« 南知多ビーチランド | トップページ | ドニチエコきっぷ »

2006年6月22日 (木)

LUMIX DMC-L1

Panasonic から、フォーサーズシステムのデジタル一眼レフが発表になった。先に発表された SONY のαシステムとは対照的な営業戦略だ。SONY がエントリーレベルの低価格機に、出来る限り最新の機能を盛り込んで発売するのに対し、Panasonic は、いきなり予想価格25万円という、高級路線。

勝手に予想させてもらえば、SONY の方が売れると思う。SONY は今回、エレクトロニクスメーカとしての個性を表に出さず、かなり控えめな製品イメージだが、Panasonic は先進的っぽさを、いきなり出しすぎだと思う。カメラに10万円以上支払うユーザは、かなり保守的なんだよ。その証拠に、Olympus の一眼レフは、いかにもフォーサーズらしい、先進的なスタイルの E-300 や E-330 はあまり売れておらず、旧態依然とした E-500 が結構売れているらしいではないか。

もうひとつ、どうも今回の Panasonic の製品コンセプトはちぐはぐに感じられる。従来の一眼レフのスタイルにとらわれず、デジタルでしか出来ないことをやった、とか言って、ペンタプリズムのない扁平なスタイル(もっともこれは、基本メカを Olympus からの OEM としているのだが)を取り入れたり、ライブビューを積極的に宣伝したりしながら、シャッターはダイヤルで、絞りはレンズ側のリングで設定する、という妙に古臭いユーザインタフェースを主張してみたり。一眼レフの上級ユーザは、Nikon D1, D2 とか、Canon EOS1D とかのフラッグシップ機で、ジョグダイヤル操作に慣れてしまっていて、今更絞りリングなどをありがたがったりはしないと思うのだ。

標準ズームレンズ込みで25万円と言う価格は、NikonD200 や Canon 30D と真っ向勝負しなければならない。その価格帯のカメラは、AF が速くて、毎秒5コマ以上で40コマくらいを連写できて当たり前。そういうマーケットで、Leica のブランドイメージだけで勝負するのは、やはり無理があるんじゃないだろうか。

ところで、フォーサーズマウントって、絞り駆動も電磁式だったと思うが、レンズ側に絞りリングがあるってことは、レンズからカメラに絞り情報を送って、カメラからまたレンズの絞り駆動回路に、絞り情報を送るのか? そうしないと、絞りリングのない Olympus のレンズと共用できないような気がするのだが。なんかそのあたりも、必然性のないギミックだな。

|

« 南知多ビーチランド | トップページ | ドニチエコきっぷ »

コメント

物欲すごいね。なんでも興味ある子供って感じ。
そう僕もです。(笑)

投稿: あ | 2008年11月29日 (土) 09時55分

これはまた随分古い記事にコメントいただき、ありがとうございます。
パナソニックのフォーサーズと言えば、やはり今は話題の G1 ですが、これが従来の一眼レフに取って代わる、新しいカメラとして定着するのかどうか、もうしばらく様子見です。

投稿: 内藤敦司 | 2008年11月29日 (土) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181661/10626945

この記事へのトラックバック一覧です: LUMIX DMC-L1:

« 南知多ビーチランド | トップページ | ドニチエコきっぷ »