« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

散財記録

今年は久しぶりに新品で一眼レフを買ってしまったし、それと前後してレンズも何本か新調してしまった。

Nikon D200 --- ここまでカメラにお金を掛ける気はなかったのだが、D80 が発表されて、すっかり買う気になっていたところに、少しずつ値下げしてきた D200 が視野に入ってしまったのがいけなかった。まあしかし、結果として絵作りは断然 D200 の方が好みなので、これはいい買い物だったと思う。当分他のカメラが欲しくなりそうもないし。

AF-S DX ZoomNikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G --- D70 を買ったとき、このレンズがどれくらい使えそうなものかわからなかったので、レンズキットにしなかった。しばらくして SIGMA 18-50mm F3.5-5.6 DC を買ったのだが、望遠側にもう少し欲しかったのと、超音波モータの魅力に引かれて、結局手に入れることになった。

AF ZoomNikkor ED 28-200mm F3.5-5.6G --- ずっと以前から気にはなっていたのだが、カタログ落ちしてしまったので、急いで中古を手に入れた。高倍率ズームは今まで興味を持っていなかったのだが、デジタル一眼レフで使うと、いつでも望遠になる標準レンズとして、非常に重宝する。28mm側に固定して使うと、口径は F3.5 で、単焦点の F2.8 と半段しか違わないし、大きさも単焦点レンズと変わらないのだ。前玉径が小さく、フィルムで撮ると周辺減光が著しいが、デジタルだとほとんど気にならない。

AF-S VR ZoomNikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G --- これこそ待ち望んでいたレンズだったので、発表後すぐに予約して、発売日に手元に届いた。もはや望遠域で手ぶれ補正は必須の機能かも。画質も今までに使った望遠レンズの中では一番いい。

結局ニコンの罠にはまって、デジタル用にすべて ED レンズを買いなおしている。実際それで画質が良くなっているのだから悔しい。

それにしても、1年間に30万円近くの出費で、ほとんどは我が家の3匹のネコを撮っているだけだ。日本人がもっとネコやイヌを飼えば、内需景気はもっと拡大するということだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

遠近感が崩壊する街

2006122901 20年前までは、住宅と商店街しかなかったのに、すっかり高層ビル街になってしまったわが街。しかもここ数年、写真のような超高層マンションの建設ラッシュである。なんでも愛知県の西三河地区というのは、全国的にめずらしく若年層人口が増加しているらしい。今でも小学校が新設されているくらいだ。

この写真は、病院の跡地から高層マンション街を撮ったもの。病院は郊外に移転して、超巨大病院になってしまった。

実は真ん中の一番大きなマンションが、一番遠くにあるのだ。わざと遠近感が狂ってしまうような構図にしてみた。今、街のあちこちで、こんなエッシャーの絵のような風景が見られる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

ケンコー影取り

2006122701 こんなものを買ってしまった。商品名はそのまんま「影取り」。レンズのフードに装着するだけで、内蔵フラッシュ撮影での影をボカしてくれるというもの。こういうものは、本来被写体のすぐ近くに置かないと意味がないのだが、まあそれほど高いものでもないし、どれほどの効果があるのか、興味半分で注文してしまった。

2006122702 2枚目の写真が、内蔵フラッシュ直焚き。効果を強調するために、ギリギリまで背景紙に近づけて撮影したので、見事に影がクッキリ。毛並みも反射してギラギラである。我が家の巨大ネコも白いので、フラッシュを使うとこんな感じになってしまう。

2006122703 3枚目が「影取り」を使った場合。確かに、背景紙に写る影は日中のように自然な感じになっているし、毛並みもギラギラしていない。小物撮影用の組み立て式フォトスタジオに比べると、効果は少ないが、まさか本物のネコをフォトスタジオの中に入れるわけにもいかないし、これはこれで使い道がありそうだ。

ただしカメラにこの「影取り」を付けて、野良ネコを撮っていたら、絶対に怪しいおっさんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

私は顔キレイ

富士フイルムのデジタルカメラの CM である。エビちゃんが「顔キレイ」というのは、嫌味じゃないが、今までのあのテのギミックには興味がなかった。カメラが顔を認識しても、撮影者には無関係なことだからである。しかし今日、実際にあのカメラを店頭で触ってみて、顔キレイナビの性能には驚いた。

