« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月30日 (月)

COOLPIX 4500 再び

フィルム時代は、いつも車の中やカバンの中に「写ルンです」を入れておいて、写真を撮りたいシーンに遭遇したときに、いつでも撮ることができるように準備していた。しかしフィルムを装てんした状態で、カメラを長時間放置するのは、どうにも精神衛生上よろしくない。そのうえ気に入ったシーンを撮ると、すぐに現像したくなるから、結局いつも中途半端な状態になる。

デジタルになってから、何が一番ありがたいかというと、たくさん撮ってもお金がかからないことより、少なく撮っても無駄にならないことだ。そのおかげで、たった1コマのためにフィルム1本使わなければいけないかもしれない、そういうリスクを避けて、結局撮ること自体をやめてしまった(フィルムを装てんしなかった、あるいは「写ルンです」を開封しなかった)というケチな失敗をしなくて済むようになったのだ。

しかしデジタルになったらなったで、またそれなりの悩みもある。通勤時に一眼レフを持ち歩くようなマニアでもないし、かといって携帯電話のカメラ機能を使う気にはならない。電話を片手で持って、腕を伸ばして構えるあのポーズは、傍から見ていてとてもカッコ悪いのだ。

というわけで、D70 をメインのカメラにして以来、サブカメラは COOLPIX 4500、カバンの中に入れっぱなしの、記録用カメラは、Konica Revio C2 だったのだが、さすがにこの Revio C2 では、撮った写真をネットで公開する気にはならない。しかし D200 を買って、D70 がサブカメラになったのだから、ここはひとつ自分自身のカメラヒエラルキーをシフトして、COOLPIX 4500 を、日常の記録用カメラにしようと考えた。COOLPIX 4500 を買ったときのことを考えると、随分贅沢な使い方だ。しかしスイバルタイプのこのカメラは、レンズ性能に対して、携帯性が非常に良い。何よりこのままでは、COOLPIX 4500 の出番がなくなってしまう。

2006103001などということを、COOLPIX 4500 を片手に、コーヒーを飲みながら考えていた。結構いい画質だ。ED レンズを使っていないせいか、さすがに望遠端では色収差が目立つが、そんな撮り方はまずしないだろう。広角端の画角は、Revio C2 と同じ、35mm フィルム換算で約 38mm、やや狭い感じは否めないが、今までそれで撮っていたのだから問題ない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

駅前で電話を配らないのですか

Yahoo!BB の時のように、街頭やショッピングモールで、お姉ちゃんが端末を無料で配り、その場でお持ち帰り、最大3か月無料、というのを期待していたのだが、結局は \0 端末と通話・メール無料(複雑な料金体系あり)という、ありきたりな戦略だった。

\0 端末は、ショップによってはめずらしくないし、キャリア内の通話・メール無料は、すでに WILLCOM がやっていることだから、残念ながら携帯電話の価格破壊という印象はない。将来的にソフトバンクはすべて IP 電話にするとか言っていたけど、具体的にそれがどういう形態になるのか、そちらのほうが興味がある。

NTT は光電話で、固定電話をすべて IP 化している。しかしそうなると IPv4 でグローバルアドレスを割り振るのは不可能なので、IPv6 の地域 IP 網(NTT東西ではルーティングしていないそうだ)を整備したが、実はインターネットに先行したため(せざるを得なかった)、今のところこれは閉域接続であり、「インターネット」ではないそうだ。将来インターネットが IPv6 に移行した時、そのまま相互接続できるのだろうか。NTT に問い合わせてみても、まったく要領を得ない回答だった。つまり「わからない」ということだ。

ソフトバンクが携帯電話を IP 電話化するのだとしたら、それは NTT の IPv6 ネットワークを利用することになるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

EN-EL3e 互換バッテリー

2006102201 互換バッテリーといえば台湾企業の日本法人 ROWA である。秋葉原で日本トラストテクノロジーが開業した JTT も通販を始めた。最近その両方の通販ショップで Nikon D200, D80 用のリチウムイオンバッテリー EN-EL3e の互換品が発売された。

ROWA も JTT も、まったく充電できなかったとか、満充電してもすぐに空になってしまったとかいう、いわゆる初期不良は、あちこちの掲示板で何件かは見かけるが、それでも返品や交換の対応は良いようで、あまり悪い評判は聞かない。おそらく出荷時の検品を省略して、人件費を削減しているのだろう。もちろん使っていて爆発したとか、過熱したという話はまったく聞かない。カメラメーカ純正品の電池が、今まで何度も回収騒ぎを起こしているのにである。

私は今までにも COOLPIX4500 用の電池と D70 用の電池を ROWA から購入し、それぞれ2年以上使っていて、まったく問題がないので、今回も ROWA から、この EN-EL3e 互換電池を2本買うことにした。写真は表裏それぞれ、左側が互換電池で右側がニコンの純正品である。

