« 色彩が戻ってきた | トップページ | あったかシリアル »

2007年1月29日 (月)

春の準備

と言っても服のことではない。

2007012901 3本/年あたりで下げ止まった、私自身のフィルムの消費量。桜の季節を含む春には最低1本なのだが、今回は27日に発売されたばかりの2007年版 fortiaSP を奮発した。加えて、保険のために定番の Velvia100 も押えておいた。

初代 fortia と fortiaSP は、5本パックでしか発売されなかったので、興味は持ちつつも、結局使わずじまいだったのだが、今回は限定ながら1本パッケージが発売されたので、なくならないうちにとりあえず1本は確保したわけである。もっとも現像後にこの1本が気に入って、次に手に入れようと思っても、おそらくもう手に入らないと思うが。かといって、かつての Velvia よりも、さらに硬調、高彩度だといわれる、この fortiaSP を、数本ストックしておく根性はない。

今回の買い物、Velvia100 が\800で、fortiaSP が\1,200だった。まもなくオリジナルの Velvia の色調を再現した VelviaII が発売されるというが、これもやはり\1,200程度になるだろう。数年後には\1,500くらいにまで値上がりするかもしれない。某雑誌の座談会記事で、カラーリバーサルフィルムの上限価格は\2,000だろうと書かれていたが、その頃には現像料金も\2,000程度になっているだろうから、フィルム1本あたり\4,000、1コマあたり\100強ということになる。それを上回ったら、アマチュアの趣味では手が出ないし、プロの仕事では採算が合わないということだろう。

しかしフィルム購入や、現像料金などの、消耗品費の代わりに、最新型のデジタルカメラを買い続けなければ成立しない写真業界というのも、なんだかむなしい気がする。

|

« 色彩が戻ってきた | トップページ | あったかシリアル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181661/13706297

この記事へのトラックバック一覧です: 春の準備:

« 色彩が戻ってきた | トップページ | あったかシリアル »