« 食料品とクリスマスとネコ | トップページ | 茶臼山の紅葉 »

2007年10月29日 (月)

猛猫注意

2007102901我が家のネコたちのかかりつけの獣医さんに飼育されているカラカル。

世界最大のヤマネコで、大きさはチータほどもある。ネコとはいえ日本では猛獣指定されており、飼育設備を揃えて申請しないと飼えない。

入院中の他の動物との兼ね合いで、狭い部屋に入れられているときは、窓の外から眺めている人間を威嚇するが、今はかなり広い部屋に入れられていて、ご機嫌な様子。こうして昼間はいつも寝ている。

この姿はまさにネコそのものだ。

|

« 食料品とクリスマスとネコ | トップページ | 茶臼山の紅葉 »

コメント

ネコを越えたような風格がありますね!
かっこいい~
どんな風に鳴くんだろう?!

投稿: はるな | 2007年10月30日 (火) 20時13分

身体が大きいですから、ゴロゴロ、グルグルもネコよりはトラやライオンのような低くて大きな音らしいです。
ちなみに、ヤマネコは小型でも「にゃ~ん」とは鳴きませんよ。あれは子ネコが母親に甘える声です。飼い猫の場合、大人になっても精神的に飼い主に甘えているので、にゃ~んと鳴くらしいです。

投稿: 内藤敦司 | 2007年10月30日 (火) 22時38分


久々にカキコします

ほんとにカッコいいですね!

他を寄せ付けない風格がありますね☆
   

投稿: ☆ジーナ☆ | 2007年11月 2日 (金) 07時42分

☆ジーナ☆さん、お久しぶりです。
あちらではしばらくお休みなんていう話だったので、どうされたのかちょっと心配でした。

このカラカルは女の子です。
サーカスにいたのですが、白内障になってしまい、先生が引き取られたそうです。
ネコといっても、牙は大型犬よりも大きいくらいなので、暴れたら怖いですね。
でも我が家のネコを連れて行ったときに、ガラス越しに対面させたら、二人ともじっと見つめあっていましたよ。お互いに「なんかちょっと変わったネコだなぁ」といった雰囲気でした。

投稿: 内藤敦司 | 2007年11月 2日 (金) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181661/16915170

この記事へのトラックバック一覧です: 猛猫注意:

« 食料品とクリスマスとネコ | トップページ | 茶臼山の紅葉 »