« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月27日 (日)

ロドリゲス

サーバを撤去してしまったので、そこで公開していた我が家のネコたちの日々のスナップの写真置き場がなくなってしまった。私自身が積極的に写真を撮ってやるためにも、このブログに引っ越して、引き続き公開することにした。

2007052701

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

chu! SHOP

2007052601名古屋名鉄百貨店にある、中京テレビのオリジナル商品ショップ「chu! SHOP」に行ってきた。正面にいるのは、中京テレビの謎のキャラクタ「チュウキョ~くん」。ローカルニュース番組や、番組コマーシャルの放送では、このチュウキョ~くんが画面内を飛び回るのだ。

2007052602 ショップに来ていた若い女の子は、チュウキョ~くんのぬいぐるみやストラップを見て「かわいい」を連発していたが、私の目的はもちろんこっち。中京テレビのアイドル、本多小百合アナウンサー

確かに彼女のオリジナル商品はいくつもあったが、残念ながらメモ帳やらストラップに彼女のイラスト(とても似ているとはいえない)が書いてあるだけで、写真の類は一切なし。もちろんリアルタイプ等身大フィギュアもなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

Canon PIXUS iP4300

19日のブログに書いたように、ほぼ7年ぶりにインクジェットプリンタを買った。CMYK の4色染料インクに、テキスト印刷用の顔料黒インクがセットできる機種である。それまで使っていたのは同じキヤノンの BJ-F210。さらにインクのストックを削減するために、奥さんのパソコンにも同じプリンタがある。

仕事で紙に印刷することはほとんどないし、写真は近所のキタムラでフロンティア出力してもらうので、この7年間プリンタはあればそれでいいという状態だったため、毎年秋に発売される新機種にもほとんど興味はなかったのだが、3年前キヤノンが初めて前面給紙カセットを装備したときに、ちょっと欲しいと思った。印刷枚数が少ない私は、ASF に A4 普通紙をまとめてセットしておくと、1か月以上給紙しなくてもいいことがある。おかげで最後のほうの紙はフチがカールしてしまい、使い物にならなくなってしまうことも多い。その点用紙を平らに置いて、剥き出しにならない給紙カセットがあれば、安心して大量の用紙をセットしておける。大型のレーザープリンタのように使うことができそうだと思ったからである。

しかし欲しいとは思いながらも、まだ使えるプリンタがあるのに、2万円近い出費は無駄だと思ったし、奥さんと共用のインクのストックが大量にあったので、新機種を購入するには至らなかったのだ。そして今回、そろそろインクが減ってきたので、追加しようかと思い始めていたとき、近くの家電量販店でこのプリンタが大幅に値下げされていることを知り、いったん家に帰ってネットで調べてみて、通販なら12,000円程度で買えることがわかったのである。私の記憶では期間限定の特別な安売りでない限り、最近まで店頭では18,000円程度だった。

日本国内での家庭用プリンタの販売は、当然新製品発売時期の10月頃から年末にかけてである。やはり今は一番売れない時期だから、メーカ出荷価格も下がっているのだろうか。いずれにせよ、このプリンタのランニングコストが安いことは、掲示板などの情報でほぼ確実だったし、新たに今のプリンタのインクを何セットか買うとなれば、1万円くらいの出費は必要になる。ならば残ったインクをすべて奥さんのプリンタ用に割り当てて(奥さんはさらに印刷しないので)、私はそろそろ新調してもよいのではないかと考えた。

そしてたまたま名古屋に行く用事があったついでに、価格調査のためにビックカメラに寄ったら、なんと店頭価格で12,200円になっているではないか。これは通販の底値に近いし、さらに20%のポイントが付いている。私は基本的にポイントは割引とは考えていないのだが、確実に消耗品が必要になるプリンタだけは、ポイント込みで値段を考えてもいい。そこで今回はプリンタを現金で購入し、ポイントで顔料黒インクを1本つけてもらうことにした。カラーインクに関しては、今後の消耗度合いを見てストック数を考えよう。

