« ATX電源 | トップページ | 「100人に1人タダ」 »

2006年8月 9日 (水)

D80

ニコンから新しいデジタル一眼レフが発表された。発売は9月1日らしいから、もう出荷準備が始まっているのだろう。

D70 を予約して発売日に入手した私としては、そろそろデジタル一眼レフ2台体制でいきたいと思っていたところなのだが(フィルム一眼レフと併用することはほとんどなくなってしまったし)、この D80 を買うかどうかは、ちょっと思案中。

予想価格12万円(ヨドバシではすでに119,800円で注文受付中だとか)というのは、いくらなんでもちょっと高い。α100 が実売10万円以下であることを考えると、同じ10メガピクセル(同じプロセスの CCD と思われる)で、スペック的には手ブレ補正もゴミ取りもないのは、誰が見ても割高に感じるだろう。もちろんニコンとしては、ペンタプリズムでファインダ倍率も高く、α100 とはクラスが違うと言いたいところだろうが、ならばペンタックスのように、ミラーでも倍率を高くして、安くすべきだ。

発売前にいろいろと論議をかもし出したが、記録メディアが SD カードというのは、現時点ではマイナス要素だ。少なくとも SD カードを使う機器を何一つ持っていない私にとっては、カメラのほかに 1GB~2GB の SD カードを最低でも2枚購入しないと、今の D70 と同等の運用ができない。

バッテリーが EN-EL3e 専用。まあ模造品対策のために仕方のない措置なのだろうが、今持っている3個の EN-EL3 が使い廻せない以上は、これも最低でも1個は追加購入しないといけない。上記の SD カードとあわせて、2万円程度の出費になる。

AF-S と AF-C の切り替えが、メニュー方式。これはD70 を使っていて、私にとっては最大の欠点なのである。寝ている猫を、フォーカスロックで撮影する場合は AF-S、猫が起きて動き出したら AF-C に切り替えて撮影したいのに、いつもメニュー切り替えの最中に、タイミングを逃してしまう。ただし、カタログ写真をよく見ると、AF モードボタンというのがある。これを押しながら、コマンドダイヤルで AF-S と AF-C が切り替えられるなら、レバー切り替えよりも便利かもしれない。

不要なソフトウェアメニューが多すぎ。撮影後にカラーバランスを変更したり、トーンカーブを変えたり(ニコンではD-ライティングと呼ぶ)、トリミングしたり合成したり。RAW で撮影したら、CaptureNX で現像しないといけないのだから、こんなものはまったく不要だ。だいたいカメラの小さな画面を見ながら、撮影現場でそんな暇なことをやる人がいるのか? まあこういう機能は、周りの人を集めて「ほら、見て見て、こんなこともできちゃうんだよ」と言って注目を集めたがるユーザ向きなんだろうけど。だったらそういうユーザにこそ、ペンタプリズムなんか不要だと思うのだが。

結論から言えば、D200 が実売17万円以下になっている現状で、5万円安い D80 を買うかどうか、ということである。しかも今なら D70s は実売8万円以下だ。同じカメラを2台持つといういうのは、非常に使い勝手がいい。

あとは、これから次々公開されるであろう、画像のサンプルを見て、じっくり決めればいい。D80 の人気が出れば、かつての D70 や D200 のように、品薄で当分手に入らないだろうし、D50 のように予想より売り上げが伸びなければ、すぐに10万円以下になるだろう。

それよりも、今回同時発表されたレンズに注目だ。AF-S VR ZoomNikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G、なんと実売6万5千円くらいになるらしい。これは絶対に買ってしまいそう。いや絶対買う。今持っている Ai AF ZoomNikkor ED 70-300mm F4-5.6D は、初めて手に入れた ED レンズだが、私の望遠ズームに対する印象を完全に覆してしまうほど衝撃的なレンズだった。300mm域で撮っても、とにかくシャープでハイコントラスト、目の醒めるような写真だったのである。この画質をそのままに(そう期待する)、AF-S 化されて、VR 化されたら、もう迷わず買うしかないだろう。

|

« ATX電源 | トップページ | 「100人に1人タダ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181661/11360764

この記事へのトラックバック一覧です: D80:

« ATX電源 | トップページ | 「100人に1人タダ」 »