D200 に初めて採用された EN-EL3e は、従来の D100 や D70 用の EN-EL3、EN-EL3a と形状は同じでも、内部のコントロールチップが異なっている。というより、従来の充放電の制御用のコントローラとは別に、カメラとバッテリの間で通信を行い、撮影枚数や電池の消耗度、セルの劣化度を通知するとともに、模造品電池や互換電池を排除するための認証機構を持っている。このため、従来なら新しい電池が発売されれば、すぐに互換電池が出回るのに、今回は半年以上かかってしまった。おそらくコントロールチップの互換品を作るために、電池にあらゆるコマンドを送信し、リバースエンジニアリングをしていたのだろう。そのためか、互換電池とはいえ純正品のほぼ半額と、従来のものより少々高価である。ROWA と JTT から1日違いで発売されたところを見ると、この互換チップの製造元は同じだろう。

充放電のコントローラやセルは、上記のとおり、今まで何個か ROWA の電池を使っているので、初期不良に当らない限り、心配はしていない。問題は認証用のコントローラである。リバースエンジニアリング品であることはハッキリしているので、こればかりはいきなりカメラに入れて、撮影に出かけたくない。そこで、満充電と空になるまで撮影を繰り返し、過熱や膨張がないかを調べるとともに、途中で純正品のバッテリと入れ替えて、エラーになったりしないか、D70 で使った後(このときは撮影枚数はカウントされない)、また D200 に戻したりして、継続して使えるかなど、ソフトウェア開発のデバッガになったつもりでテストしてみた。

2日かけてテストした結果、とりあえず今のところ、何も問題なく動作しているので、このまま使い続けることにする。D200 は確かに D70 に比べれば、バッテリーの消耗がはるかに早いので(それでもキヤノンのカメラよりは長持ちするようだ)、今までメーカ純正品を2本でローテーションしていたのだが、1日撮影に出かけると、ちょっと不安になる。しかし4本持っていれば足りなくなることはないだろう。

さて、それでもこの互換電池に対する不安は、完全には拭いきれない。まずニコンが互換電池対策のために、あらかじめ電池に隠しコマンドを仕込んでいた場合。カメラのファームウェアを更新して、その隠しコマンドを起動し、正常な戻り値が得られない場合、ニセモノと判定するようなプログラムを組み込めば、互換電池はおしまいである。

そしてもうひとつ。もし EN-EL3e に個別のシリアルナンバーとチャレンジレスポンス方式の認証機構が組み込まれていた場合、互換品が純正品と同じシリアルナンバーを使っていたとすると、偶然にも同じ番号の二つのバッテリーをカメラに入れてしまうと、それ以降認証ができなくなってしまう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

10月からクリスマス

2006102101JR名古屋セントラルタワーズ。

日中は真夏のような暑さなのに、もうクリスマスイルミネーションの準備が始まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

リモートコード

2006102001 Nikon D200 用のレリーズ、「リモートコード MC-30」を、Yahoo! オークションで落札した。こんなものを手間と送料までかけて、中古品で買う必要はないのだが、実はこのレリーズ、D200 が発売された昨年末から、ずっとメーカ欠品状態なのである。名古屋のビックカメラにも売っていないし、どこの通販サイトでも在庫なし。

いくらなんでもレリーズが使えないカメラというのは、価値が半減なので、ずっとオークションを追いかけていたのだ。出品はそれなりにあるものの、どれも結構な値段で落札されている。定価が\6,300もするのも納得できないが、中古品の落札相場は\4,500くらいである。これに送料を加えれば、大手カメラ店の販売価格に近いものになるだろう。それでも肝心の新品が手に入らないのだから、背に腹は代えられない。きっとみんなそんな気持ちで入札しているに違いない。もっとも中古品であっても、まったく価値の変わらないものではあるが。

実際に商品を手に取ってみても、やはり定価\6,300は高すぎると思う。規格品ならダイソーで\100で売っていてもおかしくない、ただのスイッチである。ギミックといえば、シャッター半押しができることと、押したままロックができるので、カメラを bulb に設定すれば、time 露出ができるということくらいか。

どうしても中古品がイヤだという人は、さらに高機能な「リモートコード MC-36」というのがある。値段はなんと\17,850である。COOLPIX が一台買えてしまうな。どこが高機能かというと、長時間露光用のタイマーと、間欠撮影用のインターバルタイマーを内蔵しているのだ。もっとも D200 には、インターバルタイマー機能があるので、役に立つのは30秒以上の長時間露光の時だけだが。そして残念なことに、インターバルタイマー機能のない、D80 や D70 では、この MC-36 は使えないのだ。それにもちろん電子回路なので、電池がないと機能しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

オンラインアルバム

何も書くことがなくても、写真を撮ることはあるかもしれないので、不定期更新の オンラインアルバムを作成し、このブログからリンクした。

サイドバーの下のほうの「From Here」というリンク集の「Four Seasons (Online Album)」というタイトルがそれである。

ブログとオンラインアルバムの両方とも長期間更新されていなければ、私が死んでいるのかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

博物館明治村

2006101501 聖ヨハネ教会堂

 

 

2006101502 帝国ホテル中央玄関

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

インクジェットプリンタ

今年もプリンタ新機種の季節が来た。つまり年賀はがきの発売ということだ。キヤノンとエプソンを中心に、毎年この時期に各社の新型インクジェットプリンタが発売される。

私は1991年からインクジェットプリンタを使っているので、もう15年になるが、5年以上新機種を買っていない。今使っているのは、キヤノンの BJ-F210 という、4色インクの A4 プリンタだ。これが我が家には3台ある。1台はサーバに繋がった共有プリンタで、これはどのパソコンからも印刷できる。もう1台は奥さんのパソコンに直結させてある。残る1台は故障したときの予備機として保管してある。新品で買ったのは1台だけで、後はオークションで数百円で落札したものだ。おそらく前オーナは、新型のカラープリンタを手に入れたのだろう。

予備機まで故障してしまったら、新機種を買うしかないが、それは当分先のようだ。インクカートリッジもオークションで何個か手に入れたし、黒インクに関しては、補充インクを使っている。実はこのプリンタが手放せないのは、インクの補充がきわめて安全確実にできるからでもある。

プリンタの用途は、現在はおもに仕事である。乾式コピーの原稿を作成することが中心であるため、ほとんどがモノクロ印刷。ハッキリ字が読めることが重要なので、カラープリンタとしての極限の性能を問われることはない。だから最新機種などまったく不要なのだ。以前は時々趣味の写真を出力するために使っていたが、コストや耐久性を考えると、フロンティア(富士フイルムのデジタルラボ)の方がはるかに安い。

というわけで、黒インクの消費はかなりあるが、これは補充インクを使うので、問題ない。年1回の年賀状印刷や、CD, DVD のジャケット印刷に、ちょっとした写真を載せることもあるが、いずれも4色で必要十分なレベルである。

ほとんどがモノクロ印刷で、時々カラーも使う。印刷品質は問わないし、ランニングコストは安いほうがいい。そういうプリンタは、絶対に商売にならないので、今後もメーカから発売されることはないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

近所の半ノラ

2006101301安城市内某所。
人懐っこくて、もふもふしてもぜんぜん平気。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

観覧車

2006100701安城市 堀内公園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

望遠鏡を覗きたい

2006100601明日が満月らしいが、夕方から晴れてきて、すっかり雲が切れたので、ほぼ満月を撮ってみた。

1000mm の望遠レンズとかを持っているわけではないので、もちろんトリミングである。

AF Nikkor ED 28-200mm F3.5-5.6G の望遠端。カメラは D200、1/160 F6.3 ISO100 で、等倍からトリミングした。

小学生の時、ちょっとした天体望遠鏡(口径40mmくらいの屈折型アクロマートだから、ほとんどオモチャだけど)を買ってもらって、初めて月を見たときの感動は、今でもしっかり覚えている。満月の夜に、つい写真を撮りたくなるのは、あのときの気持ちを思い出したいからかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

うろこ雲

2006100301 安城市内某所。

この季節、青空を背景にうろこ雲に夕日が当たって、金色に光る時間は、そう長くはない。写真を撮っていると、どんどん空の色が変わっていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

月に1度のバックアップ

今日は月に一度の写真バックアップの日である。簡単に説明すると、1か月間に撮った写真を、バックアップ用のハードディスクと DVD にコピーするだけなのだが。

デジタルの場合、カメラの機種によって、画像フォーマットが違うので、まずカメラごとにフォルダを作って、連番で Jpeg を保存する。Raw があれば、同じ写真の Jpeg と同一の番号で保存する。これを1か月分ためておいて、翌月の初めにバックアップを取り、カメラの連番をリセットして、また同じことの繰り返しである。

月末以外は撮影したファイルを、番号を整理して C ドライブのハードディスクにコピーし、その他のいろいろなファイルとともに、D ドライブと、サーバにバックアップするだけなのだが、写真の場合は月に1回、別の外付けハードディスクと、DVD-RW にコピーして、C ドライブとサーバのバックアップは削除する。DVD-RW がいっぱいになると、2枚の DVD-R にコピーして、永久保存盤とする。もっとも DVD-R の信頼性がそれほど高いとは思えないので、多分10年後に残っているのは、ハードディスクの方だろう。そろそろハードディスクを2台体制にしようと思っている。DVD は保存というより、可搬性に有利だからという理由で使い続けるだろう。

問題は、去年までは1年間で DVD 1枚だったのだが、今年は2枚、来年はさらに増えるであろうということ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »