« D200 復活 | トップページ | P50 をさらに使い込む »

2007年12月 1日 (土)

実は COOLPIX P50 も復活

2007120101近所の公園で見事な紅葉を撮り、それからカメラのキタムラへ。修理の終わった COOLPIX P50 を引き取りに行った。

実は先日買った COOLPIX P50 が入院中だったのだ。1週間テスト撮影し、どうも画面の右端に比べて、左端の画質が悪いので、厳密なピントチェックをした結果、画面の右側が後ピンで左側が前ピンになることが判明。カメラを買ったキタムラでも、店員さんに現象をしっかり確認してもらい、そのままニコンに調整に出すことになった。

修理伝票を見ると、レンズユニット一式交換となっている。レンズから撮像素子まで一体になっているコンパクトデジタルで、ピント調整などどうやるのだろうかと思っていたら、やはりアセンブリ交換だった。修理に(商品の往復を含めて)5日しかかからないわけだ。

コンパクトデジタルのような量産品では、出荷検品といっても、電源が入らないとか、シャッターを押しても写らないとかいった、致命的な故障以外は全数チェックしないだろうから、こういうことは仕方ない(でなければ2万円でカメラは売れない)。カメラを買って1週間はテスト撮影にしか使わないことにしているのだ。

|

« D200 復活 | トップページ | P50 をさらに使い込む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181661/17246174

この記事へのトラックバック一覧です: 実は COOLPIX P50 も復活:

« D200 復活 | トップページ | P50 をさらに使い込む »