« スーパーマルチメディアマシン | トップページ | miniSD カードリーダの末路 »

2007年10月 1日 (月)

D200 の JPEG も RAW から生成

9月21日のブログに、D70 のワークフローについて書いたが、想像以上に画質がいいので、D200 のワークフローも同じように変えることにした。

元々 D70 の画像が D200 のものに比べて、暗く青っぽいから、それを D200 にあわせるためのバッチを作って、RAW から JPEG に変換したものを、保存用データにするということだったが、このとき暗さを補うために、ややプラス側に露出補正をかけて、さらにトーンカーブを逆S字に調整している。JPEG でこの操作をやると、あからさまに階調トビを起こすのだが、12bit/Color の RAW からこの処理をしたものを、最終的に 8bit/Color の JPEG に出力しても、当然ながらほとんど階調トビが発生しない。しかも画像の加工過程で圧縮ノイズが一切混入しないので、解像感が非常に高い。

D200 のワークフローでは、色調や明るさはデフォルトの設定で問題ないので、RAW データをほとんど触らずに JPEG に変換するだけだが、室内のフラッシュ撮影用に、別のバッチを作成した。白ネコと黒ネコというのは本当にデジカメ泣かせで、とにかく露出が難しい。我が家のロドリゲス・アルベルトも例に漏れず、平均的な露出値で撮影すると、フラッシュ光が毛に反射して、予測不可能な白トビを起こす。だから基本はアンダー気味に撮って、後からトーンカーブ補正することが必要である。それを JPEG で処理するよりは、やはり RAW からの処理の方が、圧倒的に画質の低下が少ない。PC の画面で、50% 表示でパッとみてわかるほどの違いである。

12bit RAW は 8bit JPEG に対し、計算上は16倍の階調を持っている。実際にはどうやら RAW データは、輝度 0 以下や、輝度 255 以上のダイナミックレンジを持っているようなので(露出補正すると隠れていたヒストグラムが出てくる)、16倍もの階調を持っているわけではないが、元の画像の半分くらいのヒストグラムレンジを切り出しても、全く問題はない。つまり撮影時にコントラストの低い、いわゆる眠い画像を撮っておいても、撮影後露出補正やヒストグラム調整を、かなり大胆に触ることができるというわけだ。

よく考えてみれば、これはまるで銀塩モノクロフィルム時代に(今でもやっている人はたくさんいるが)、軟調なフィルムで撮影し、軟調な微粒子現像を行い、最終的に3号や4号の硬調な印画紙で、コントラストを調整していたのと同じではないか。この方法は、最も安全で階調を無駄にしない手段である。

2007100101JPEG からトーンカーブ補正で暗部を持ち上げると、たとえば瞳の中に、暗部ノイズと圧縮ノイズと階調トビの混ざった、ザラザラのにじみが出やすいのだが、RAW からだとほとんど気にならない。

|

« スーパーマルチメディアマシン | トップページ | miniSD カードリーダの末路 »

コメント

ロドリゲスのアップは可愛い♪
私もプロフアップしにといた
ロドリゲスと一緒だぁ~~~v( ̄Д ̄)vイエーイ

投稿: はるな | 2007年10月 2日 (火) 18時59分

コイツらを撮るために、一体いくらカメラ関係にお金をかけて、どれだけ撮影と画像処理に時間をかけているんだか。
まあキリがないから楽しめるんだけど。

プロフィールは、衝撃の映像公開ですね。
ネットアイドル目指しましょう!

投稿: 内藤敦司 | 2007年10月 2日 (火) 23時22分

内藤さん...今度の会社ね。エクセル使うのよ
私は簡単な表くらいしか使えなかったのだけど
色々教えてもらった...
でも【v6?】がイマイチ(>_<)
会社いってくるね...

投稿: はるな | 2007年10月 3日 (水) 08時03分

私はコンピュータのことは学校で教えていますが、Excel とか Word とか、特定のアプリケーションのことはよくわからないんですよ。
財務系や金融系の関数とかはさっぱりです。まあ普通にデータの管理で使う程度です。マクロを作ることならできますよ。

ところで、【v6?】って、何でしょう??

投稿: 内藤敦司 | 2007年10月 3日 (水) 15時33分

(これ読み出すのも作るんですがCSUファイルだったっけ?)マクロを読み出して種類別にそれをいくつも出すんですよ...で、エクセルで集計するの...
わたし、③日目ですヽ(;´Д`)ノ
今までは表の作成くらいしか...

w(゜o゜)w オオー!ネ申よーーーー
ブイロクっていうのかは分からないですが...
fのところ
今見たら関数貼り付けだった...(¨;)
クリックして他の表のデータを読み込むのですが...
これがむずい。
コピペで取れるのなら良いけど...
でも苦労して完成したのが出来たら
皆がほめてくれた(^^)v

投稿: はるな | 2007年10月 3日 (水) 19時58分

あやややや...
全然文章が通じてないぞ!?
もしかして文字化けしてる?
まさか携帯電話の顔文字とか使ってないよね?

投稿: 内藤敦司 | 2007年10月 3日 (水) 23時58分

先生~ヽ(;´Д`)ノ 私を見放さないで...

投稿: はるな | 2007年10月 4日 (木) 20時37分

見放してないよぉ
10月3日の朝と夜のコメントの意味がぜんぜん通じていないんです。
難しい話なら、メールで送ってくれてもいいですよ。

投稿: 内藤敦司 | 2007年10月 4日 (木) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181661/16635477

この記事へのトラックバック一覧です: D200 の JPEG も RAW から生成:

« スーパーマルチメディアマシン | トップページ | miniSD カードリーダの末路 »