2019年4月21日 (日)

神社のお祭りを撮る

2019042101我が家から徒歩30秒のところにある神社、春は桜が咲き、秋には紅葉がきれいなので、このブログでも季節感のある写真をたくさん載せている。そして4月の第3日曜日がお祭りだ。昔は4月22日と決まっていて、平日でも小学校は町内の児童だけ半日だったというくらい賑わっていた。今は町内に住む小学生までの女の子が、こうして踊るくらい。午後から抽選券付の餅投げがあって、その時間帯はそこそこ賑わうが、昔に比べたら寂しいものである。

2019042102 今日は午前中の早い時間に写真を撮りに行ったので、まだ町内会の役員や神社の関係者、踊っている女の子たちの親くらいしか人がいなかったが、今や町内に残された数少ない昔からの風物詩だ。写真くらいはこうして毎年残しておきたい。今年はお祭りの時期に、ほんのわずかだが桜が残っているという、珍しい光景が見られた。

 

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

brother DCP-J978N

2019041901  プリンタを買い換えた。今まで使っていた Canon PIXUS iP4300 のヘッドがついに壊れてしまったようなので、急遽近所のジョーシンに買いに行ったのであるが、iP4300 はずいぶん前からトラブルが頻発していたので、今年中にはこの機種に買い替えるつもりではいたのだ。自分のブログを読み返してみると、iP4300は実に12年間も使っていたことになるので、すでにメーカの想定寿命をはるかに超えているだろう。

初めてプリンタを買ったのは1991年。キヤノンの初代インクジェット BJ-10v である。それ以来28年間もずっとキヤノンのインクジェットプリンタを使ってきたが、iP4300 以降欲しいプリンタが発売されていないのと、ここ数年のブラザーの追い上げで、キヤノンやエプソンに比べて圧倒的にコストパフォーマンスが高いので、今回はブラザーを買うことにしたのだ。私がメインのプリンタに求める条件は、写真印刷はするが6色以上のインクを使う機種は必要ないということ。背面給紙ができて名刺や厚手のはがき、ラベルプリントなどもできること。簡単なものでいいので CD/DVD レーベル印刷ができること。LAN 接続はできれば無線も有線も可能なこと。ランニングコストはもちろんできるだけ低い方がいいが、イニシャルコストも1万円台で収まることなど。半年ほど前からこの条件で各社のプリンタを比較検討していて、DCP-J978N がピッタリだということに気づいた。機能と価格を比較してもブラザーのプリンタはキヤノンやエプソンに比べて圧倒的に安い。家庭用のインクジェットとしては後発なので、コストパフォーマンスの良さを売り物にするしかないのだろう。インクは CMY 3色染料と、BK 顔料なので、写真画質はキヤノンに及ばないが、自宅のプリンタで作品作りをするわけではないので、私はそこまで必要ない。スキャナは必要ないと思っていたのだが、今まで使っていたこれもキヤノンのフラットベッドスキャナ CanoScan 5400F が、最近ガラスの裏側が曇ってきてしまい、白い紙がきれいにスキャンできなくなってきたので、プリンタとスキャナをまとめて更新してもいいと思った。

というわけで、早速セッティングしていろいろと試しているのだが、ネットで話題になっていた通り、マニュアルが貧弱すぎて全然使い方がわからない。レーベルプリントなどマニュアルには一切記載がないし、ASF が装備されているのに、これの使い方もどこにも書かれていない。ブラザーのサイトで調べればわかるのだが、キヤノンやエプソンがこれでもかというほど親切なマニュアルを添付していることを考えると、ブラザーのプリンタは当分2強に太刀打ちできそうにない。プリンタ本体の出来がいいだけにここは非常に残念である。

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

ロドリゲス半年

2019041301 ロドリゲスが亡くなって、昨日でちょうど半年。昨日は我が家の末娘のさらに寄生虫がいることがわかって、病院に行ったりドタバタしていたので、お墓参りに行きそびれてしまったので、1日遅れで今日、お墓参り。動物のお墓はいつも花でいっぱいだが、今日は特ににぎやかだった。ロドリゲスも雅子も他のネコたちと一緒に、きっと楽しく眠っていることだろう。

2019041302 生きているネコたちはというと、数か月前にやってきたボロボロの雄ネコは、ボランティアの人たちにすっかり懐いているようで、ずいぶん太ってきたし、毛並みもきれいになった。なかなか顔を拭かせないので、鼻の周りはずいぶん汚いが、もうすっかりここの仲間になったようだ。これで去勢手術が終われば、もう野良じゃなくて立派な地域ネコだね。

2019041303 黒白の女の子のひとり。この子はちょっと警戒心が強いので、あまり近寄れず、ご飯を食べるとすぐに逃げて行ってしまうが、それでも捕まらない距離にいれば、隠れることもなく日向ぼっこしている。身体も顔もきれいだし、世話をしてくれるおばさんには、ちゃんとブラッシングしてもらっているようだ。

