« 2008年パソコン新時代 | トップページ | 春遠からじ »

2008年2月 1日 (金)

母とは違う生き方もある

神社の母子ネコ、母親が子ネコから離れて3か月ほど過ぎた。もちろん母ネコもこの近くに住んでいるので、近所のネコ好きな人たちが、神社の片隅に作ってくれたエサ場に食事をしに来るのだが、母子揃って食事をすることはあっても、母ネコは食事が終わるとすぐに自分の縄張りに戻っていってしまうし、子ネコももう母親の後を追いかけたりはしない。

母親はかなり人間を警戒していて、エサを持ってきてくれる人がいても、その人がいなくなるまでは、なかなかエサに近寄らなかったので、子ネコも母親のそばにいて、人間を警戒していたのである。ところがその子ネコが自立してからは、母親とは違う生き方を選んだようで、この子はかなり人間に甘えてくる。先週もウチの奥さんが買い物帰りに、神社でこの子ネコを見つけて声をかけると、足にまとわり付くようにして、しばらく付いてきたらしい。

2008020101そして今度は私に付いてきた。この写真は、我が家のすぐ近くまで付いてきて、もうこれ以上は甘えられないと悟ったのか、向きを変えて神社に戻っていく後姿。成長したとはいえ、まだ1歳に満たないので、後姿は子ネコそのものである。ちょっと寂しそうな感じもするが、神社にいる限り近所の人たちに可愛がられて、食べ物にも困らないし、子離れしたとはいえ、実の母親がいつも近くから見守っていてくれるので、この子にとっては今の生活は悪くないものだと信じたい。

2008020102帰り際にもう一度こちらを振り返ったところ。ネコ好きなら思わず拉致したくなるかわいらしさだ。残念ながらネコ過密状態の我が家では、拉致は無理。でも近所の誰かが我慢できずに連れて行ってしまうかも。そのときは母ネコに一言断っていって欲しい。

|

« 2008年パソコン新時代 | トップページ | 春遠からじ »

コメント

よくこんなに可愛らしい子猫が
家のそばまでついてきて
拉致したい衝動を抑えられましたね(~_~;)

投稿: ゆうゆう | 2008年2月 8日 (金) 19時32分

近所のネコ好きおばさんたちに可愛がられているので、持ち帰るわけにはいきません。
それにこの子が人間に懐くのを、母ネコはすごく警戒して見ているんですよ。

投稿: 内藤敦司 | 2008年2月 8日 (金) 23時27分

足にまとわりつく姿はかわいいですね。
うちには、隣の家のネコが3匹位かわるがわる常にいますが、
私の姿を見ると、逃げていきます。
子供にはなついているのに‥なぜでしょうね??

投稿: なみりん | 2008年2月 9日 (土) 09時50分

見慣れない人が来たからびっくりしているだけじゃないでしょうか。ネコは犬のように、においで人間を識別できないので、いつも近くにいて慣れた人でないと、近づくだけで警戒しますよ。
この写真のネコも、私が近づくたびに驚いて逃げようとします。しばらく距離を置いて待っていると「あ、いつものおっさんだ」とわかって寄ってきます。

投稿: 内藤敦司 | 2008年2月 9日 (土) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2008年パソコン新時代 | トップページ | 春遠からじ »