2007052101セットアップが終わって、何枚かテスト印刷をしてみると、確かに7年間の進歩に驚いた。印刷開始時に15秒ほど待たされるが、A4 用紙1枚あたりの印字速度は、一般的なカラー混じりのモノクロテキスト文書で5秒くらい。フォトペーパーに最高画質で印刷しても1分程度である。印刷品質はさらにすばらしい。顔料インクのおかげで、テキストはまるでレーザープリンタのようだし、写真など本当に4色インクかと目を疑いたくなるほどの出来栄えである。確かにこれなら画質でフロンティアと十分勝負になるだろう。まあそれでも私は写真をインクジェットで出力したいとは思わないが。

2007052102 ただひとつ、大きな欠点は、筐体が巨大で置き場所に困ると言うことである。今までの BJ-F210 が、A4 プリンタとしては非常にコンパクトだったのが災いして、今の私の部屋には、この iP4300 を、排紙トレイを引き出したまま置ける場所がないのだ。近いうちに部屋のレイアウトを変えないといけない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

窓枠で切り取られた構図

2007052001安城市民ギャラリーにて。ここは入場無料(併設した歴史博物館の展示室は有料)だし、館内がとても静かで、美術・写真関係の雑誌や本を自由に読むことができるので、時々利用している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

13階のオープンテラス

2007051901今日は仕事上の付き合いのある女性二人と、名古屋で食事をした。JR セントラルタワーズ13階のオープンテラスである。身を乗り出すことはできないが、高所恐怖症の私にとっては、ほぼ限界。美女二人に囲まれていなかったら、落ちることばかり考えて、食事などとても無理な場所である。

このあと、二人と別れて私はビックカメラ駅西店に行き、インクジェットプリンタを購入したのだが、まだ開梱すらしていないので、そのレポートは後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

新顔

2007051501仕事が早めに終われば、まだ明るいうちに帰ることができる季節になったので、久しぶりにノラ探しをしてきた。とはいっても最低 ISO400 が必要。すぐに感度を変えられるデジタルならではの使い勝手だ。

2007051502 最近神社で頻繁に見かける新顔の美人ノラ。まだ警戒心が強く、1メートルくらいまでしか近づけない。グリーンの瞳が美しい。それにしても、なぜ我が家のネコよりきれいなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

恐怖の超猿人

20070511012年ぶりに日本モンキーパークに行ってきた(チンパンジー、ちんこ出てるぞ)。ウルトラセブン第44話「恐怖の超猿人」のロケ地にも使われた、日本一のサルの動物園である。

ところで、ここは県営空港となった小牧空港(自衛隊と共同利用)のすぐ近くなので、頻繁に自衛隊機が離発着するのだが、今日はすごく懐かしい機体を見た。

2007051102F22 が就役しようかという時代に、F4 である。まだ運用していたのだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

進歩はあるのか?

連休最終日は終日雨模様だったので、安城歴史博物館に行ってきた。ちょうど「くらしを変えた電化製品」という企画展をやっていて、見に行きたいと思っていたのだ。

私が生まれる少し前からの家電品の歴史中心で、子供の頃、まだ我が家に置かれていた真空管ラジオや、手回し式脱水機の付いた洗濯機など(いずれも物心が付いたときには粗大ゴミと化していたが)、記憶にはあるが、懐かしいとも言えないようなガラクタが多数展示されていた。

2007050601写真は展示会場の前にあったテレビ。中央がモノクロの後期のもの、右がカラーの初期のもの、この2台はほぼ同時代だろう。左が最新型と思われる液晶タイプだ。

地上デジタル放送時代になれば、また評価も変わるだろうが、現時点では、どのテレビも、投影する内容に違いはない(当然だ)。確実に退化したと思われるのは、液晶やプラズマの場合、ネコがぶつかって倒れただけで、簡単に破損してしまうということ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

みどりの日

2007050401今日は連休の真ん中、みどりの日。あれっ!? 5月4日は「国民の休日(祝日ではない)」、みどりの日は、確か4月29日だったのでは? 昭和天皇が崩御されて、1989年以降、天皇誕生日が12月23日となり、4月29日はみどりの日となったと記憶していたのだが、私の勘違いだろうか。まさか、いつの間にか変わっていたのを、私だけが知らなかったとか。でも祝日を変更するのなら、国会で法案が可決され、公布された後、一定期間後に施行されるはずなのだが。

どうにも腑に落ちないので、Wiki などで調べてみたら、やはり2005年5月13日に参院本会議で可決されていたそうな。もしかして私以外の国民の皆様にはすでに常識ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »