« E-3 | トップページ | リトルワールドにて »

2007年11月22日 (木)

D200 逝く、そして GT-R

Nikon D300 の発売を明日に控えた(実際にはいくつかの店舗で、入荷した商品から販売しているようだが)今朝、私の D200 が、レリーズした瞬間「ぱこっ」とミラーが上がった音だけを残して、エラー表示になり、そのままシャッター切れず、ミラーも降りず、一切の操作を受け付けなくなってしまった。

これは、明日 D300 を買いに行けという、神からの啓示か? なわけはないので、幸い今日仕事が休みだったから、名古屋のサービスセンターに行って、修理依頼してきた。仕方がないから連休は D70 で乗り切ろう。まあこういうときのために、一眼レフは2台体制をとっているのだが。

2007112201帰りは先週買った COOLPIX P50 を片手に、セントラルパークからサカエチカを歩いて、閑散とした平日の午後をパチパチ... 日産ギャラリーにそれはあった。

4.5m そこそこの短い全長に、1.9m の横幅。車高はそれほど低くはないから、まるで立方体から削りだしたようなシルエットだ。

200711220220インチのランフラットタイヤは、どうみてもレーシングコンパウンドなので、走り出したらドロドロに溶け出して、接着剤のようにグリップするだろう。1万kmの走行は絶対に無理。せいぜい5千km程度か。交換は指定のサービス工場で4本同時、それだけで60万円らしい。まあここまで来ると乗用車とは言えないから、それはそれでいいか。

しかしなんで日産は、ここまでカッコ悪いスタイルにしたのだろうか。ケンとメリーより後のスカイラインクーペは、常にカッコよさよりもカッコ悪さの目立つ車だったが、なかでも R32 以降の GT-R は、カッコ悪さの最先端を行っていた。先代 R34 に至っては、醜悪以外の何者でもない。

そしてついにスカイラインの名が取れた R35 である。カッコ悪さを通り越して、もはやここまで来ると 3-D のラクガキだ。

|

« E-3 | トップページ | リトルワールドにて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181661/17157865

この記事へのトラックバック一覧です: D200 逝く、そして GT-R:

« E-3 | トップページ | リトルワールドにて »