜明け頃、誰もいない時間に運悪く事故に遭ってしまったようだ。

我が家ではネコ過密状態(人間3人、ネコ3匹)なので、こんなことになるのなら飼ってやればよかったと、思うわけではないが、せめてこの神社にいるたくさんのノラや半ノラたちと同じように、みんなに可愛がられて長生きして欲しかった。

野良ネコの平均寿命は4年足らずといわれているが、この子の命はわずか8か月だった。

もう写真を撮ることもできないので、今日はこの8か月の間に撮った写真を整理してみることにした。

20080329012007年7月25日

おっぱいの大きな母ネコを発見。子ネコが生まれた直後だろう。今思い返してみれば、もしかしたら私と同じ誕生日だったのかも知れない。

20080329022007年8月30日

初めて子ネコを発見。推定生後1か月、ようやくキャットフードが食べられるようになった頃である。この後、毎日母ネコと神社で遊ぶ姿を見るようになった。

20080329032007年9月24日

この頃から、母ネコから少し離れて、一人で遊ぶ姿を見かける。しかしまだ母ネコはいつもそばにいて、我が子をじっと見守っていた。私が写真を撮ろうとすると、子ネコは興味を示すのだが、母ネコは心配そうに見ていた。

20080329042007年12月13日

残念ながらこの間2か月ばかり写真がない。母ネコが子離れして、子ネコ一人でいることが多くなった頃。食べるものはいつでもあるので、栄養状態は良く、ふっくらとしたかわいらしい顔つきになってきた。

20080329052007年12月25日

どうやら神社のこの場所近辺に定住することになりそうだ。しかしまもなく真冬になる。この子にとっては一人で初めての冬を越さなければならない。

20080329062008年1月31日

連日寒い日が続く。風邪を引いてしまったようで、鼻水をだしていることが多く、くしゃみをしながら日向ぼっこをしていた。この頃から前の家のおばさんだけでなく、近所の住人に懐いて、みんなに可愛がられるようになる。

20080329072008年2月11日

道路を隔てて反対側の家の庭にまで散歩に来るようになった。この家の庭は、母ネコが移住した場所なのである。残念なことに、これが今回の交通事故の原因となってしまった。

20080329082008年2月22日

ようやく暖かい日が増えてきて、日向ぼっこや散歩が楽しくなる。晴れている日の日中は、毎日のようにここで過ごす。できればこの道路に出てきて欲しくなかったのだが。

2008032909 2008年3月4日

毎日が暖かくなり、もうすっかり春である。桜満開の1か月前。この子が桜の花びらを全身につけて、神社で転げまわる姿を見たかった。

2008032910 2008年3月13日

これがこの子の最後の写真となってしまった。私がカメラを持って近づくだけで、食べ物を与えているわけでもないのに、甘えて擦り寄って来るので、これからはアップの写真ばかりになりそうだと、それはそれで楽しみだったのだが...

2008032911そして今日。

この子がいなくなった直後から、神社の桜が咲き始め、まもなく満開になろうとしている。たった1年生きられず、初めての桜を見ることもなく、厳しい冬を乗り切っただけで、この小さな命は消えてしまった。

この神社には他にもたくさんのネコがいるので、近所のネコ好きのおばさんたちが、こうしてキャットフードを置いていってくれるのだが、なぜかこの子がいなくなってから、他のネコたちもあまり長い時間この場所にはいないような気がする。人間に可愛がられた子ネコは、きっとネコ社会でも可愛がられていたのだろう。

2008032912せめてこの子がその生涯をここで過ごした事実を、私の記憶とアルバムの中にはとどめておきたい。

|

« カスタムピクチャコントロール | トップページ | Tamron A16NII SP AF17-50mm F2.8XR Di II LD ASPHERICAL (IF) »

コメント

咲きだした
桜の花に
見送られ
終えた命に
涙とまらず


投稿: 美枝 | 2008年3月30日 (日) 09時11分

美枝さん、こちらでははじめまして。
ただひとつ明るい話題は、11月頃に子離れした母ネコに、最近次の子供が生まれたらしいということです。
この子の短かった命が、弟や妹に引き継がれて、長生きできるといいですね。

投稿: 内藤敦司 | 2008年3月30日 (日) 10時49分

可哀想で涙があふれました。
この子猫の成長ぶりをみながら、
どこかでみーちゃんも餌をもらっていれば
いいなと思っていたので。

みーちゃんもあと4年ぐらいは生きてほしいなぁと。
野良ちゃんの世界は厳しいですね・・・

投稿: ゆうゆう | 2008年3月30日 (日) 15時23分

人間が近づくと逃げていく野良ネコではなく、近所の人たちに毎日声をかけられ、みんなに可愛がってもらっていたネコなので、よけいに残念でなりません。
きっと虹の橋で、何十人もの人を待っているのでしょうね。

投稿: 内藤敦司 | 2008年3月30日 (日) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カスタムピクチャコントロール | トップページ | Tamron A16NII SP AF17-50mm F2.8XR Di II LD ASPHERICAL (IF) »