カメラのレンズを適当に向けると、画面内に入った、正面を向いた人間の顔を、何人でも瞬時に検出し、ターゲットスコープがロックオンされ、シャッターを半押しした瞬間に、最も大きく写っている(≒近くにいる)顔にピントを合わせるのだ。まるで、F-14 がフェニックスミサイルを標的にロックオンするがごとくである。(私は F-14 に乗ったこともないし、フェニックスミサイルを発射したこともないので、ゲームセンターの話だと思ってもらいたい。)

カメラ店の受付カウンターに向けると、もちろん店員はすべて認識するが、カウンターの上に貼ってある、サンプルの写真に写っている人間の顔も認識した。30度くらいまでの傾きなら、顔として認識するようだ。

ここまでならすごいけれど必要のない機能である。私が驚いたのは、画面の端の方に人の顔が入っていることを、撮影者が認識しなくても、カメラはしっかりと認識してくれていることだ。この機能を応用すれば、カメラを固定して待機モードにし、画面に人間が入ってきたときに、自動的に撮影ができるようになる。

オートフォーカスが実用化されるより以前、フォーカスエイド機能を使って、オリンパスは画面内のピントの合う位置に被写体が来たときに、自動撮影するカメラを発売していた(OLYMPUS OM-30)。それがやがて被写体に自動的にピントを合わせる、オートフォーカスに発展したことを思うと、超高画素と電子ズームを利用して、カメラを設置しておくだけで、自動的に人の顔を大きく真ん中に捉えた写真をとることができるようになるだろう。

赤ちゃんの成長記録などは、もう親の代わりにカメラがやってくれる時代が来そうだ。ついでに「ネコ顔認識」や「イヌ顔認識」も実用化してもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

クリスマスには電球を

2006122501 安城産業文化公園デンパークのクリスマスイルミネーション。

最近のイルミネーションは、発光ダイオード(LED)を使った、青や白のものが多くて、あれはあれで鮮やかだし、省エネとか考えれば悪くはないのだろうが、ここデンパークのイルミネーションは、12万個の電球なのである。野外の展示が多く、屋内も大温室で暖房ポカポカというわけではないので、電球色の暖かくやわらかい光が心地よい。

こういうイルミネーションを見ると、やはり北半球のクリスマスは、寒い中で暖かさを感じるものがいいと思う。マッチ売りの少女の話や、フランダースの犬の話が、青白い光がチカチカ輝くクリスマスイルミネーションの世界だったら、人々はあの不幸な主人公と対比して、自分たちがどれだけ暖かく幸せな生活をしているのか、情景から感じ取るのは難しいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

マクドナルドとスタートレック

2006122401 数日前に、近所に開店したマクドナルド。最近はこういう内装のファーストフードショップが多い。ダークトーンでやや照明を落とすのが流行なのか。ちょっと前までは、明るいウォームトーンの店が多かったのだが。

ファーストフードショップの内装と、それぞれの時代のスタートレックの歴代 U.S.S. エンタープライズのブリッジの内装は、よく似ていると思うがどうだろうか。

1960年代から70年代にかけては、初代エンタープライズ NCC-1701 のブリッジ。赤や黄色を使った、アメリカンポップなイメージ。日本に進出した頃の、マクドナルドやミスタードーナッツの店舗がそんな感じだった。

1980年代後半からは、派手さがやや落ち着いて、ベージュやブラウンを基調とした、暖かいイメージ。ピカード艦長の乗るエンタープライズ NCC-1701-D のブリッジ。

2000年頃から、写真のようなダークトーンで明るさを落とした内装。これは明らかに最新型エンタープライズ NCC-1701-E のブリッジだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

イルミネーションの裏方

2006122301 名古屋市錦通り。伏見から名古屋駅方面を望む。ミッドランドスクエアのオフィスタワーと、JRセントラルタワーズが重なって見える場所。

ミッドランドスクエアの窓は、クリスマスツリーのイメージに明かりがついている。明かりのついていない部屋では、仕事ができないのだろうかと不思議に思っていたら、単にブラインドが下ろされているだけだった。

それにしても、誰かが何の気なしに、ブラインドをちょっと開いて、街の夜景でも見ようものなら、とたんにクリスマスイルミネーションが台無しになってしまう。きっとこの時期、ブラインドの内側には「開けないでください」などと、貼り紙がしてあるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

ここはどこ

2006121901 イタリアの田舎の街、ではなくて、近所のイタリアンレストラン。気持ちのいい青空だったので、ニセモノのイタリア風でも、それっぽく見える、だろうか? 私はイタリアに行ったことがないのでわからない。

