« 近所の半ノラ | トップページ | 再び単焦点一本勝負 »

2006年11月28日 (火)

Nikon D40

昨日のことだが、ニコンのサービスセンタに行って D40 を見てきた。とにかく小さい。EOS Kiss Digital X より、さらに一回り小さい感じだ。親指と薬指でカメラを背面から掴み、人指し指でシャッターが押せる、と言えばわかるだろうか。

今、デジタル一眼レフを持っていて、2台目(あるいはそれ以上)にするか、初めてのデジタル一眼レフにするか、あるいは初めてのデジタルカメラにするかによって、評価は分かれるだろうが、私は、これを1台買って、コンパクトデジタルをすべて処分してしまうのなら、それもいいかなと思った。起動時間、メモリカードへの書き込み時間、画質、操作性、すべての面で700~1000万画素クラスのコンパクトデジタルより、こちらの方が上だろう。ただしそのためには、レンズキットの標準ズームが、もう少し薄くなければならないが。かといって、ペンタックスのような単焦点パンケーキでは、コンパクトの代わりにはならない。

まあそういう意味ではフランジバックの必要な一眼レフは、どうしても奥行き方向に大きくなってしまうのが欠点だ。

今コンパクトデジタルを持っていて、このカメラを初めてデジタル一眼レフにしたい人は、ちょっと微妙だ。もっと機能の豊富なカメラで、いろいろ遊びたい人には向かないだろう。コンパクトの画質では我慢できないという人には、もちろん問題ないと思う。

まだデジタルカメラを持っていなくて、どうせデジタルにするなら、やっぱり一眼レフ。フィルムとのしがらみをすべて断ち切って、まったく新しいワークフローを立ち上げたい。でもお金はかけたくない。という人ならいいかもしれない。でもそういう目的なら、PENTAX K100D もいいと思う。

実は最近ヨーロッパで発売された OLYMPUS E-400、来年春頃、リファインされて国内発売とのうわさもあるが、あれがちょっと気になっている。

デジタル一眼レフというのは、すでに機種ごとに画質で決定的な差が出るほどの違いがなくなってしまっているので、カメラ雑誌では重箱の隅をつつくような比較記事ばかり載っているし、ネットの掲示板では、パソコン画面の等倍表示で、目を凝らしてみないとわからないような差で大騒ぎしているが、私はもうそろそろサイズやカタチだけで決めてもいいんじゃないかと思っている。今、これほど面白い大人のおもちゃはない。

|

« 近所の半ノラ | トップページ | 再び単焦点一本勝負 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181661/12861977

この記事へのトラックバック一覧です: Nikon D40:

« 近所の半ノラ | トップページ | 再び単焦点一本勝負 »