« メールが送信できないぞ | トップページ | 名駅から栄まで »

2007年7月 5日 (木)

Nikon COOLPIX 4100

また、つまらぬものを落札してしまった...

2007070501 400万画素コンパクトデジタルカメラ、Nikon COOLPIX 4100 である。

一眼レフを持ち歩かない、普段の外出時にメモ撮り用として使う予定だ。同じ目的のカメラとしては、過去にオークションで落札した、Konica Revio C2 と OLYMPUS CAMEDIA C-2 Zoom (どちらも2002年発売)があるが、今回はこの2台のリプレイスである。メモ撮りカメラで撮影した写真の最終出力サイズが、以前に比べて大きくなったから、より高画素なカメラが必要になったのだ。

メモ撮りカメラで撮影した写真は、主に自分のホームページの素材にしたり、知人の画像掲示板に貼り付ける素材にすることがほとんどなのだが、前記の Revio C2 や CAMEDIA C-2 Zoom を入手した時代と今とでは、サーバの容量が全然違って、ホームページ用のディレクトリ領域が増え、掲示板に貼り付けられる写真サイズの上限も大きくなったおかげで、昨年あたりから、私自身のアップロードサイズのデフォルトを、384 * 256 ピクセルから 768 * 512 ピクセルに引き上げたのである。

鮮明な画像を表示するために、私のワークフローは、デジカメで撮影した元データに対して、面積比で4分の1以下に縮小し、アンシャープマスクをかけることを基本としている。4分の1というのは、最低限輝度情報をナイキスト周波数以内に収めるための理論値である。したがって、最終出力が 768 * 512 ピクセルであるなら、1536 * 1024 ピクセルのデータが必要となる。これは200万画素のデジカメで得られるギリギリの値であるが、傾き修正、レンズの歪曲収差補正、トリミングのための余裕を考えると、少なくとも300万画素は欲しい。

もちろんメモ撮り用カメラは、普段の荷物に加えて、難なく持ち歩ける大きさである必要があるので、一眼レフや高倍率ズームタイプは論外である。しかし広角側の画角はできるだけ広いほうがいい(無理は言わない)。

さらに利用目的から考えて、電池の持ちは、撮影可能枚数よりも、カメラに入れたままでしばらく使わなかった場合の、対応能力が重要だ。そうなると、自己放電の多い充電式よりも、単三型電池が使える方がいい。ニッケルマンガン電池(オキシライド等)や、単三型リチウム電池、あるいは単三2本型の CR-V3 等が使える機種なら、撮影可能枚数も自己放電特性も、ほとんど気にしなくていい。もちろん撮影枚数が多いときには、単三型ニッケル水素電池を使えばいいのだ。

もうひとつのコダワリは、光学ファインダ。貧弱な光学ファインダの性能評価などはどうでもいい。バッテリー警告が表示されて、それでも尚、液晶パネルを消灯させれば、何枚かは確実に撮影できるという保険が重要なのである。

最後に、これがホンネだったりするのだが、SD カードに記録するカメラが欲しかったのである。むしろ SD カードを使うために、カメラを買ってみたというのが正解かもしれない。実は私、今の時代に SD カードを使うデバイスを何一つ持っていないのだ。世間は SD カードであふれかえっているというのに、私はまだ触ったことすらない。マルチカードリーダには、使われることのない SD カードスロットが、寂しく口を開けている。

2007070502 とりあえず簡単な動作確認をしてから、ニコンのホームページでスペック等を詳しく調べてみたら、COOLPIX 4100 の発売は、2004年6月。なんと、私が持っているカメラの中では、D200 (2005年12月発売)に次いで新しい機種である。上記の2002年発売のコンパクトデジタルとは、画質もレスポンスも格段に違うわけだ(これは決して速い機種ではないが)。

機能はすべてオートで、ISO 感度の手動設定すらできない。もちろん露出はプログラムオートのみである。しかしこれは全く問題にならない。このクラスのレンズでは、たとえマニュアル操作ができても絞りの選択幅がほとんどなく、望遠端では 1EV から 2EV 程度のものがほとんどだ。そうなると、絞り優先オートなどがあっても、実際にほとんどの露出制御はシャッター速度側をシフトさせなければならず、事実上絞り2段階の固定絞りオートに過ぎない。このカメラにいたっては、虹彩絞りすら存在せず、なんと ND フィルタ式の透過率切り替えであるが。

まあここまでシンプルだと、気持ちがいいではないか。もちろん露出固定したい場合は、パノラマアシストモード(最初の一コマで露出が固定される)を使えばいいし、センター AF で、AF ロックも可能なので、置きピン撮影もできるし、工夫すればこれで困ることは何もない。

というわけで、このデジカメが私に SD カード初体験をさせてくれることになる。今日は仕事帰りに格安の 1GB SD カード(SDHC には対応していないので、2GB が上限)を買ってきた。

|

« メールが送信できないぞ | トップページ | 名駅から栄まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181661/15664936

この記事へのトラックバック一覧です: Nikon COOLPIX 4100:

« メールが送信できないぞ | トップページ | 名駅から栄まで »