« マクドナルドとスタートレック | トップページ | 私は顔キレイ »

2006年12月25日 (月)

クリスマスには電球を

2006122501 安城産業文化公園デンパークのクリスマスイルミネーション。

最近のイルミネーションは、発光ダイオード(LED)を使った、青や白のものが多くて、あれはあれで鮮やかだし、省エネとか考えれば悪くはないのだろうが、ここデンパークのイルミネーションは、12万個の電球なのである。野外の展示が多く、屋内も大温室で暖房ポカポカというわけではないので、電球色の暖かくやわらかい光が心地よい。

こういうイルミネーションを見ると、やはり北半球のクリスマスは、寒い中で暖かさを感じるものがいいと思う。マッチ売りの少女の話や、フランダースの犬の話が、青白い光がチカチカ輝くクリスマスイルミネーションの世界だったら、人々はあの不幸な主人公と対比して、自分たちがどれだけ暖かく幸せな生活をしているのか、情景から感じ取るのは難しいだろう。

|

« マクドナルドとスタートレック | トップページ | 私は顔キレイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181661/13202992

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスには電球を:

« マクドナルドとスタートレック | トップページ | 私は顔キレイ »