« ドニチエコきっぷ | トップページ | DX フォーマットの標準レンズは 28mm »

2006年6月28日 (水)

望遠ズーム

ニコンのホームページを見てみたら、この半年間で随分レンズのラインナップが整理されてしまっている。フィルムカメラを F6 と FM10 の2機種に絞ってしまったのだから、デジタルで使いにくい焦点距離のレンズもふるい落として当然なのだろうけれども、結構新しい機種も、早々に消えているので、ちょっと驚いた。

このラインナップを見ると、今後もデジタルは DX フォーマット1本で行くぞ、というメッセージに聞こえなくもない。実際デジタル一眼レフの撮像素子に、35mm ライカ判を求める声は、根強く残ってはいるものの、数はそう多くないだろう。私の周りで APS-C サイズのデジタル一眼レフを買った人で、このフォーマットに不満を持っている人は一人もいない。デジタルを買わない人が、買わない理由にしているだけのような気がする。

まあそれはいいとして、ニコンはいち早く APS-C サイズの撮像素子に特化したレンズを発売してきたわけだが、最初それは広角側の不足分を補う事が目的であり、12-24mm とか、10.5mm FishEye といったレンズを発売してきたことでも、十分理解できる。しかし、もうそろそろ標準レンズや望遠ズームレンズの焦点距離を、APS-C 向けに再編成して欲しいものだ。

たとえば DX タイプの望遠ズームといったら、現在 D50 のキットレンズ用の 55-200mm しか発売されていない。50-150mm F2.8 とか、18-150mm で、最短撮影距離が0.4m以下のコンパクトズームとか、そういうツボを押さえた望遠ズームが欲しいのだ。

もちろん早急に 16-60mm F3.5-4.5 をお願いしますよ。

|

« ドニチエコきっぷ | トップページ | DX フォーマットの標準レンズは 28mm »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181661/10717222

この記事へのトラックバック一覧です: 望遠ズーム:

« ドニチエコきっぷ | トップページ | DX フォーマットの標準レンズは 28mm »