よく見ると、窓に映る反対側の電線が、写真を台無しにしている。レタッチで消そうかとも思ったが、ニセモノはどうやったってホンモノにはならないのだから、無駄に手間をかけることもあるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

カメラ撮り用カメラ

2006121801 カメラを撮るためにはカメラが必要である。オークションでカメラを出品するときなどはもちろんだが、自分のお気に入りのカメラの写真は、誰でもカタログのように撮ってみたいものだ。そこでカメラ撮り用カメラの出番である。

写真のカメラは OLYMPUS CAMEDIA C-2 Zoom。2002年頃発売された、1/3.2 インチ CCD を使った、第2世代の200万画素機だ。当時すでに 1/2 インチ CCD が300万画素になっていたので、こちらはかなり安価なモデルである。しかも私はこれを昨年、オークションで \3,000 ほどで手に入れた。

当初は室内で昼寝しているネコを撮るつもりで買ったのだが、スナップ用カメラに Nikon COOLPIX 4500 を割り当てることになったので、現在このカメラは、ほとんど使い道がなく、カメラ撮り専用カメラとなりつつある。

しかしデジタル一眼レフを2台持っているので、お互いの写真はそれで撮ればいいし、2台の一眼レフを同時に撮りたければ、COOLPIX 4500 を使えばいい。つまり、この CAMEDIA C-2 Zoom は、手持ちのほとんどのカメラを一緒に並べて撮るときにだけ出番が回ってくるのである。

そういう目的の場合、単3乾電池2本で駆動するこのカメラは大変都合がいい。充電式電池のカメラだと、電池を入れっぱなしで使わなければ、自己放電してしまうし、時々満充電して、適度に使用して放電させないと、電池の寿命を著しく縮めることになるからだ。

2006121802 オキシライド2本を入れて、ふと撮りたくなったときに撮る。もし電池が切れていれば、適当に買い置きのアルカリ単3電池を入れてやれば、それでしばらくは使える。

今日が久しぶりの出番だったのだが、やはり1枚目の写真のように、D70 で、このカメラを撮ったものと比べると、画質が比較にならないくらい悪い。自分のカメラをもっときれいに撮るために、もう少しいいカメラが欲しいな。単3電池で駆動する PENTAX K100D なんかいいんじゃないだろうか。

買ってしまったら完全にビョーキだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

クリスマス用品?

2006121601 近所のショッピングモールにて。クリスマス用品全品30%引きらしい。クリスマス用品って一体何? と思ってしまった。売り場を良く見ると、どうやらクリスマスシーズンに部屋を飾る小物らしい。

ケーキならイヴの夜になってようやく値下げするのに、なぜクリスマス前に割り引きなのだろうと一瞬意味がわからなかったが、よく考えたら、こういうものはクリスマスの少し前から、クリスマスまで飾るので、そろそろ賞味期限切れ間近ということか。

我が家では毎年小さなクリスマスツリーを1か月間飾るが、それ以外には何も変わったことはしない。こういう小物を部屋いっぱいに飾り付けして、クリスマスを迎えるのは一般的なことなのだろうか。今安売りをしているということは、すでに今までそれなりに売れているということだろうから。

あるいは、もっとたくさん売れることを見込んで仕入れたのだが、さっぱり売れなくて、在庫処分に踏み切ったということだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

犬のトイレ

VR レンズが届いて、今日初めて快晴だったので、テストを兼ねてドライブしてきた。普段標準ズームや広角レンズをつけてスナップしているところも、望遠レンズをつけて歩くと、また違った風景が切り取れるというものだ。

2006121001伊勢湾岸道路の刈谷ハイウェイオアシスにある犬のトイレ。犬の水飲み場もあって、愛犬を連れて長距離移動する人にとっては、ペットにも飼い主にも憩いの場かも。結構犬を連れて散歩している人は多い。ペットと一緒に入れるレストランもあればいいのだが、日本ではまだそこまでペット文化は根付いていないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

半ノラたち

VR レンズのテストを兼ねて、近所の半ノラ探し。300mm 域で撮影すれば、警戒心の強いネコでも、逃げ出さない距離で撮れる。手ぶれ補正つき望遠レンズは、やはりネコ撮り最強レンズだ。

2006120801 いつものラーメン屋やスナックがある雑居ビルあたりでかわいがられている黒ネコ。顔に砂がついてちょっと汚く見えるが、どこかで転がった直後なのだろう。カメラを持った知らない人が近づくとかなり警戒する。触らせてはくれないが、逃げ出すほど怖がってもいないようだ。

2006120802 まだ生後半年くらいの少年(少女?)ネコ。店の厨房で店主が準備をしているのを気にしていた。きっとこの後ご飯をもらえるのだろう。知らない人もそれほど警戒はしていないようで、カメラを持ったまま近づいたら、自分から寄って来て、私の手のにおいをかいでいた。

2006120803 上の2匹を撮っていたら、道路の反対側の空き地を散歩していた。カメラのレンズが気になっているようだ。3匹とも顔が目ヤニで汚れていたり、鼻水が出ていたりしない。やっぱり近所の人に世話をされているようだ。みんなウチのネコよりきれいかも。

2006120804 じつはこのネコが水溜りの水を飲んでいるとき、偶然にもミルククラウンが撮れてしまった(かなりトリミングしている)。ミルクじゃなくて泥水だけど。

今日は雨上がりで、空気に霞がかかっていたので、遠景を撮るテストはしていないが、こうしてネコたちを何枚か撮った感想としては、AF-S VR ZoomNikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G は旧型の Ai AF ZoomNikkor ED 70-300mm F4-5.6D のシャープネスやコントラストの良さは引き継いでいるようだ。ニ線ボケがやや目立つが、前玉径が大きくなり、開放F値が少し下がったせいか、周辺光量落ちがほとんどない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

AF-S VR ZoomNikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G 到着

発売が1か月以上遅れてしまったが、発売日の今日、キタムラインターネット店から、ゆうパックで届いた。届いたのが夕方だったし、外は雨が降っているので、レンズの描写テストは明日以降に持ち越しだが、室内で VR の効果をさっそく試してみた。

2006120701 1枚目の写真が300mm域で2mほど先の被写体を撮り、トリミングせずにリサイズしたもの。カメラは D70 で、ISO800 に設定し、プログラムオートで JPEG 撮影。絞りはもちろん開放の F5.6 で、このときのシャッター速度は 1/20 秒である。手ぶれ補正なしなら、ISO1600 でも、まず絶望的な条件。

2006120702 2枚目の写真が、ピントを合わせたリボンの部分を、ピクセル等倍でトリミングしたもの。もちろん三脚も使っていなければ、腕を壁に当てたりもしていない。

何枚か撮ったうちで一番いいものではあるが、正直、この結果には驚いた。シャッター速度4段分の手ぶれ補正効果といううたい文句も、あながち誇大表現ではないようだ。

旧世代の VR 80-400mm が20万円以上したことを考えれば、ほとんどの量販店で実売6万円程度だから、これはとんでもなくお買い得なレンズといえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

そろそろ冬景色

2006120401 なんかこう、急に冬っぽい空になってきた。厚い雲と澄んだ青空や鮮やかな夕陽の対比がそう思わせるのか。

気温も今日は日中10℃ほどまでしか上らなかった。実は寒いのが苦手なのである。街の風景は、真夏よりも冬の方がフォトジェニックなのだが、こういう写真を見るだけで、気が滅入ってきてしまうのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

失神寸前

我が愛車のマツダアテンザ 23C、2度目の12か月点検(つまり購入後2年)で、初めてエアコンのフィルタを交換してもらった。

取り外したフィルタは見事に真っ黒だった。そういえば最近、エアコンのスイッチを入れると、時々匂うことがあるなぁと、原因はこれだろうか。ちょっと鼻を近づけてみたら...

キョーレツ!! <---------- \(+ o +)/ ----------> な

靴下の匂いがした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

再び単焦点一本勝負

ニコンサービスセンターに修理に出していた Ai AF Nikkor 35mm F2.0D の修理が終わったという連絡があったので、受け取りに行ってきた。故障は、このレンズの持病ともいえる、絞り羽根のグリス浮きである。

2006120101 動作確認用に持っていった D200 に取り付けて、サービスセンター近くの、久屋大通で夜景を1枚。再び単焦点絞り開放で一本勝負である。

橋の下の照明や、クルマのヘッドライトに対して、画面上、中心点をはさんで点対称の位置、しっかり緑色のゴーストが出ている。やはりこういう状況では、最新のズームレンズには及ばない。DX ニッコールを使っていて、ここまで激しいゴーストが出たことはないのだ。

日中、多少絞り込んで使えば、文句のないレンズなのだが、人工光源が直接画面に入り込むような構図では、設計の古さを露見させてしまうようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »