« 予約してしまった | トップページ | マウス、有線か無線か »

2006年8月28日 (月)

センサークリーニング

今日、ニコンの名古屋サービスセンターに行って、D70 のイメージセンサークリーニングをしてもらってきた。初期のデジタル一眼レフ発売当初は、保証期間中は無料、それ以降は1回 \300 だったのだが、現在は1回 \1,000 である。まあ作業の工数を考えたら、\1,000 でも安いくらいだとは思うが、やはり一眼レフのゴミ対策は、もう少しスマートな方法を提供してもらいたい。ニコンがオンラインショップでクリーニングキットを発売して以来、自分でクリーニングする人も増えており、そういう人たちのホームページ上でも、クリーニングのノウハウが公開されているから、そう難しいものでもなさそうではあるが。

ただ私の場合、それほどゴミに神経質なわけではないので、F8 程度でも目立ち、ブロワーでどうしても取り除けないようなゴミが付着したら、クリーニングしてもらうことにしている。最初のクリーニングは、カメラを買ってしばらくしてから。やはりごく初期にはメカニズムからゴミが出やすいようだ。2度目はそれから約1年後。そして今回が3度目である。この調子なら、10年使っても1万円しかかからないわけで、あえて自分でクリーニングするまでもないかなと思っている。

クリーニングに1時間弱かかるということなので、その間じっくり D80 を触らせてもらってきた。名古屋サービスセンターのある中外東京海上ビルの1階にはスターバックスがあるので、過去2回は、待ち時間にエスプレッソを飲んでいたのだが、今回はそんな暇はなかった。

実際に写真を撮って、PC で表示するなり、印刷するなりしたわけではないので、画質について評価はできないが、確かにファインダーは良かった。雑誌などではその大きさばかりが取り上げられるが、それよりもピントの山が非常につかみやすいのだ。ピントリングを回すと、ボヤケた状態からじわ~っと画像が浮かび上がるような感じとでも言うのだろうか。雰囲気的には D200 よりも見やすい気がする。

それから以前このブログにも書いたが、AF モードの切り替えがボタンひとつでできるのが、私にはありがたい。これは上級機のレバー操作よりも絶対に使いやすそうだ。

レリーズした感触は、D70 と大差ない。もっともシャッターが通常のフォーカルプレーンになったので(D70 は CCD 電子シャッターのため、メカは往復1枚羽根の遮光版)、普通のカメラっぽい音がする。

新しいキットレンズである AF-S Zoom Nikkor ED 18-135mm F3.5-5.6G は、プラスチックマウントの非常に軽いレンズだ。D50 のキットレンズのような、ピントリングがレンズ先端と一体式のものではないが、超音波モータはリング型ではなく、小型の軸型モータのようだ。ギアとクラッチを用いて、AF/MF のシームレスな切り替えはできるが、リング型モータのように、スムーズにピントリングは回らない。

私がクリーニングを待っている間、何人ものお客さんが D80 を見に来たが、D200 と D80 の価格差をどう考えるかというところで、皆さん悩みは同じようである。

|

« 予約してしまった | トップページ | マウス、有線か無線か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181661/11656655

この記事へのトラックバック一覧です: センサークリーニング:

« 予約してしまった | トップページ | マウス、有線か無線か »