« ネコ撮りカメラ | トップページ | 夏到来 »

2007年7月21日 (土)

Nikon COOLPIX 5600

またまたまたつまらぬものを落札してしまった...

20070721012005年2月発売の500万画素機、Nikon COOLPIX 5600 である。

しかし今回はこれで終わり。当分オークションには手を出さないだろう。なんといってもこの COOLPIX 5600 は、発売当時かなり気になっていて、半年後くらいに値崩れした際、カメラ店のワゴンに山積みされているのを見て、何度買いそうになったかわからない、忘れられない機種。そんな時、大抵は COOLPIX 4500 を持ち歩いていたので、「わざわざこんなオモチャのようなカメラを買う必要はない」と自分に言い聞かせて思いとどまったのだ。

クラシックカメラの収集家というのはよく聞くし、絶滅しつつある20世紀末の高性能なフィルムカメラを、何台も手元に確保しているカメラマンも多い。しかし、2~3年前のコンパクトデジタルの収集家というのはほとんど聞いたことがない。だからこのテのカメラには、プレミアム価格が付かないし、流通量も豊富で手に入れやすい。

私自身はこれらを収集しているのではなく、世間の流行から2~3年遅れて、新しいカメラに買い換えているのだ。これで、今まで使っていたコンパクトデジタルを、すべて新しい世代のものに入れ替えることができた。カバンの中に入れていつも持ち歩くカメラは Konica Revio C2 から Nikon COOLPIX 5600 へ、奥さんに渡しておいて、ネコたちの普段の表情や、夫婦で出かけたときに写真を撮ってもらうカメラは Nikon COOLPIX 800 から COOLPIX 4100 へ。居間に置いておいて、夕食後にネコたちの遊ぶ姿を記録しておくカメラは、OLYMPUS Camedia C-2 Zoom から FUJIFILM FinePix A310 へ。

2007072102前回落札した COOLPIX 4100 は、ほとんど記憶にない機種だったので、私はてっきりこの 5600 と 4100 は、画素数だけが違う姉妹モデルだと思っていたのだが、実際に手に入れてから調べてみると、発売時期が1年近く違うし、筐体も一回り小さくなっている。ニコンのホームページでスペックを比較してみると、回路も省電力化され、アルカリ電池での使用時間が2倍近くに伸びている。

それにこれはこのクラスのコンパクトデジタルとしては非常に画質がいい。使い方によっては、COOLPIX 4500 の代わりにもなりそうだ。

|

« ネコ撮りカメラ | トップページ | 夏到来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181661/15838535

この記事へのトラックバック一覧です: Nikon COOLPIX 5600:

« ネコ撮りカメラ | トップページ | 夏到来 »