2019041304 そして一番人懐っこい黒白ネコ。クッキー柄亡き後、ここのネコたちの代表として、ボランティアの人たちと一番多くコミュニケーションをとっている。今日も少し撫でさせてくれたし、こうして目の前で写真を撮っていても逃げない。いつもきれいで飼いネコと区別がつかないほどだ。

 

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

AF-P DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR

2019040301 よく考えたら、最近一眼レフをほとんど屋外に持ち出していない。普段カバンの中には1/1.7インチのコンパクトカメラ、COOLPIX P330 が入っているし、前回桜を撮りに行った時に持って行ったのも、Nikon1 V3 だ。もちろん光量のある晴天の屋外では、必要十分な画質が確保できるのだが、2台の一眼レフを室内のネコ撮り専用にしておくのはもったいない。と思いつつ、ちょっと前に家電量販店の店頭で Nikon D5600 と D3500 を手にしてみたらビックリ。キットの標準ズームを付けたこれらのカメラは、Nikon1 V3 と大きさも重さもほとんど変わらないではないか。

2019040302 さすがに Nikon1 はアクセサリやレンズ類ももう発売されないだろうし、これ以上拡張性がないから、屋外スナップ用にこのクラスの一眼レフを買ってもいいかな、とちょっと考えてみたが、この小ささの一翼を担っているのは、沈胴式の標準ズームレズであることに気づいた。ということは、私が持っている D7500 でも、このレンズを付ければかなり小さくなるはず、というか、すでに超小型の広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR を持っていて、それよりもさらに小さいことはわかっているではないか。

2019040303 などと考えてる時に、近所のキタムラに注文しておいたプリントを撮りに行ったら、中古品のショウケースの中に、ほぼ新品状態のこのレンズが、税別6,000円で鎮座していたのである。店員さんに「このレンズ、ちょっとそこの D7500 に付けてみてください。」と言ったら、快く引き受けてくれて、その姿と軽さに心が躍った。「これ、買います。カードでいいですか?」、というわけで D5600 ほどではないにしろ、私の D7500 は、こんなにコンパクトな一眼レフになってしまった。デジタル一眼はデカイ、とずっと言われ続けてきたが、この姿はもうフィルム時代の標準レンズ付きカメラとほとんど変わらない。

2019040304 早速我が家のカワイイネコたちを試写(結局ネコを撮る)。ナニ!?この解像度と、ボケの柔らかさ。しかも普段 D7500 に付けている AF-S DX NIKKOR 18-140mm F3.5-5.6G ED VR より断然寄れる。望遠側は物足りないが、普段のスナップで使う焦点距離は20mm前後がほとんどなので、ズーム域はこれで十分。D5600 が売れまくっているのは、このレンズの大きさと画質によるところが大きいのだろう。しかしこのレンズを手放した人は、きっと高倍率ズームを買って、焦点域の被るこちらはいらないと思ってしまったに違いない。すごくもったいないことをしたね。

 

| | コメント (2)

2019年3月31日 (日)

来週は満開です

20190331013月中に満開 になりそうだった今年の桜ですが、月末になって急に寒くなったので、もう少し先になりそうです。今年は小学校の入学式あたりで、ちょうど満開でしょうか。公園の桜は現在五分咲きくらい。それでも春休み最後の日曜日ということで、かなり賑わっていました。

2019033102 こうしてアップにするとまだ半分以上はつぼみのようですね。来週末は最高のお花見日和になりそうです。お天気が良く、暖かくなればいいのですが。池のアヒルやカモは、もうすっかり春を満喫しているようです。

 

| | コメント (0)

2019年3月26日 (火)

桜が開花

2019032601 近所の神社の桜が、ようやく今日開花していた。このところ寒い日が続いたが、今年の冬は比較的暖冬だったので、全国の開花ニュースも順調なようだ。気づいた時にはもう陽が傾いていたので、ホワイトバランスには苦労したが、ピンクのつぼみとの対比が美しい。こちらは神社の北西に当たる場所で、あまり日当たりが良くないので、南東の方に行ってみると...


2019032602 やはりもう少し開花が進んでいるようだ。こちらは午前中は陽当たりがいいのだが、夕方になると完全に大木の陰になってしまうので、撮影はさらに難しい。早朝ならもっと鮮やかに撮れるだろう。いずれにしても満開まで後1週間くらいか。新年度の始まりにタイミングよく咲きそうだ。


 

| | コメント (2)

2019年3月20日 (水)

神社の桜

2019032002先日、ようやくつぼみを見つけた神社の桜であるが、今日はすっかりピンクになって、今にも開きそうなほど膨らんでいた。今日の日中の気温は20度を超えていたので、開花も間近だろう。
2019032001この調子だと今週中には咲き始め、月末から4月初旬にかけて満開になりそうだ。明日は春分の日である。

| | コメント (0)

2019年3月12日 (火)

お墓に流れ者か?

2019031201 今日はロドリゲスの月命日なので、お墓参りに行ってきました。もう5か月が過ぎてしまいました。この動物のお墓は市の職員に定期的に掃除されているようで、今日はお供え物はほとんどありませんでしたが、相変わらず花はいっぱいでした。ここだけは無縁墓地になることはないでしょう。
2019031202 最初に顔を見せてくれたのは、白黒ネコのうちの一匹。大きな丸い顔とがっしりした身体つき、右耳がカットされているので男の子です。この子が今はお墓ネコたちのボスなのでしょうか。しかし地域ネコとしてかわいがられているので、ここまで近づいても逃げません。モフモフはさせてもらえなかったけど。
2019031203 次に現れたのは、今まで見たことのないネコ。痩せこけでボロボロです。これは多分喧嘩の痕でしょう。耳カットもされていないので、あちこちで喧嘩をしながらここに流れ着いた野良ネコでしょうか。先ほどの雄ネコと喧嘩にならなければいいのですが。地域ネコは人間に世話をされながら平和に生きているので、野良ネコのように喧嘩は強くないのです。

| | コメント (2)

2019年3月 9日 (土)

桜のつぼみが

2019030901 近所の神社の前を通ると、あちこちに桜のつぼみが膨らんでいた。今シーズンは暖冬だったので、あと2週間もすれば開花し始めるだろう。3月中に満開になるかも。

| | コメント (2)

2019年3月 3日 (日)

ギガビットイーサネット導入、まさかの...

先日サブ PC (Core i5-3470)の動作が怪しくなってきたので、システムドライブを SSD に換えて、OS からクリーンインストールすることにした。これでメイン PC (Core i5-8400)に見劣りしないキビキビした動作になったのだが、データのバックアップに半日以上かかってしまった。過去に撮った写真のライブラリを中心に400GBほどを LAN 経由でコピーしたのだ。メイン PC もサブ PC も、LANチップはギガビットイーサネットに対応しているのに、私の部屋のスイッチングハブが 100Mbps のままだったので、この速度は妥当なものだろう。
2019030301 というわけで、そろそろ我が家の LAN の完全ギガビット化(ルータ直下で各部屋に分岐させているハブは、かなり以前からギガビット対応済み)に着手した。と言ってもスイッチングハブを1台買ってくるだけなのだが。昨日近所の電気店に行ってみると、5ポートのものならすでに1,980円(税別)で買えることに驚き、なぜもっと早く買っておかなかったのだろうと後悔、しても仕方ないので、すぐに買って帰ることにした。
2019030302 早速今まで使っていたハブと入れ替えるも、なぜかリンク速度が100Mbpsのまま。サブ PC の方は1000Mbpsと表示されているので、ハブの不良ではなさそう。となると疑うべきは LAN ケーブルしかない。まさかカテゴリ3のUTPケーブルなんて使っていなかったはずだが。取り敢えずケーブルを交換しようとしたのに、ちょうどいい長さのものがない。自作用に数十メートルの端子なしのケーブルはストックしてあるが、取り付ける RJ-45 端子のストックがない。仕方がないのでギガビット化は1日あきらめて、今日 LAN ケーブルを買ってきた。
2019030303 最近は LAN ケーブルにもいろいろな種類があって、きしめん状のものやそうめんのように細いものから、2重シールドされた極太のものまで。今回は、以前から気になっていたきしめんケーブルを購入。ハブが2,000円しないのに、ケーブルが5mで1,000円はちょっと高い気もするが仕方ない。もちろんカテゴリ6であることを確認して。家に帰ってケーブルを繋ぎ換えてみると、見事にリンク速度が1000Mbpsになっていた。試しに大量のデータをコピーしてみると、最大で90MBpsほどの転送ができている。つまりアプリケーションレベルで720Mbps。プロトコルのヘッダやフレームの隙間を考えると、ほぼ理論通りのスピードが出ていることになる。やはりギガビットイーサはすごい。
ところで問題のケーブルだが、カテゴリ5かどうかの問題ではなく、なんと4芯ケーブルだった。ずいぶん昔から使ってはいるが、まさかまだ我が家にこんなものが残っていたとは。1995年頃に 10Base-2 の導入から始まったわが家の家庭内 LAN も、ついに全面的に 1000Base-T に移行した。10Mbpsで半二重コリジョンネットワークだった通信網が1Gbpsで全二重スイッチングネットワークにまで成長したのである。

| | コメント (0)

«春が近づいている